ダライ・ラマ【役立つ情報】

 

ダライ・ラマに関する役立つ情報を紹介しています。

 


ダライ・ラマ

【ダライ・ラマ】Wikipediaより引用

ダライ・ラマ14世(1935年7月6日 - 在位1940年 - )は、第14代のダライ・ラマである。法名はテンジン・ギャツォ。4歳の時にダライ・ラマ14世として認定、1940年に即位、1951年までチベットの君主の座に。1959年に中国からの侵略と人権侵害行為に反発してインドへ亡命。亡命後は、欧米でもチベット仏教に関心のある人や複数の著名人の支持を得、ノーベル平和賞を受賞し、国際的影響力はさらなる広がりを見せており、中国は別として世界的にはチベットの政治と宗教を象徴する人物とみなされる。

 


ダライ・ラマ-解脱の本当の意味【自己変容の道】

●ダライ・ラマ-解脱の本当の意味【自己変容の道】

「解脱」というのは業と煩悩をなくした結果のことです。一度解脱を得たならば、幸せは堅固なものとしてありつづけます。

詳しくはコチラ>



ダライ・ラマ-心の平和【自己変容の道】

●ダライ・ラマ-心の平和【自己変容の道】

本当の世界平和は、心の中に育まれたひとりひとりの「心の平和」によって築かれるべきものであり、そのために愛と慈悲の心、つまり「やさしさと思いやり」が必要とされているのです。

詳しくはコチラ>



ダライ・ラマ-慈悲の心の育て方【自己変容の道】

●ダライ・ラマ-慈悲の心の育て方【自己変容の道】

すべての命あるものに対する偏見のない愛は、心を訓練することによってはじめて育まれるものです。

詳しくはコチラ>

 


●ダライ・ラマ-望まぬものから逃れようとする心【自己変容の道】

よいものと悪いものを識別したうえで、悪いもの、望まぬものを排除する働きをしますが、その心は荒々しいものではなく、知性ある心の一種なのです。

詳しくはコチラ>

 


ダライ・ラマ-熱望と欲望の違い【自己変容の道】

●ダライ・ラマ-熱望と欲望の違い【自己変容の道】

熱望を持たなければ、どんな目的も達成することはできません。

詳しくはコチラ>


ダライ・ラマ-般若心経について【自己変容の道】

●ダライ・ラマ-般若心経について【自己変容の道】

さまざまな高僧たちの般若心経の解説を、それぞれ比較しつつ学んでいくことが、この経典の意味する本質を理解するのに最も役立つということである。

詳しくはコチラ>


ダライ・ラマ-トンレンの瞑想【自己変容の道】

●ダライ・ラマ-トンレンの瞑想【自己変容の道】

「自他の交換」の心を発展させ堅固にするための瞑想法として伝承されているのが「トン・レン」と呼ばれるものです。

詳しくはコチラ>

 


ダライ・ラマ-慈悲で怒りの心を制する【自己変容の道】

●ダライ・ラマ-慈悲で怒りの心を制する【自己変容の道】

自身の中にある怒りという敵を調伏しないなら外の敵を倒しても憎しみはますます増大するばかり それゆえ、慈悲という軍隊で自身の心を征服する それが菩薩の実践である(三十七の菩薩の実践より)

詳しくはコチラ>

 


ダライ・ラマ-三十七の菩薩の実践【自己変容の道】

●ダライ・ラマ-三十七の菩薩の実践【自己変容の道】

『三十七の菩薩の実践』は、単なる修行者としてだけでなく学僧としても名を馳せた、ギャルセー・トクメー・サンポ作の代表作です。(『ダライ・ラマ 生き方の探求』より)

詳しくはコチラ>

 


苦しみを乗り越える【自己変容の道2】

 ●苦しみを乗り越える【自己変容の道2】

 苦しみを乗り越えるための方法について、『ダライ・ラマの仏教入門』ダライ・ラマ十四世 テンジン・ギャムツォ/著より引用しています。

詳しくはコチラ>

 


インナーウィッシュについて

インナーウィッシュとは?

インナーウィッシュとは?詳しくはコチラ>


サービス内容・料金

インナーウィッシュのサービス内容・料金はコチラ>


☆スポンサー広告☆



インナーウィッシュ

インナーウィッシュのミッションは日常生活の変容サポートです。変化のタイミングでお手伝いいたします。

●インナーウィッシュ・ホーム


関連ページ


関連ブログ


メニュー