ブッダ【役立つ情報】

 

ブッダに関する役立つ情報を紹介しています。

 


ブッダ【役立つ情報】
アセンデッド・マスター・オラクルカード【釈迦】写真使用

【ブッダ】Wikipediaより引用

仏陀(ブッダ)は、仏ともいい、悟りの最高の位「仏の悟り」を開いた人を指す。サンスクリットで「目覚めた人」「体解した人」「悟った者」などの意味である。基本的には仏教を開いた釈迦ただ一人を仏陀とする。一般には、釈迦と同じ意識のレベルに達した者や存在を「ブッダ」と呼ぶようになったり、ヴェーダの宗教のアートマンのように、どんな存在にも内在する真我を「ブッダ」と呼んだり、「仏性」とよんだりする。

 


ブッダ【自己変容の道】

●ブッダ【自己変容の道】

苦悩するブッダも、道を説くブッダも、いつも愛に満ちている。(『ブッダ』立松和平/著より)

詳しくはコチラ>


ダンマパダ〜真理のことば

●ダンマパダ〜真理のことば

『ダンマパダ』は人間そのものに対する、はっと思わせるような鋭い反省を述べ、生活の指針となるような教えが述べられている。そのため世界諸国を通じて人々の愛誦するところとなった。(『ブッダの真理のことば 感興のことば』中村元/訳より)

詳しくはコチラ>


スッタニパータ〜ブッダのことば

●スッタニパータ〜ブッダのことば

『ブッダのことば(スッタニパータ)』は、仏教の多数の諸聖典のうちでも、最も古いものであり、ゴータマ・ブッダ(釈尊)のことばに最も近い詩句を集成した一つの聖典である。(『ブッダことば スッタニパータ』中村元/訳より)

詳しくはコチラ>


大パリニッパーナ経〜ブッダ最後の旅

●大パリニッバーナ経〜ブッダ最後の旅

ゴータマ・ブッダ(釈尊)の死を述べている代表的な教典がこの『大パリニッバーナ経』であり、それをパーリ語の原文から翻訳した。(『ブッダ最後の旅 大パリニッバーナ経』中村元/訳より)

詳しくはコチラ>


ブッダ最後の教え

●ブッダ最後の教え

『多くの人々の利益のために、多くの人々の幸福のためであるところの、その<法>とは?』(『ブッダ最後の旅 大パリニッバーナ経』中村元/訳より)

詳しくはコチラ>


原始仏教における慈悲

●原始仏教における慈悲

最初期の仏教において、人間の宗教的実践の基本的原理として特に強調したことは、慈悲であった。(『慈悲』中村元/著より)

詳しくはコチラ>


慈悲を修してはならぬ場合

●慈悲を修してはならぬ場合

慈悲が、感性的なものに溺れている人にとっては、慈悲を修してはならぬ場合があるということが説かれている。(『慈悲』中村元/著より)

詳しくはコチラ>


ブッダ-般若心経について【自己変容の道】

●ブッダ-般若心経について【自己変容の道】

さまざまな高僧たちの般若心経の解説を、それぞれ比較しつつ学んでいくことが、この経典の意味する本質を理解するのに最も役立つということである。

詳しくはコチラ>



釈迦【瞑想】

●ドリーン・バーチュー - 釈迦「瞑想」【自己変容の道- アセンデッド・マスター】

釈迦は苦しみを終わらせる道を見つけることに、その人生を費やしました。瞑想の習慣、中道であることの実践、あらゆる形の苦しみを乗り越えるには、釈迦に助けを求めてください。 (アセンデッド・マスターオラクルカードより)

詳しくはコチラ>

 


インナーウィッシュについて

インナーウィッシュとは?

インナーウィッシュとは?詳しくはコチラ>


サービス内容・料金

インナーウィッシュのサービス内容・料金はコチラ>



☆スポンサー広告☆



インナーウィッシュ

インナーウィッシュのミッションは日常生活の変容サポートです。変化のタイミングでお手伝いいたします。

●インナーウィッシュ・ホーム


関連ページ


関連ブログ


メニュー