■お客様の声

名刺作成 お客様の声

 

名刺を作成したお客様から喜びの声をいただいております。

 


◆ しろつめ草☆福富一恵さま

 

名刺作成のプロセスに関する感想


中矢さんのインナーウィッシュを知ったきっかけは、ドリーン・バーチュ氏の「エンジェル・ナンバー」のガイダンスを出先で知りたくて、web検索したことからでした。

 

それから、何度もサイトを見るようになり名刺などのデザインをしてくれることを知り、SNSでフォローもしました。

 

エンジェル・ナンバーやドリーン氏を知った頃の私は大変辛い状況にありました。

それでも頻繁に示されるガイダンスを、細い糸を手繰るように、不安いっぱいな気持ちながら頼りに暮らしていました。そこに中矢さんがリンクしていました。

 

まさに疾風怒濤の嵐が過ぎ、自分がこれからどう生きるか、何を仕事にしていくか、模索する過程で、いつかきちんとした名刺で仕事をするとき彼女に頼みたいな・・・と、漠然と思うようになっていきました。が、それも仕事に関する学習を進める道中では、勉強が大変で忘れていきました。


きちんとした資格取得ができ、クライアントを持ち、実践を少しずつ重ねていくなかで自分の方向性がなんとなく見えてきたころ、手製の名刺から卒業することを思い立ち、身近な人に頼もうか・・・とガイダンスをうけたら、「もっと選択肢がある」とのこと。

 

誰のことだろうか?としばらく考えていて、思い出したのが中矢さんでした。

再びガイダンスを受けたら「YES!」太鼓判でした。


それでも、その時はまさか、ここまで私をまるごと網羅した名刺が出来上がるとは

まったく思っていませんでした。単純に資格名を肩書きにした、至極世俗的なビジネスライクなものしか想定していなかったのです。

 

けれど、ガイダンスは違っていました。私の了見は一切置いて、任せるように。太鼓判で始まった作業でしたので、「お任せ、お任せ」と言いながらメールの往復を重ねました。

 

お任せといっても、私が提供しなければならない情報はきちんと伝えなければなりません。私が辿ってきた経歴をかなり詳細に伝えました。

読むのが大変だろうから簡単にしよう、とも思ったのですが、

それでも、文量が多くなってしまいました。(中矢さん、お疲れ様でした)

 

伝え始めると、不思議なくらい次から次に、自分のスピリチュアルな部分での出来事が思いだされていき、あれもこれも、あの時も、あのことも・・・ここにつながる道しるべだったのだ、とわかることが山盛りになってしまいました。小さい子供を歩かせるように、両手を引いて静かにゆっくりと中矢サンに誘導してもらっているような感じで、少しの不安と、自分をまるごと肯定し統合していく過程の安心感と開放感が同居していました。


デザインが届いた時の第一印象は「ああ、私だ」でした。

自作の名刺より遥かに「私らしい本当の私」がいるようで、おかしかったです。


この感想を書くに当ってもガイダンスを受けました。それは「The Ocean 大海原 青く深い海は、あなたの魂に優しく語りかけてきます。海との対話によって、あなたは癒やされ、気持ちが落ち着きます(以下略)」でした。本当にそんな感じのメールの往復でした。名刺のサイズはとても小さいけれど、「海」との対話で出来上がったような広大で深い5.5cm×9cm×2面でした。


ありがとうございました。

ようやく自分を箱の中から出した気分です。

ここから本格始動します。


もう少し成長したら、また名刺もリニューアルしたいです。

その時もよろしくお願いします。


ありがとうございました。


福富一恵・拝



●しろつめ草

心と体とスピリチュアリティのダイエット教室

ツイッター:https://twitter.com/shiro_clover


しろつめ草名刺表面イメージ2014年
しろつめ草名刺裏面イメージ2014年

インナーウィッシュについて

インナーウィッシュとは?

インナーウィッシュとは?詳しくはコチラ>


サービス内容・料金

インナーウィッシュのサービス内容・料金はコチラ>



メニュー