天上の音

天上の音

 

天上の音。周波数が下がっていると感じる時に聴きたくなる音です。

 


■エンヤ エンジェルス 天使の賛美歌

 

エンヤの美しい歌声と天使たちの優雅な姿が癒してくれます。(概要説明より)

歌詞付きversion↓

 

■エンヤ エンジェルス 天使の賛美歌(+歌詞)


■ピアノ天才おばあちゃん

 

この演奏を聴いていると心が洗われるようです。色々な痛みが洗い流されていくようで不思議な気持ちになります。

 


■Libera リベラ Far away 彼方の光

 

インナーウィッシュサイトの「ほっとする音」をよく聴いてくれている長女が「リベラの中ではこの曲が一番好き」「仕事に疲れた帰り道に、窓からこの曲が流れてきたら救われそう」と話していました。長女は当時中学生でしたが、高校生になった今も、疲れ果てて帰宅した夜は、この曲を聴いて復活しています。

 


■バッハ G線上のアリア リベラ(Bach: Air on a G-String (Libera))

 

時々「G線上のアリア」を聴きたくなることがあります。

ヴァイオリンのG線のみで演奏できることに由来する呼び名を持つ、バッハの管弦楽組曲ですが、ここでは管弦楽ではなくリベラの合唱バージョンを紹介します。

リベラ(Libera)はイギリスで活動している少年合唱団。天上の歌声ですね。

 

■バッハ「G線上のアリア」 Bach "Air on G String"

 

ヨハン・セバスチャン・バッハ作曲「管弦楽組曲第3番BWV1068」。こちらは管弦楽『G線上のアリア』。色々と酷いニュースや出来事で周波数が下がってきた時に聴くと、エネルギー体の隅々にまで沁み渡り、深く癒されます。まるで薬のよう。

 


■パッヘルベル カノン

 

作曲:ヨハン・パッヘルベル(1653-1706)ネヴィル・マリナー指揮、アカデミー室内管弦楽団。このカノンを聴くと「色々あるけど静かに生きて行こう」という気持ちになります。癒された上に気持ちが日常生活の美しさに向くような。

 


■アメイジング・グレイス(賛美歌第2編167番)

 

透き通った祈りの声『アメージング・グレース』。色々なアーティストが歌っていますね。

 


■Maria Callas - Ave Maria

 

マリア・カラスの歌うアヴェ・マリアです。美しい夜空の動画と共に。

 


■AVE MARIA Franz Biebl 

 PRO MUSICA GIRLS' CHOIR - DIRETTORE DÈNES SZABO' - UNGHERIA

 

フランツ・ビーブル(Franz Biebl, 1906 - 2001) の最も有名な作品である合唱アンサンブルのアヴェ・マリア。プロムジカ女声合唱団はデーネシュ・サボー率いるハンガリーの女性合唱団で、ヨーロッパをはじめとする世界中で高く評価されており、これまでに数多くの国際合唱コンクールでいくつものグランプリを獲得しているそうです。高校に入学して合唱部に入った長女の紹介で知りました。美しい歌声にうっとりです。

 


■Ēriks Ešenvalds - O Salutaris Hostia

 

O SALUTARIS HOSTIA「オー・サルターリス・ホスティア」というこの曲は、聖体降福式(聖体賛美式)の中で歌われる聖体賛歌だそうです。これも合唱部の長女に紹介されました。二人のソロが美しい曲です。

 


■モーツァルト交響曲FM

Abacus.fm Mozart Symphony

モーツァルトのピアノ曲を流しているFM局です。スッキリします♪

モーツァルト交響曲FMはコチラ>

【FM】

◇PCの場合、 tunein ウェブサービス(無料)で聴けます。

◇スマホの場合、 tunein アプリ(無料)で聴けます。

 

トマティス博士が「モーツアルトとグレゴリオ聖歌の持つ音楽療法の効果」をいち早く検証したそうですが、モーツァルトの音楽には「非常に高い周波数の音が豊富に含まれ、自律神経を覚醒させ、脳を刺激して身体の緊張をほぐし、感覚機能を安定化させる」作用もあるようです。

【参照】

『トマティスとは』(日本トマティス)

『モーツァルト効果と教育への提案〜音楽療法に学ぶ』(浅田まりこ著)


■18世紀フランスのチェンバロ / Blanchet Harpsichord

「この楽器の製作者であるF.E.ブランシェⅡ世は、王室御用達の楽器製作職人の一家に 生まれました。彼の父Ⅰ世は、当時最高の製作者だったと記録に残っています。このような名器が幾多の 戦乱を乗り越え、今も演奏可能な状態で存在していることはとても稀です。製作から200年たったブランシェの音色は、新品のものとは違い、何とも言えない奥深い響きを持っています。」(YouTube概要抜粋

 

「ピアノは10キロヘルツぐらいまでしか入ってないんです。でもピアノの原型といわれる、チェンバロは100キロへルツ近くまで、豊かな高周波音を含んでいます。鳥の羽毛で弦をこすって音を出すので倍音成分がすごく多いんですね。そのかわり、音量は大したことがない。だからバロックなんかで、何10人の楽団が1人の王様に聴かせるみたいな音楽には適しているわけです。一方、ピアノは、弦をハンマーで叩いて音を出して、聞こえる音のところにエネルギーを集中させることにより、たった1人で5000人の聴衆を同時に楽しませることができるわけですね」

【参照】第3回 ピアノが高周波音を出さず、チェンバロが出すのはなぜなのか


インナーウィッシュについて

インナーウィッシュとは?

インナーウィッシュとは?詳しくはコチラ>


サービス内容・料金

インナーウィッシュのサービス内容・料金はコチラ>



☆スポンサーリンク☆



インナーウィッシュ

インナーウィッシュのミッションは日常生活の変容サポートです。変化のタイミングでお手伝いいたします。

●インナーウィッシュ・ホーム


関連ページ


ほっとする音ページメニュー


メニュー