■願い

●未来の自分から今を眺める

●未来の自分から今を眺める

 

『未来の自分から今を眺めて』

 

今朝、長女に伝えた言葉です。

 

 

苦しくて、泣きたくて、

 

出口が見えない。

 

頑張ってるんだけど、ちょっと限界。

 

 

そんなボロボロになっている

 

今の自分を、未来の自分は

 

どんな風に眺めるのでしょう?

 

 

ずっと成長し続けている未来の自分は、

この人生に限った自分だけではありません。

 

今の自分の目的や

願いや夢をかなえている

未来の自分が存在します。

 

そんな未来の自分には、

今の自分の悩みや苦しみが

自分のことのようにわかります。

 

 

今の苦しみは、長いストーリーの

「苦しみの章」であることも。

そして、その苦しみには

「意味がある」ことも。

 

今の自分の苦しみや、

その苦しみを乗り越えたことが、

未来の自分を創ってきたことも

 

全部わかります。

 

どうすれば、

 

目的や願いが叶うのかもわかるのです。

 

 

『手紙~拝啓 十五の君へ~』

アンジェラ・アキ 

より引用

 

『十五のあなたに伝えたいことがあるのです

 

自分とは何でどこへ向かうべきか

 

問いかければ見えてくる

 

今 負けないで 泣かないで 

 

消えてしまいそうな時は

 

自分の声を信じて歩けばいいの

 

人生の全てに意味があるから

 

怖れずにあなたの夢を育てて』

 

 

『手紙~拝啓 十五の君へ~』アンジェラ・アキ 

YouTube動画

 

 

高次の自己であるハイヤーセルフも、

未来の自分です。

 

ハイヤーセルフへの問いかけは、

「未来の自分に宛てた手紙」のように届き、

その答えは「今の自分への返事」

のように必ず返ってきます。

 

それは、目的や願いを叶えた

「未来の自分」からの声です。

だから、ハイヤーセルフを含めた

「自分の声」を信じて歩くのです。

 

 

ハイヤーセルフを含めた未来の自分たち全てが、

今の自分を見守り励ましています。

怖れずに自分自身を育てましょう。

 

やがて、ハイヤーセルフの視点で、

今を眺めることが

できるようになります。

 

負けないで 泣かないで 

『未来の自分から今を眺める』

ことができますように。

 

 

インナーウィッシュ

ハイヤーセルフ【役立つ情報】

●ハイヤーセルフ【役立つ情報】

ハイヤーセルフに関するインナーウィッシュサイトの記事を集めたリンク集です。

詳しくはコチラ>

苦しみ・悲しみ【役立つ情報】

●苦しみ・悲しみ【役立つ情報】

苦しみ・悲しみに関するインナーウィッシュサイトの記事を集めたリンク集です。

詳しくはコチラ>

●人生の目的【役立つ情報】

人生の目的に関するインナーウィッシュサイトの記事を集めたリンク集です。

詳しくはコチラ>

元気の出る音【ほっとする音】

●元気の出る音【ほっとする音】

元気の出る曲(YouTube動画)を集めたリンク集です。

詳しくはコチラ>



0 コメント

●子どもと引き寄せ

子どもと引き寄せ

●はじまりは贈り物から♪

今から2年半前の2013年10月頃、偶然知り合ったばかりの方から「もう読まないので娘さんたちにどうぞ♪」と本をいただいたのがはじまりです。

 

 

その時の様子をツイッターで投稿していました。

『嬉しい贈り物をいただきました~! 荷物の整理をされて、もう読まないから「娘さんたちにどうぞ~♪」と、物語で読む「引き寄せの法則」3部作と英語の勉強用にと素敵な本2冊!温かく思いやりに満ちた贈り物を娘達に届けていただき心から感謝です!』(@inner_wish 2013年10月16日ツイッター

 

●興味を持ったのは小学校2年生の次女

 

この方は、当時高校受験を控えていた中学2年生の長女にと、これらの本をプレゼントしてくださったのですが・・・。中2の長女は、普段は色々な本を読む人なのに、なぜかこれらの本は最後まで読めないと言います。

 

ところが、当時小学校2年生の次女は、物語で読む「引き寄せの法則」シリーズに興味津々。本を頂いた日か翌日には、1冊2時間のスピードで3冊とも読破してしまいました。そして、面白かった〜!!と繰返し繰返し読んでいます。

 

それを見ていた長女が、そんなに面白いなら・・・と再チャレンジしますが、やはり最後まで読めず。

 

●引き寄せの力を駆使し始めた次女

 

それからというもの、次女は引き寄せの力を駆使し始め、次々と成果を上げていくようになりました。

 

もともと、ぼーっと焦点の定まらないタイプで、競争心のない平和主義者のマイペースだった次女は、それまで何となくぼんやりと生きていたような所があり、それはそれで個性だなと思っていたのですが・・・。

 

この本を読んでからの次女は、持ち前のコツコツ努力する所と引き寄せの力が上手くかみ合って、見違えるほど生き生きとした積極的な子どもに変ったのです。

 

しかも、もともと平和主義者なので、友達や仲間と一緒に願いを実現させていくようになりました。

 

●ポイントはいいイメージを描くこと

 

次女のやり方を見ていると、

 

① 願いを具体的な言葉にする

② 願いが実現しているイメージを描く

③ 願いが実現すると他の人にも良い影響があるというイメージを持つ

④ いい気持ちを感じる

⑤ 願いの実現のためにコツコツ努力する

⑥ 時々、願いが実現したら・・・というようないい気持ちを感じる

 

だいたい、こういう方法で実現しているようです。

 

●嫌な気持ちを手放すのが速い!

 

次女は基本的に「青空」のような心の持ち主で、余計なものは何もないシンプルな心の状態がベースのようです。しかも、嫌な気持ちを手放すのが速い!

 

嫌なこと、例えば、怒られた・失敗した・喧嘩を見た・・・など(嫌なことも少ないらしいのですが)、嫌な気持ちを感じるは感じるけれども、すぐに手放せるらしいのです。「もうそのことは考えない」とか、「ドアから宇宙にポーイ!と投げる」という方法で手放すそうです。

 

だから、一瞬嫌な気持ちになっても、すぐ「青空」の心に戻れるそうです。

 

●いい気持ちを感じている状態に戻る

 

物語で読む「引き寄せの法則」3部作の中で、次女が一番使っている考え方を尋ねてみると、「いい気持ちを感じている状態に戻る」ということだそうです。

 

『いい気持ちを感じている状態に戻るのが速ければ速いほど、人生はずっと良くなる』という説明を下記ページでも紹介しています。

 

物語で読む「引き寄せの法則」3部作の1冊目

『サラとソロモン』

少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

エスター&ジェリー・ヒックス (著)

からの抜粋と3部作の紹介です

     ↓↓↓

●万事良好の流れ【自己変容の道2】

 

●家族で一番の素早い実現力

 

そんな次女は、家族で一番「手放す」のが上手く、家族で一番の素早い実現力の持ち主で、更に家族で一番、習慣的にコツコツ努力する子どもなので、我が家ではみんなで次女を見習おうね・・・と反省したりしています。

 

でも、だからと言って次女が完璧な子どもかというと、別にそういうわけではなく、何度言っても治らない癖や、うっかりしているとか、気がつかないとか、色々ツッコミどころ満載で、両親をはじめ色んな人から叱られたり、色んな人から「今時めずらしい、子どもらしい子ども」とよく笑われる、いつも「素」な「ありのまま」の子どもです。

 

●タイプの違う長女

 

一方、長女の方は、小さい頃から「しっかりしている」と評判で、勉強もできるし、リーダーシップがある、友達からの信頼も厚い、けっこうできる子でした。こちらも努力家で、頑張り屋さんなので、やはり成果を上げるのですが、次女とはタイプが違っています。

 

長女はとにかく悩み苦しむのです。沢山の責任を背負って、一人で頑張ってしまう。そして耐えて苦しみ、頑張った結果、涙と感動のフィナーレを迎えるタイプ。

 

長女は部長などリーダー職につくことが多く、頑張るのは皆のためで、皆のためなら頑張れるというところがあります。でも、皆のために一人で頑張っている。見ているこちらが苦しくなるほど、頑張り続けているので、ついつい手伝おうか?と声をかけたくなるほどです。

 

●悩み苦しみながら突破する経験の引き寄せ

 

でも、「上手くいかない」と思いながら頑張っているので、実際に「上手く行かない」ことが多く、頑張る時間が長引いてしまいます。

 

こうして書いていても、苦しくなるほど、何だかいつも頑張っているので、母としては何とかならないかなあ・・・と思ったりします。

 

でも、壁にぶち当たりながら、悩み苦しみながら、自力で解決したり、方法を編み出したり、上手くいったり、失敗したりする経験を、今の彼女は必要としているのかもしれないなあと、見守っています。そして、涙と汗で苦しみながら頑張った成果を共に喜び祝ったりするのです。

 

●それぞれの引き寄せ

 

物語で読む「引き寄せ」の本を読み、著者の意図に近い生き方をしている次女も、「引き寄せの本は遠慮いたします」と自分に必要な経験を引き寄せ、頑張って生きている長女も、どちらもそれぞれの引き寄せを実現しているようです。

 

やすやすと願いを素早く実現する次女と、悩み苦しみながら沢山の経験を通してじっくり願いを実現している長女。実は人の苦しみがよく分かり思いやり深いのは長女の方だったりします。

 

どちらが良い悪いではなく、どちらも自由に自分の人生を生きていて、それぞれに味があると感じたりしています。たとえ親であっても、子どもの人生や魂の展望に必要な経験のすべてを用意することはできないと思いますし、それぞれの魂の目的に従って、それぞれのタイミングで必要な何かを引き寄せ、それぞれ目的を実現していってほしいなあと思います。

 

 

そして、全く違うタイプの二人が、お互いの生き方を見て、それぞれに何かを感じたり、参考にしたり、教え合ったりしている様子に、「違う」ということに意味があるのだろうなと感じています。二人とも、それぞれに幸せに生きていってほしいです。

 


万事良好の流れ【自己変容の道2】

2016年1月1日更新NEW!

●魂の目的【自己変容の道2】

 

人生の目的

2015年10月19日更新NEW!

●人生の目的【役立つ情報】

●隣りに座った青空の人【アメーバブログ】
●雲の上はいつも青空【アメーバブログ】
●雲の上はいつも青空【日常生活の変容】


0 コメント

●2016年-魂の目的♪

●2016年- 魂の目的♪

 

2016年

新年のお慶びを申し上げます

昨年のご厚情に感謝いたしますとともに

皆様のご健康とご多幸を

心よりお祈り申し上げます

 

インナーウィッシュ

2016年のテーマは、

「魂の目的」です。

 

この人生の目的が、

魂の目的に沿って実現しますよう、

 

魂の目的を深く感じながら、

喜びの中で

日常生活を生きることができますよう

お祈りしています。

 

より多くの方の魂の目的が

実現されることにより

調和に満ちた地球〜宇宙を

創造できますように♪

 

2016年1月1日

インナーウィッシュ

 


●PDF版電子ブック『魂の目的を生きる』

『魂の目的を生きる』〜魂の目的を日常生活に活かす方法〜

2016年4月28日更新NEW!

PDF版電子ブック『魂の目的を生きる』

インナーウィッシュ・ショップ

●魂の目的を生きる

魂の目的を思い出し、日常生活で活かすためのPDF版電子ブック。『魂の目的を生きる』〜魂の目的を日常生活に活かす方法〜 詳しくはコチラ>

 


2016年1月1日更新NEW!

●魂の目的【自己変容の道2】

 

人生の目的

2015年10月19日更新NEW!

●人生の目的【役立つ情報】

調和する

2015年11月12日更新NEW!

●調和する【役立つ情報】

高次のサポート


0 コメント

2015年インナーウィッシュの願い

【inner-wish】Happy New Year! 2015

 

 

2015年新年のお慶びを申し上げます。

素晴らしい一年となりますよう

心よりお祈りいたします。


元旦の今朝は、初日の出を家族で眺めながら、

それぞれに新年の願いを書きました。



私の10個の願いは次の通り。


1-地球の進化

2-日本の智慧

3-朝霞の浄化

4-人々の幸せ

5-家族の健康

6-善友と出会い

7-ミッション実現

8-インナーウィッシュ成功

9-心身霊健康

10-ハイヤーセルフ統合




この中で、今日は2つ取り上げます。


まず「ハイヤーセルフ統合」について。

これは、次のように願いました。


「愛と思考と感情がひとつになり、

ハイヤーセルフと統合された存在として

生きることができますように。」


次に「ミッション実現」について。

これは、次のように願いました。


「インナーウィッシュが

ミッション実現の場となり、

世界中の人々の変容を

助ける仕事となりますように。」




ハイヤーセルフとは高次の自己。

ハイヤーセルフと、

ありのままの自己を統合するということは、

高次の愛や智慧を、

日常生活のありのままの自己の中に生かすこと。


ありのままの自己の愛と思考と感情を、

ハイヤーセルフの愛と思考と感情と調和しながら、

日常生活の中で創造活動をすること。




インナーウィッシュのミッションとは、

「日常生活の中での幸せな変容をサポートすること」


この変容とは、

高次の意識だけの話ではなく、

日常生活の中で、

現実的な毎日の中で生かせる変化。


夜明け前、トンネルを抜ける前、生れ出る前、

変容の直前の状態から、

明るい光のもとに出るまで共に歩むこと。




そんな2015年の願いを祈りつつ、

主人と二人で富士山を眺めながら、

久しぶりの4キロラン。

走り初めをした朝でした。




最後まで読んでくださって

ありがとうございました。


2015年みなさまの願いが

愛と光のうちに実現しますよう、

心からお祈り申し上げます。




愛と光と感謝をこめて

インナーウィッシュ



インナーウィッシュとは?

インナーウィッシュとは魂の深い願いを意味しています。インナーウィッシュでは日常生活の変容を目的とし、情報・変容・実現をサポートするために各種サービスを提供しています。魂の深い願いに基づく、愛・調和・平和に満ちた日常生活の変容をサポートすることがインナーウィッシュのミッションです。

詳しくはコチラ>


●ハイヤーセルフ

ハイヤーセルフ

 

ハイヤーセルフ

『フラワー・オブ・ライフ』ドランヴァロ・メルキゼデク著より抜粋。

詳しくはコチラ>>

 


●日常生活の秘密


日常生活の秘密

『フラワー・オブ・ライフ』ドランヴァロ・メルキゼデク著より抜粋。

詳しくはコチラ>>

 

 


●日常生活の変容

日常生活の変容


日常生活の変容

 

日常生活の中での穏やかな変容に役立つ、ハイヤーセルフの言葉その他を日々更新しています。


詳しくはコチラ>

 


●自己変容プログラム(メールサポート)

自己変容プログラム(メールサポート)


自己変容プログラム(メールサポート)


遠方や多忙等その他の理由で対面セッションを受けることができない方へのサービスです。ご自分のペースで進めることができます。 

詳しくはコチラ>



ミニブログタイトル一覧:ミニブログタイトル一覧へ戻る

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る


0 コメント

山を動かす力

山を動かす力


『山を動かす力』



キリストの言葉には

信じれば山を動かせる

という意味の言葉があります。

 


山を動かす力-キリストの言葉


はっきり言っておく。

だれでもこの山に向かい、

『立ち上がって、海に飛び込め』

と言い、少しも疑わず、

自分の言うとおりになると信じるならば、

その通りになる。


だから、言っておく。

祈り求めるものは

すべて既に得られたと信じなさい。

そうすればそのとおりになる。

 

マルコによる福音書11章22-24節

(聖書 新共同訳/日本聖書協会)

 



「山を動かす」ほど

強く信じる気持ちは持てないなあと

子供の頃から思っていたのですが・・・


信じれば山を動かせるのでしょうか?

 


山を動かす力-八郎-半日村


いつもはびっしり文章の書かれた

本を読んでいる次女が

珍しく絵本を2冊借りてきました。


斎藤隆介/著・滝平二郎/絵の

日本傑作絵本シリーズ

『八郎』と『半日村』です。


この2冊の絵本は、偶然にも

「山を動かす」お話でした。


この2冊の絵本を読んで、

私の長年の疑問が

ようやく解けた気がしたのです。



山を動かす力-八郎


八郎は大きくなりたくて

大きくなった大男。

自分でもどうして大きくなりたかったのか

まったくわからないまま

大きくなったのでした。


けれど村の小さな男の子が

八郎の八畳ほどある手のひらの上で

泣きながら助けを求めてきた時、

自分がどうして大きくなりたかったのか、

その理由に気づきます。


村の田畑を大波から守るため、

八郎は山を持ち上げて

海へ投げ入れたのでした。


それでも波が鎮まらないとわかると、

八郎自ら海へ向かい、

大きな体を海に沈めて村を救ったのです。


その後、泣いて助けを求めた少年は、

八郎のように大きくなって村を助けたいと

願うようになったそうです。

 


山を動かす力-半日村


半日村は高い山の影になっているため、

お昼からの半日しか日が当たりません。

そのためお米は半分しかできず、

村人はあおい顔で元気もないのですが、

大人たちは「悪い村に生まれた」と

諦めていました。


ところがある日、一平という少年が、

一人で山へ登り、土砂を持って山を降り、

土砂を湖に沈める作業を始めます。


「山が うごかせるもんじゃねえ」

「みずうみを うめられるもんじゃねえ」


と最初は馬鹿にしていた

子供達も、大人たちも、

次第に一平を手伝い始めます。

やがて村中の人びとが全員で

毎日山を削り出しました。


そうしてある朝、

村の田んぼに朝日がさすのです。

大人になった一平も村人も子ども達も

せいいっぱい朝日をあびて

大喜びで笑います。


こうして「半日村」は

「一日村」になったのでした。



花さき山-モチモチの木-三コ


私は子供の頃、このシリーズ絵本を

3冊持っていました。

『花さき山』『モチモチの木』『三コ』



でも実を言えば、

あまり好きではない絵本でした。


子供心に黒い絵が怖かったり、

読むたびに泣けたり、

悲しい気持ちや不安な気持ちになったり、

燃える山にかぶさって死んだりできない、

と高過ぎるハードルにうんざりしたり。


キリスト教徒なのに、

こう言っちゃなんですが、

一人「自己犠牲」で

死んでいくような話は、

なんとなく好きではなかったのです。


私はどちらかと言えば、

明るく力強い希望がわいてくる

そんな絵本が好きな子供でした。


この3冊はとても

インパクトの強い絵本だったので、

ちょっとしたトラウマに

なっていたように思います。


そういうわけで、

長女にも次女にも幼い頃には、

私から読み聞かせはしませんでした。


でも次女は保育園の頃に

『花さき山』『モチモチの木』を

読んだことがあったそうです。

そうしてやはり夜トイレに行くのが

ますます怖くなったそうです(笑)


けれど小学校で観た

「花さき山」のビデオに

『三コ』や『八郎』が出ていて

「読んでみたい!」と思ったらしく、

同時に、ストーリーを知っていた

『半日村』にも

強い興味を持ったようです。


もしかすると小学校中学年の今頃が

ちょうど良い時期なのかもしれません。

 

私も、次女が図書室で借りてきた

『八郎』と『半日村』を読んで、

ようやく、このシリーズに

「明るく力強い希望」が湧いてきました。


『八郎』はこの年になって読んでみると、

自己犠牲感よりも、

「なぜ大きくなりたかったのか」という

自分の人生の目的に気づいて、

それを達成して人生を終えた、

そういうスケールの大きい

爽快感を感じました。



山を動かす力-半日村


でも今回、最も感動したのは、

『半日村』の

みんなで力を合わせて

山を動かした話です。


誰もが諦めていた中、

たった一人の勇気ある小さな行動が、

波紋のように広がり、

「山を動かせる」という

皆の信じる力につながった、

この大いなる力に感動しました。


村人の喜びと笑いが

大地を揺らすように

感じられる絵本でした。


この目的を達成するために、

誰も犠牲になることなく、

誰も嘆き悲しまず、

誰も後を追いかけて死ぬ必要もなく、

全ては愛・調和・平和と

喜びのうちに完了したのです。


斎藤隆介氏はこの作品に

9年の歳月をかけたそうです。


『八郎』1967年

『花さき山』1969年

『三コ』1969年

『モチモチの木』1971年

『半日村』1980年


1985年に亡くなる

5年前の作品なのですね。

素晴らしい作品群を

世に産み出してくださった

斎藤隆介氏に心から感謝いたします。



山を動かす力


最後まで読んでくださって

ありがとうございます。 


「山を動かす力」を

一緒に信じることができますように。

「勇気ある小さな行動」を

みんなで積み重ねていけますように。

「明るく力強い希望」をもって

「共に生きる」ことができますように。


全ては愛・調和・平和のうちに。


愛と光と感謝をこめて



関連ページ


インナーウィッシュは日常生活の変容に役立てますよう、ホームページ作成・自己変容プログラム・役立つ情報の提供を行なっています。


「ちょうど変化のタイミング」という方に、メールサポート、対面セッション、ホームページ作成など色々なアプローチで変化をサポートいたします。

詳しくはコチラ>


関連記事


メニュー


0 コメント

☆2014年「ハートによる創造」愛・調和・平和・豊かさ「すべてはひとつ」「ありのままの自分」♪

☆2014年「ハートによる創造」愛・調和・平和・豊かさ「すべてはひとつ」「ありのままの自分」♪

メッセージを追加してリンクを紹介してくださいね♪


 

●2014年 新年のご挨拶

 

 新年のお慶びを申し上げます。

昨年のご厚情に感謝いたしますとともに、

みなさまのご健康とご多幸を

心よりお祈り申し上げます。

 


 

●新年のご挨拶&2013年を振り返って

 

●2013年のヴィジョン

昨年2013年新年のご挨拶には、

次のような願いを書いています。

 

愛・調和・平和が広がり溢れる

2013年でありますように!

 

お蔭さまで2013年は愛・調和・平和を

内側から外側に現実化できた

素晴らしい1年間でした。

 

愛・調和・平和に満ちた

地域ネットワークやSNS、

仕事関係や家庭生活を

築くことができたと

心から感謝しています。

 


 

●2014年のヴィジョン

 

●2014年のヴィジョン

 

インナーウィッシュ2014年

ヴィジョンはこんなイメージです。

 

2014年「ハートによる創造」

愛・調和・平和・豊かさ

「すべてはひとつ」

「ありのままの自分」♪

 

愛・調和・平和という静的なイメージに

 

ハートによる創造

豊かさ

「すべてはひとつ」

「ありのままの自分」

 というイメージを加えると

 

ダイナミックで豊かな生き生きとした動きのある

輝く生命エネルギーのようなものを感じます。

 

2014年「ハートによる創造」

愛・調和・平和・豊かさ

「すべてはひとつ」

「ありのままの自分」♪

 

このようなヴィジョンをもとに

インナーウィッシュの仕事も個人的な世界も

創造活動を広げてゆきたいと思っています。

 


 

●ヴィジョン強化エネルギー

 

ラクシュミ「明るい未来」

◆ラクシュミ「明るい未来」

「豊かさ」イメージ

ヒナ「自由」

◆ヒナ「自由」

「すべてはひとつ」の中の「ありのままの自分」イメージ

◆アマテラス「隠れ家から出る」

「ありのままの自分」イメージ


 


2014年のヴィジョンの中で

「豊かさ」

「すべてはひとつ」

「ありのままの自分」

という追加イメージを強化するために

 

◆ラクシュミ「明るい未来」

◆ヒナ「自由」

◆アマテラス「隠れ家から出る」

というカードを選びました。

 

インドの女神ラクシュミについては、

以前ブログに書いたこともあります。

【参照】●ヴィシュヌ&ラクシュミ~インドの神様

 

とても親近感を感じる存在で、

愛と豊かさが溢れ出すような

エネルギーを感じてます。

 

ヒナは良妻賢母な女神ですが、

月の世界で創造性を発揮した

という伝説から「自由」という

キーワードが当てはめられている

のかもしれません。

 

私が感じるのは、

単なる自由ではなくて、

宇宙・地球・自然・生命…

「すべてはひとつ」という

エネルギーの中にある自由です。

 

アマテラス「隠れ家から出る」については

「ありのままの自分」

を表現して生きるために

必要なエネルギーを感じます。

 

ありのままの自分は

各部分では自由に表現できますが

総合的にトータルな全体性として

「ありのままの自分」を表現して

生きられると嬉しいなあと思います。

 


 

●2014年が素晴らしい創造の1年になりますように。

 

2014年がみなさまにとって

素晴らしい創造の1年

となりますよう

心からお祈り申し上げます。

 

愛と光と感謝をこめて。

2014年1月1日 新月

 


インナーウィッシュとは?

インナーウィッシュとは魂の深い願いを意味しています。インナーウィッシュでは日常生活の変容を目的とし、情報・変容・実現をサポートするために各種サービスを提供しています。魂の深い願いに基づく、愛・調和・平和に満ちた日常生活の変容をサポートすることがインナーウィッシュのミッションです。

詳しくはコチラ>


ミニブログタイトル一覧:ミニブログタイトル一覧へ戻る

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る

0 コメント

●ウォーキングラン

ウォーキングラン
ウォーキングラン

●ランニング半生の疑問が解決した日

 

今日は、私のランニング半生(約25年)にわたる長年の疑問が解決した記念すべき日でした!

 

それはもう朝からスッキリで、胸のつかえが取れたような、何とも言えない爽快感!この先、ずいぶん流れが良くなるだろうなあと思います。

 

何に似ているかと言えば、まだ長女が幼かった10数年前に、「あぁ!私の子育てはこれだ!」と実感したときのような気分です。

 


●気分的にウォーキングの方に近い

 

最近お日様が昇ってから走ると暑いので、今朝は久しぶりに早朝ランに変更しました。すると2~3年前から毎朝会っていた早朝ウォーキングの常連さん達が、川の対岸から私を見つけ両手を振って挨拶してくれたり、「久しぶりだね~!元気だった?」と再会を喜んでくれたり。

 

だいたいウォーキングの方々とゆっくり挨拶を交わしたり、すれ違いざまに話したり・・・という走り方だから知り合いも増えるのですが。最近では途中、何度か足とアプリを止めて、写真を撮ることも多く、走ってるのだか、何をしているのだか・・・という感じです。

 

そんな中、パパ友ランナーがスピード良く通り過ぎていきました。その時、ふっと閃いたのです。「私は気分的にウォーキングの方々に近いのでは?」それは考えたこともないことだったのですが、そう考えると、今までの疑問が全て解消され、悩みが吹っ飛ぶことに気づいたのです。

 


●私はウォーキングランナー

 

私の身体は走っているのですが、心は歩いていたのですよ。それはたぶん25年前に走り始めた頃からずっと。だから、レースに誘われても、タイムの話をされても、今ひとつ気が乗らず、どちらかと言えばウォーキングの方々と話がかみ合う。そして「頑張って走ってるね」と言われると「(心は歩いているので)いや全く頑張ってないんだけどなあ」と思ってしまう。

 

じゃあ、歩けばいいのでは?とか、ジョギングでいいのでは?というとそれはまた違う問題で、自分なりのランニングペースが身体に心地良いのです。だから身体は走ってる。でも心は歩いてる。だから、私の「ゆるゆるラン」というのは実は、「ウォーキングラン」なんだなあと気づいたのです。

 

ウォーキングランは心が歩いているので、走ることそのものよりも、環境に意識が向いています。だから四季折々の花鳥風月(植物・動物・自然・宇宙)、人々、街並み、自分自身の心身の状態の方が、「走り」そのものより重要になってしまう(笑)それで自分的にOKなのだなあと。そして身体はランニングマイペースで快適な心地よさを感じている。私のウォーキングランとはそんな印象です。

 


●ウォーキングランの軌跡

ブログを書き始めた2010年秋から、身体は走って心は歩いている「ウォーキングラン」の記事を沢山書いていました。

 


●人生で本当に欲しいもの

 

今年の初めに書いたブログ『●人生で本当に欲しいもの』の中で、ターシャ・テューダが「人生で 本当に欲しいものは何なのか よく考えてみたいですね」と問いかけています。

 

「ウォーキングラン」の発見は、私の90歳まで予定しているランニング人生にとって「本当に欲しいもの」だということです。

 

子育てにも一人ひとり異なる「理想のお母さん」があるように、ランニングにも一人ひとり異なる「理想の走り」があると思います。私は自分の理想の走りである「ウォーキングラン」を一生楽しんで生きたいなぁと、とても満足気に感じた今日でした。

 

「人生で 本当に欲しいもの」に色々な分野で出会えると嬉しいですね。

 

愛と光と感謝をこめて。

 

ミニブログタイトル一覧:ミニブログタイトル一覧へ戻る

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る

 


0 コメント

●下弦の月~月のサイクルヴィジョンシート

下弦の月_20130305
下弦の月_20130305

こんにちは♪今日は下弦の月ですね。

 

朝、ベランダに出ると雨上がりの清清しい空気の中、美しい下弦の月が輝いていて、はっと目が覚めた感じです。

 

あまりに気持ちよくて家族を次々ベランダに誘いました(笑)

 

流れ
流れ

 

「新月(結実)~上弦(生長)~満月(開花)~下弦(成熟)」という流れの中で、今日は2013年2回目の下弦(成熟)です。

 

「物事の見直しや条件の再設定など、過去を振り返って、整理整頓するのに最適な時」だそうですよ。(惑星通信】より

私はこれまでGoogleカレンダーの書き込みを眺めて振り返ってきたのですが、「2013年 月のサイクル一覧」に書き込みができると、もっとわかりやすいのになあと思い立ち、「月のサイクルヴィジョンシート」を作りました。A4サイズ一枚で2013年のヴィジョンや成果がシンプルに一覧できます。

 

私は、このシートにヴィジョンや成果を書いて小さな画像を貼り、PDFにしてEvernoteに貼り付けてます。流れが一覧できるのでイメージしやすいです。

 

もしよかったら使ってください。(修正などはご自由にどうぞ♪)

 


ダウンロード
●2013年_月のサイクルヴィジョンシート
「2013年 月のサイクル一覧」に計画・ヴィジョン・成果などを書き込めるようにExcelシートを作成しました。

多少縮小していますので、A4縦で印刷可能です。行幅が少し広い「幅広縮小版シート」もあります。印刷しない場合は、縦横拡大してご利用ください。

小さい画像なども枠内右横に貼り付けると、一覧した際に見やすくなります。
2013年_月サイクルヴィジョンシート.xlsx
Microsoft Excelシート 18.0 KB

過去を振り返って整理整頓できるといいですね。

今日もよい1日でありますように♪

 

満月・新月: 2013年の月のサイクル一覧、2013年_月のサイクルヴィジョンシートを掲載。

月のサイクル:満月・新月・ボイドタイムカレンダー掲載。

ミニブログタイトル一覧:ミニブログタイトル一覧へ戻る

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る

 

0 コメント

●自分のヴィジョンを表現する日

願いのヴィジョン統合_201302
願いのヴィジョン統合_201302

今日は「地球と海王星の開き」の日。自分のヴィジョンを表現する日のようですよ♪

 

私は毎月、自分の内側のヴィジョンをコラージュのような形でヴィジョンマップとして作成しています。人に見せるためではなくて、あくまでも自分の人生の目的から方向がずれないよう羅針盤を確認するためです。

 

この毎月のマップは具体的になったり、抽象的に広がったりを繰り返し、私と共に少しづつ成長しています。

曼荼羅コラージュ2006年
曼荼羅コラージュ2006年

ちなみに、人生の目的や方向性というような大きなヴィジョンマップは何年かに1回「よし!これで!」と思える仕上がりになるのですが、

 

前回は7年前の2006年に創った曼荼羅コラージュでした。他の人が見たら「何だこりゃ?」と思われるかもしれませんが、私はこの地図のお陰で迷わずに自分の人生を歩めたように思います。

 

なぜ私が「願いのヴィジョン統合」という言葉を使うかと言えば、「願い」も「ヴィジョン」も一人ひとりの中に色々なレベルや種類が存在するからです。それらを統合して、更に自分の人生の方向性と焦点を合わせるために「願いのヴィジョン統合」という言葉を使っています。

 

「部分的な願い」にだけ焦点を合わせるのではなく、ことあるごとに、自分の大きなヴィジョンや人生の方向性に焦点を合わせると、「道に迷った感」が減ると思います。

 

どんなヴィジョンであっても、一人ひとりにとってかけがえのないものだと思いますし、そこには個性があると思います。またヴィジョンを表現する方法にも個性があると思います。

 

更に「自分にはヴィジョンなどない」という人も、無意識の願いを実現して今があると思います。その無意識の願いを意識化することで、今の自分をもっと肯定できるように思いますし、今の状態が気に入らなければ修正していけると思います。

 

●地球と海王星の開き(【惑星通信】より)


heliostera_20130221
heliostera_20130221

地球暦が、惑星会合の一つ、“地球と海王星の開き”をお知らせします。

肉眼では捉えることのできない領域にある海王星が、今日は太陽の向こう側で重なっています。昼間の太陽を通じて、海王星を意識的に感じることができます。


海王星と開きの今日は、思い描いている内側のビジョンを積極的に表に出すよう心がけると良いでしょう。具体的なコンセプトが生まれ、自分の考え方がはっきりとしてきます。


夢やビジョンと繋がりのある海王星は、人生の映画監督のようなもの。個人のささいな出来事も、宇宙の中では大きなドラマなのです。
人間味ヒューマニズムや、心の通い合い、形はないけれど、思いや祈りには現実を変える強い力があります。

 


自分のヴィジョンを意識して大切にしていけるといいですね。

今日もよい1日でありますように♪

 

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る

 


●【inner-wish】ヴィジョンの補足説明
私のヴィジョンに興味がある方へヴィジョンの各画像の関連記事をリンクしますので、興味を持て下さった方はご覧ください。

●私の中の惑星
■ハイヤーセルフ
●ホームページ作成
トト
●自己変容の道

●愛で心を満たす呼吸
インナーウィシュ
空・澄明・慈愛・ハート
●ヒヨドリ in バードバス♪愛と調和と平和に満ちた朝
●ヴィシュヌ&ラクシュミ~インドの神様

●アネモネ~風について
●調和とつながりのヴィジョン_20120629
■ロウアーセルフ
■ファイブ・エレメンツ(五大要素)

1 コメント

●2013年2回目の上弦の月~振り返り見通す

つぼみたち
つぼみたち

 

こんにちは♪今日は上弦の月。

 

新月(結実)~上弦(生長)~満月(開花)~下弦(成熟)という流れの中で、今日は、2013年2回目の上弦(生長)いわゆる「つぼみ」の時期です。

 

1回目のサイクルを振り返り、今年1年の見通しを立ててみるには良い日かもしれませんね。

 

●2013年の月サイクル一覧

★2013年1回目

新月(結実):1月12日

上弦(生長):1月19日

満月(開花):1月27日

下弦(成熟):2月 3日

 

★2013年2回目

新月(結実):2月10日

上弦(生長):2月18日

満月(開花):2月26日

下弦(成熟):3月 5日

 

★2013年3回目

新月(結実):3月12日

上弦(生長):3月20日

満月(開花):3月27日

下弦(成熟):4月 3日

 


★2013年4回目

新月(結実):4月10日

上弦(生長):4月18日

満月(開花):4月26日

下弦(成熟):5月 2日

 

★2013年5回目

新月(結実):5月10日

上弦(生長):5月18日

満月(開花):5月25日

下弦(成熟):6月 1日

 

★2013年6回目

新月(結実):6月 9日

上弦(生長):6月17日

満月(開花):6月23日

下弦(成熟):6月30日

 


★2013年7回目

新月(結実):7月8日

上弦(生長):7月16日

満月(開花):7月23日

下弦(成熟):7月30日

 

★2013年8回目

新月(結実):8月7日

上弦(生長):8月14日

満月(開花):8月21日

下弦(成熟):8月28日

 

★2013年9回目

新月(結実):9月5日

上弦(生長):9月13日

満月(開花):9月19日

下弦(成熟):9月27日

 


★2013年10回目

新月(結実):10月5日

上弦(生長):10月12日

満月(開花):10月19日

下弦(成熟):10月27日

 

★2013年11回目

新月(結実):11月3日

上弦(生長):11月10日

満月(開花):11月18日

下弦(成熟):11月26日

 

★2013年12回目

新月(結実):12月3日

上弦(生長):12月10日

満月(開花):12月17日

下弦(成熟):12月25日

 


●振り返り見通す

 

2013年1回目のサイクルでは、何を願い、どんなことが実現したでしょうか?

 

また、2013年の最初には、この1年にどんな願いを立て、それはこの1年間でどのように実現するのでしょうか?その中で、2013年2回目のサイクルでは何がどの程度進んでいると嬉しいでしょうか。

 

更には人生の目的や目標を思い描いたとき、この2013年は、そしてこの2回目のサイクルはどのような位置づけになるのでしょうか?

 

人生の中では色々なことが起こりますし、願いの見直しや、軌道修正も必要になります。また、これまで小さな範囲で願っていたけれど、より大きな視野から願いを見直すこともあります。

 

いずれにしても、このようなサイクルの中で、願いを意識して振り返ったり、見通したりするのはとても役に立つと思います。

 

●2月18日上弦の月

惑星通信】より抜粋

 

昼間に昇ってくる上弦の半月は、一ヵ月を花のライフサイクルにたとえた時、花が咲く前のつぼみの頃にあたります。


「新月=結実、上弦=生長、満月=開花、下弦=成熟」という一ヵ月の中では上弦の今は、満月に向かって生長していく過程です。


今回の上弦では、新月2月10日頃を振り返り、満月の2月26日へ向かって見通しを立てて、一ヵ月の前半を捉えてみましょう。


月の運行を基準にした太陰暦では、この上弦は新年の事始めの時です。春夏秋冬という四季の物語の第一歩を踏み出した今、どんな物事に取り組むのかを明確にする事で、季節の中での立ち位置がはっきり見えてきます。今は四季に合わせたスタートを切る時です。

 

●今日という日を大切に

ラナンキュラス(つぼみと開花)
ラナンキュラス(つぼみと開花)

 

今日という日は、長い人生の中で小さな1日かもしれませんが、

とても大切な1日です。

 

今日という日を大切に過ごすことができますように。良い1日を♪

 

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る

 


0 コメント

富士山は人生の目標の象徴

冬の富士山.
冬の富士山.

 

こんにちは♪

 

今朝、土手をランニングしていたら美しい富士山の全貌が見えました。写真は数年前のものですが、今朝の富士山は白い雪に裾まで覆われて本当にキレイでした。富士山を眺めることができると何だか幸せな気持ちになります。

 

美しい富士山の写真は下記に掲載されています。

【参照】これぞ日本の象徴!富士山のまとめ

 

外国の方にとっては特に日本の象徴のようです。

また、縁起のよい初夢として「一富士二鷹三茄子(いちふじ にたか さんなすび)」の一番に数えられています。

夢診断などでも富士山は良いイメージで捉えられることが多く、

「人生の目標の象徴」と表現される場合があります。

 

夏の富士山
夏の富士山

ですが、私が関西に住んでいた幼い頃は、富士山にそれほど親近感が持てず、古い富士山の置物のイメージでした。

 

けれど関東で毎日のように変化する富士山を眺めるようになり、実際に夏の富士山に少し登ってみたりするうちに、とても身近で生き生きとした存在感を感じるようになりました。

 

私はランニング中に富士山を眺めると、毎回、自分の人生の目標や人生の目的を思い出します。パブロフの犬のように条件付けられてるのかもしれませんが(笑)

 

でも雄大な美しい富士山を眺めながら人生の目標を思い出すのは、とても気持ちが良いものです。そして1月に人生の目標を思い出すのは、この1年間12ヶ月の間に、人生の目標を浸透させるいい機会になるなあと思うのです。

1月富士山のカレンダー
1月富士山のカレンダー

 

1月のカレンダーには雪の富士山が使われることが多いですよね。

1月の富士山が最も美しいからかもしれませんが、なんとなく1月に富士山をもってくると1年がしまるような気がします。

 

皆さんの人生の目標あるいは目的がかないますように。

今日もよい1日を♪

 

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る

 


0 コメント

人生で本当に欲しいもの

ターシャ・テューダーの言葉
ターシャ・テューダーの言葉

 

今朝はふと思いついて『■ターシャ・テューダーの言葉』(『ターシャ・テューダー最後のことば』より抜粋)の記事を読み返しました。

 

印象的だったのは、次の言葉です。

 

「人生で 本当に欲しいものは何なのか よく考えてみたいですね」

 

 

「人生で本当に欲しいもの」ってなんだろう?

 

私にとってそれは、「私自身になる」ということかもしれません。

 

昔、子供を産む前に参考にしたい「理想の母親」を捜し求めたことがあります。立派なお母さんや素敵なお母さんは沢山存在しましたが、私がなりたい理想のお母さんはどこにもいませんでした。

 

その時、「自分の内なる理想の人」とは「自分が成るはずの人」なのだと気づいたのです。それ以降、自分の内側にあるイメージにすこしづつ近づくことだけを考えて子育てしてきました。

 

それは別にほめられるような母親ではなく、どちらかといえば、「くすっ」と笑われるようなお母さんなのですが、自分としては思い描いていた母親になることができて大満足なのです。

 

同様に、90歳まで幸せな女性として生きたいと願う私は、「このように在りたい」という理想のイメージがあります。それはやはり立派な存在だたり素敵な存在だったり・・・というよりは、「くすっ」と笑われるような存在ではあるのですが、幼い頃からぼんやりイメージしている理想の自分なのです。

 

私にとっては、その理想の自分自身になることが、この人生のミッションだと感じています。

 

●調和する
●調和する

また、2011年3月11日の大震災後、最初に生まれた大きな願いは『調和する』ということでした。

 

たぶん、一生かかって自分なりに「調和する生き方」を創造していくと思うのですが、折に触れて「調和するとはどういうことか?」を見直したりしています。

 

今朝、ふと思い立って『■調和のとれた生き方と直感(『波動の法則』足立育朗著より抜粋)の記事を読み返してみました。

 

とても印象深かったのは、次の言葉です。

 

「自分が直感的に行動し、自然の法則にかなっているということは、違う言い方をすれば自分だけのことを考えてやっているのかな、これは自分の家族のことだけを考えてやっているのかな、あらゆる人のため、人間のためだけでなく、全ての存在物のことを考えてやっているのかなと絶えず自分に問いながら行動をするということです。」

 

なかなか遠い道のりですが、意識するのとしないのとでは、たぶん大きな違いが出ると思うので、あらためて意識しようと思ったのでした。

 

●願いを育てる力
●願いを育てる力

 

「自分自身になること」と「調和すること」は、私にとってとても大切な願いです。

 

そして、この人生が終わる時、「あ~幸せな人生だったなあ」と思えれば嬉しいなと願っています。

 

皆さんにとって「人生で本当に欲しいもの」とは何ですか?

その願いがかないますように。

今日も良い1日を♪

 


関連ブログ&ページ


インナーウィッシュとは?

インナーウィッシュとは魂の深い願いを意味しています。インナーウィッシュでは日常生活の変容を目的とし、情報・変容・実現をサポートするために各種サービスを提供しています。魂の深い願いに基づく、愛・調和・平和に満ちた日常生活の変容をサポートすることがインナーウィッシュのミッションです。

詳しくはコチラ>


ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る

 


0 コメント

下弦の月「見直しと再設定」

日の出_20130105_0704
日の出_20130105_0704

 

今日は下弦の月。【惑星通信】では次のように説明されています。

 

下弦の月は、一ヵ月を花のライフサイクルにたとえた時、満月で開花したものが成熟し、再び新月へと結実していく過程にあたります。
物事の見直しや条件の再設定など、過去を振り返って、整理整頓するのに最適な時です。


今回の下弦では、満月の12月28日頃を振り返りながら、次の新月の1月12日へ向かっていくイメージで一ヵ月の後半を捉えてみましょう。

 

地球から見た月の満ち欠け
地球から見た月の満ち欠け

 

前回の新月から次回の新月までの日程は以下です。

 

2012年12月13日(木)新月

2012年12月20日(木)上弦

2012年12月28日(金)満月

2013年1月5日(土)下弦

2013年1月12日(土)新月

 

 

前回の新月に描いたイメージを思い起こし、次の新月に向けて見直しや条件の再設定をする時間をとりたいですね。

 

私の場合は、前回の新月に2013年のヴィジョン立てたので、1月最初の新月に向けて、もう少し詳細に落としていきたいと思いました。皆さんはいかがでしょうか?

 

今日もよい1日でありますように。

 

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る



0 コメント

宇宙のリズムとの調和

heliostera_20121230
heliostera_20121230

 

今日は地球暦によれば“地球と冥王星の開き”の日。

 

冥王星はじっくりと248年という長さで一巡りしているので、私たちから見ればじっと止まっているように見えます。ただいま冥王星は、夏至を9度過ぎた位置にいるため、毎年冬至を過ぎたこの時期に地球と“開き”の関係になります。再び“結び”となるのは、来年の7月2日です。(惑星通信】)

 

じっとして見える冥王星と1年で一周する地球は、夏至と冬至を過ぎた頃に結びと開きになるそうです。

 

各惑星ごとに、このような宇宙のリズムがあり、太陽系だけでも何かアンサンブルのように美しい音色を奏でているようです。

 

ある友人が、宇宙の広大さを思えば、太陽系は小さすぎる…というようなコメントをくれたことがあります。確かに!いつか、宇宙全体のリズムを感じられるようになったら素敵だろうな~!と思います。

 

でもまずは身近なところから。

例えば、一番近い月の満ち欠けや、太陽の位置や日の出・日の入り・・・。また距離は遠くなりますが、よく見えてわかりやすい所では大昔から星座の位置などなど。

 

私は、これまでの人生の歩みの中で、「バイオリズムを感じながら生きる」というようなことを自然に願ってきました。

 

バイオリズムの大切さに気づいたのは、女性だけに生理が始まった頃。その後、病気になった時、季節の変化と心身の変化の関連性に気づくようになり、月や太陽の周期が自分だけでなく周囲の人々にも影響を与えていると感じるようになりました。漁師さんだけでなくパイロットも月の満ち欠けに注意を払う職業だそうです。

 

宇宙のリズムは体内のリズムと共振するような、周期的なリズム、周波数を持っていると思います。

愛・調和・平和
愛・調和・平和

 

バイオリズムや地球のリズム、宇宙のリズムを感じ取り、そのリズムの調和することは、私の願う「調和」に近づく道だと思うようになりました。

 

いつの日か、宇宙全体のリズムを広大なオーケストラの響きのように感じられる日がくるといいなあと願っています。


●冥王星の意味【惑星の意味

価値観の変化、リニューアル、次のステップへの前兆としての終焉、再定義を表します。

 

物事の裏、水面下にあるものを表面化させ、改めてその価値を問います。破壊と再生の象徴と言われ、見慣れた風景を一変させる力を持ちますが、常に急激で暴力的な破壊をもたらすわけではありません。

 

この星が個人に強く影響すると、隠れているものを発見し、究極へ到達しようとする意志の強い人となります。


●冥王星惑星通信

冥王星は、破壊と創造、死と再生など、一見ネガティブなキーワードで読み解かれていますが、その意味するところは、人類全体の総資産、歴史や時代背景、個人の輪廻など、日常を超えた大きな存在です。

 

内側で起こっている全てを知っている、時の番人ともいえる冥王星。外側の銀河と内側の太陽系の狭間で、創造と進化の流れを調整しているのかも知れません。


一つの場所に居続ける冥王星は、一つのテーマにじっくりと取り組んでいるようです。今日は、冥王星の力も借りて、とことんまで掘り下げてみてはいかがでしょうか。

 


インナーウィッシュとは?

インナーウィッシュとは魂の深い願いを意味しています。インナーウィッシュでは日常生活の変容を目的とし、情報・変容・実現をサポートするために各種サービスを提供しています。魂の深い願いに基づく、愛・調和・平和に満ちた日常生活の変容をサポートすることがインナーウィッシュのミッションです。

詳しくはコチラ>


ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る


0 コメント

2012年ラスト満月。どんな一年?

朝焼け_20121228_0639
朝焼け_20121228_0639

こんにちは!

今日は2012年最後の満月の日。

そういえば、昨日の夕方は見事に丸いお月様でした。

 

今朝は朝焼けがすごかったのでお天気は下り坂かなと思い、予報でも夕方から雨ということなので、今夜の満月は見ることができないかもしれませんね。

 

でも満月の日は、かなったことを感謝したり、不要な思いを手放す日。そして今日は今年最後の満月の日なので、今年1年を振り返って見るのに良い日かもしれません。

 

朝日_20121228_0702
朝日_20121228_0702

私はGoogleカレンダーの書き込みを、新月(12月13日)から眺め、ついでに2012年の1月から流し読み。

 

今年は我が家にとって保育園・小学校の卒園・卒業~小学校・中学校の入学が大きな変化でした。またインナーウィッシュも地域情報誌(Pur)やインタビューとホームページのデザインを組み合わせるなど新しい試みも始め、色々な意味でスタートの年という印象です。

 

昨夜、年賀状を完成させた後、2000年から2012年までの我が家の年賀状アルバムを懐かしく見直しました。

 

2000年は、今年2012年と同じ辰年です。長女が1歳の写真と共に、我が家もスタートの年でした。翌2001年は、来年2013年と同じ巳年。

「愛あふれる新世紀となりますように」というメッセージを載せていました。

 

2000年にスタートした「家庭の創造」が、2001年に「愛ある生活の創造」としてはじまった印象です。実際にこの12年間で「愛ある生活の創造」をカタチにしてきたように思います。

 

愛・調和・平和
愛・調和・平和

今年2012年辰年にスタートした新しい生活は、もうすぐ始まる2013年巳年に「愛ある新しい生活の創造」としてはじまるのだろうなあ、とこれから続く12年間に思いをめぐらせていました。

 

色々な意味で大切だった2012年に感謝し、これからの12年間を彩る2013年のはじまりを大切に迎えたいと思います。

 

皆さんにとって、2012年・2013年はどんな年でしょうか?

今日もよい1日でありますように♪

 

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る

 


0 コメント

金星と土星と芸術性と社会性の融合

heliostera_20121222
heliostera_20121222

今日は、”金星と土星の結びの日”。

惑星通信】に美しい言葉で表現されていました。

 

「金星と土星の結びは、芸術性と社会性との融合。内側の感性(金星)を、外側の環境(土星)に活かしていきましょう。また、社会(土星)の中で、人の心の輝き(金星)を探してみましょう。」

 

芸術性と社会性の融合
芸術性と社会性の融合

 

「芸術と社会性の融合」「内側の感性を、外側の環境に活かす」「社会の中で、人の心の輝きを探す」どれもこれも、深く共振する言葉です。

 

私の場合は、タイミング的にもピッタリくるものがあり、内側の感性を地域社会から外側の社会に活かし始めているちょうどその時。

 

昨日のミニブログ『冬至と精神性と社会性の融合』には富士山の写真を使いましたが、富士山は私にとって「人生の目的を達成する」象徴です。この人生の目的と、高次の願いの焦点が合ってきた・・・というのが昨日。そして今日は、それを身近な社会から現実的に実現していく・・・という印象でした。

 

今日のブログに使った地域の写真の外側左には小さく富士山が写っています。このように、人生の目的を視野に入れつつ、高次の願いを実現し、内側の感性を外側の社会に活かしていきたいと思います。

 

何よりも、社会の中で人の心の輝きを探し、表現していけることが最高の喜びです。

 

今日もよい1日でありますように♪

 

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る

 


0 コメント

冬至と精神性と社会性の融合

heliostera_20121221_120度
heliostera_20121221_120度


今日12月21日は冬至の日。

 

惑星通信】に美しい言葉で表現されていました。

 

「冬至を迎える地球、土星、海王星と、扇形(ほぼ120度)精神性と社会性の融合」

 

精神性と社会性の融合
精神性と社会性の融合

 

「精神性と社会性の融合」という言葉と、今日の惑星の配置を眺めて感じることは、「高次の願いと現実的な願いの焦点を合わせる」ということです。

 

実際、今日の仕事の中でも「高次の願いと現実的な願いの焦点を合わせる」ことを自他の中に感じることが何度もありました。「合わせる」というより「合い始めている」といった印象でしょうか。

 

先日のブログで『2013年巳年は「はじまり」の年』という内容について書きましたが、まさに2013年を前に焦点が合い始めている・・・印象です。

 

それは「高次の願い」と「現実的な願い」のバランスの取れた状態を見いだすようなイメージです。まさに「精神性と社会性の融合」という言葉がぴったりきました。

 

今日の冬至を「新しい命の再生復活の時」と考え、「これまでの厄を払い」「生活を一新し、心機一転して新年をむかえていくとき」にしたいですね。

 

●冬至について惑星通信より)


地球暦が二十四節気の一つ「冬至」をお知らせします。

 

「冬至」は、春分から270度経過した仲冬の半ばの地点です。
“日短きこと至〔きわま〕る”という意味の「冬至」一年で太陽が出ている時間が一番短い日で、夜が最も長い時期にあたります。


“陰極まりて陽に転ず”の一陽来復(いちようらいふく)の時で、今日から少しずつ太陽の出ている時間が長くなり、反対側の夏至へ向けて光が増えていきます。


古くは冬至は生命の終わりを意味し、新しい命の再生復活の時と考えていました。これまでの厄を払い、禊や浄化、大掃除などで清めることで、生活を一新し、心機一転して新年を迎えていくときです。


無病息災を願いカボチャや芋類をはじめとした陽性の食べ物を食べて免疫力を高め、冬を乗り切っていきましょう。

 

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る

 


0 コメント

水星と土星と上弦の月と願いの組立

愛・調和・平和

 

今日は、"水星と土星の結びの日"で、上弦の月の日でもあります。

 

いずれも全体的なヴィジョンを詳細に組み立てる時、というような印象があります。

 

水星と土星は約3ヶ月ごとに、上弦の月は約1ヶ月の周期の中で、

ヴィジョンを具体化するタイミングのようです。

 

願いを詳細に落とし込む際に、全体的なヴィジョンと個々の願いの焦点を合わせることは、とても大切だと思います。【参照】エネルギーの使い方-焦点の合わせ方

 

またヴィジョンを育てる環境を「愛・調和・平和」で満たすことも大切だと思います。【参照】エネルギーの使い方-愛・調和・平和

 

これから年末年始にかけて、2013年も視野に入れたヴィジョンを少しづつ具体的に組み立てていけるといいですね。

 

heliostera_20121220
heliostera_20121220

 

●水星と土星の結び(惑星通信より)

88日=3ヵ月ごと会合する、水星と土星の会合周期は、地球にとって約90度の期間で、組み立てていく働きを持った建設的な周期です。

 

今日は、具体的にどのような仕組みが動いているのかをはっきりとさせて、“時間=いつ”、“空間=どこで”、“エネルギー=どれくらい”という時空間を把握することを心がけるといいでしょう。


全体の大きなバランスと秩序の中で、細かい物事を見ていきましょう。

 

つぼみ

●上弦の月惑星通信より)

上弦は一ヵ月を花のライフサイクルにたとえた時、花が開く直前の“つぼみ”の頃にあたります。

「新月=結実、上弦=生長、満月=開花、下弦=成熟」という一ヵ月の中では上弦の今は、満月に向かって生長していく過程です。


今回の上弦では、新月12月13日頃を振り返り、満月の12月28日へ向かって見通しを立てて、一ヵ月の前半を捉えてみましょう。

 


インナーウィッシュとは?

インナーウィッシュとは魂の深い願いを意味しています。インナーウィッシュでは日常生活の変容を目的とし、情報・変容・実現をサポートするために各種サービスを提供しています。魂の深い願いに基づく、愛・調和・平和に満ちた日常生活の変容をサポートすることがインナーウィッシュのミッションです。

詳しくはコチラ>


ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る

 


0 コメント

水星と金星と平和の祈り

水星と金星の結び_20121218
水星と金星の結び_20121218

 

地球暦】によれば今日は“水星と金星の結び”の日。


約145日という周期は、88日で一周している水星にとって最長の会合周期です。次回の“水星と金星の結び”は、2013年05月18日です。

 

地球の内側の水星と金星の日は、自分の内側に耳を澄ませてみてはいかがでしょう。惑星通信】より

 

自分の内側に耳を澄ませてみると、聴こえてくるのは「平和への願い」。色々なニュースが飛び交う中、特に強く感じることです。

平和の祈り_20121218
平和の祈り_20121218

 

『平和の祈り』より抜粋

 

憎しみのあるところに愛を、
いさかいのあるところに許しを、
分裂のあるところに一致を、

疑惑のあるところに信仰を、
誤っているところに真理を、

絶望のあるところに希望を、
闇に光を、悲しみのあるところに
喜びをもたらすものとしてください。

 

慰められるよりは慰めることを、
理解されるよりは理解することを、
愛されるよりは愛することを、

わたしが求めますように。

 

マザーテレサの祈り
マザーテレサの祈り

 

『平和の祈り』とは、カトリック修道士でフランシスコ会創立者のアッシジの聖フランシスコ(フランチェスコ)の精神を表した祈りです。

 

「平和の祈り」はマザー・テレサが好んでいたとも言われています。

【参照】マザーテレサの祈り

自分の内側に耳を澄ませる時間を持てますように。

今日もまたよい1日でありますように。

 


インナーウィッシュとは?

インナーウィッシュとは魂の深い願いを意味しています。インナーウィッシュでは日常生活の変容を目的とし、情報・変容・実現をサポートするために各種サービスを提供しています。魂の深い願いに基づく、愛・調和・平和に満ちた日常生活の変容をサポートすることがインナーウィッシュのミッションです。

詳しくはコチラ>


ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る

 


0 コメント

アメイジング・グレイス

 

クリスマスが近づいく冬のこの時期、楽しいクリスマスソングではなく、静かな祈りの歌が聴きたいと思うことがあります。

 

そんな時にいつも聴いているのは「アメイジング・グレイス」です。

 


アメイジング・グレイス(英語:Amazing Grace, 和訳例:すばらしき恩寵)を作詞したのは、1725年イギリスに生まれたジョン・ニュートン。

 

敬虔なクリスチャンである母親を7歳で亡くし、成長してからは「奴隷貿易」に手を染め巨万の富を得るようになったそうです。

 

1748年、嵐の日に初めて心から神に祈り難を逃れたジョンは、この日を第二の誕生日と決め、奴隷への待遇を飛躍的に向上させました。

 

1755年、ジョンは病気を理由に船を降り、勉学と多額の寄付を重ねて牧師となったそうです。そして1772年「アメイジング・グレイス」を作詞。

 

この曲には、黒人奴隷貿易に関わったことに対する深い悔恨と、それにも関わらず赦しを与えた神の愛に対する感謝が込められているといわれています。

【参照】ウィキペディア-アメイジング・グレイス

 

その後、黒人奴隷たちに「救いの歌」として歌い継がれることになった「アメイジング・グレイス」。彼らはこの歌を歌いながら変わらない現実を耐え抜いたようです。さらなる歴史を経て、多くの人々の願いと努力の結果、奴隷貿易は次々と廃止されていきました。そして今「アメイジング・グレイス」は世界中で沢山の人々に歌い継がれています。


何も変わらないと希望を失いそうになる時、多くの人々の悲しみや痛みを感じるとき、静かな祈りを曲を聴きながら、いつか大きく変化している未来を願っています。

 

クリスマスツリー&寝てるプーさん
クリスマスツリー&寝てるプーさん

 

今日のミニブログにおまけです。

 

マンションのエントランスに飾られたクリスマスツリー。

外出から帰宅すると、ツリーの下でなぜか寝てるプーさんにホッとします。

 

色々な願いが届きますように・・・。

今日もよい夜を♪

 

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る

 


0 コメント

2013年巳年は「はじまり」の年

●筆文字イラスト(ゆうかさん作)
●筆文字イラスト(ゆうかさん作)

 

そろそろ年賀状を作る時期となりました。来年2013年は巳年(みどし)ですね。

 

 

ヘビのイメージしかなかったのですが、巳年(みどし)にはどんな意味があるのだろう?と調べてみました。

 

「巳」という字は、頭と体ができかけた胎児を描いたものだそうです。子宮が胎児をつつむ様子を表す「包」の中の部分だとか。十二支の「巳」は、植物に種ができはじめる時期と考えられているそうです。【参照】語源由来辞典

また、蛇が冬眠から覚めて地表にはい出した姿を表している、という説もあるようです。従来の生活に終わりを告げるという意味だとか。
【参照】日本十二支学会

いずれにしても巳年(みどし)は「はじまり」の印象ですね。
どうか来年が皆様にとって、良い「はじまり」の年となりますように。

年賀状を作るときというのは、自分や家族の来年をデザインする時。
どんな1年にしたいか、イメージを思い描いてみる絶好のタイミングです。忙しい師走ではありますが、少し来年に思いを馳せてみる時間をとれるといいですね。

 

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る

 


0 コメント

惑星直列と新月とふたご座流星群

惑星直列イメージ_20121213
惑星直列イメージ_20121213

今朝は、5時55分に土星-金星-水星のラインがよく見えました。

 

Google Sky MAPで調べてみると、そのラインは地平線の下に、ぐるっと西側に向かって、なんとなく直列しているようでした。

 

イメージ図は並びの途中までで実際の空より明るいです。この時間帯は、もう少し暗い夜空に土星~水星が見え、全体的には「土星-金星-水星-月-太陽-冥王星-火星-海王星-天王星-木星」といった並びでした。

 

朝から美しさに見とれてしまい、記録しておきたくてイメージ図を作ってしまったのでした。

 

地球から見た月の満ち欠け
地球から見た月の満ち欠け

そして今日12月13日(木)は、17:42に射手座にて今年最後の新月です。(月のサイクル◆満月・新月

 

ボイドタイムは直後の12月13日 17:43 ~翌日14日6:43です。(月のサイクル◆ボイドタイム

 

新月は、あらためて決意や宣言などすることによって、満月に向かって現実化していく働きがあります。(新月=インプット、満月=アウトプット)新月は太陽-月-地球が直線的に並び、最も潮汐力が強く、朝と夕方に潮が満ちて、昼と深夜に引いています。波の起伏が激しい新月の時は物事のリセットや浄化に最適な時です。(惑星通信より抜粋


次の新月まで、あるいは来年に向けての願いを夕方までに、まとめておきたいと思います。また、浮かび上がってきた問題は、このタイミングで浄化できると嬉しいですね。

 

ふたご座流星群_国立天文台
ふたご座流星群_国立天文台

さらに今年のふたご座流星群は、12月14日の午前中が極大ですが、今日12月13日は新月で月明かりがないため、観察の好機と言われています。

 

20時頃から流星が出現し始めるそうです。図は22時頃の東の方向にふたご座が見えている状態。

 

ただ、見る方向を気にする必要はないそうです。流星はあらゆる方向に出現し、ふたご座の方向だけに集中して出現するわけではないということです。

 

でも2、3分であきらめないで最低15分は観察してください、と書かれていますね。防寒着必須で観察したいと思います。見えるといいですね!

 

詳しくは国立天文台の『ふたご座流星群の流星を観察する方法』をご覧ください。

 

今日も盛り沢山です。よい1日でありますように♪

 

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る

 


1 コメント

水星と海王星が開きの日

heliostera_20121204
heliostera_20121204

地球暦】によれば、今日は“水星と海王星の開き” の日。


海王星は、コンセプトを決め、夢を描く映画監督の様な存在。斬新なアイディアもそこに至るまでの夢やイメージがあってこそです。


今は、イメージを共有し、コミュニケーションを取りましょう。今しか出てこない、たくさんのアイディアがあります。自分が考えていること意識的に人に伝えたりするチャンスです。


実体がない抽象的な概念を持つ海王星は、夢・ビジョン・思想・哲学・信仰・祈りなど、人の潜在意識と深い関わりを持っているようです。今日は頭を柔らかく、子どものように自由に夢を描いてみましょう。惑星通信】より抜粋。

 

「開きの日」とは、アウトプットのイメージだそうですよ。更に、水星はコミュニケーションの象徴と言われています。

 

なかなか言葉にならなかった思いを表現できるといいですね。

今日もよい1日でありますように♪

 

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る

 


0 コメント

小さな先輩の願いが実った姿

バスケ練習

 

次女が通うミニバスの先輩に、夏休み中ずっと黙々と人一倍一生懸命シュート練習に励んでいた2年生がいます。「ちょっと休憩したら?」と声をかけても、休むことなく汗びっしょりになって誰に言われたわけでもなく自主的に一人シュート練習を続けていました。

 

その小さな先輩が、今日の練習試合で抜群のシュート率でシュートを大量生産している姿を見て、夏のシュート練習を思い出し、こんなイメージをもって練習していたのか!と正直驚かされました。そして、その真摯な姿にとても心を打たれたのです。

 

一人ひとりが自分の願いをこめて熱心に努力し、その願いを実らせている姿は本当に感動的です。私自身が小さな先輩たちに沢山教えていただいた日となりました。感謝です!

 

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る

 


0 コメント

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る