苦しみ【役立つ情報】

◆苦しみ・悲しみ【役立つ情報】

 

苦しみ・悲しみに関する役立つ情報を紹介しています。 


●希望の光~出口になった光の夢

●希望の光~出口になった光の夢【アメブロ】

もし今、希望が見いだせなくても、必要なタイミングで必ず希望は与えられると思います。

詳しくはコチラ>


ジェームズ・アレンの言葉

●ジェームズ・アレンの言葉【自己変容の道】

苦難に耐えたあとには、変容が起こります。悲しみを通じて、悲しみのない状態に到達するのです。

詳しくはコチラ>

 


慈悲の瞑想

●慈悲の瞑想【自己変容の道】

私は幸せでありますように。私の悩み苦しみがなくなりますように。私の願いごとが叶えられますように。私に悟りの光が現れますように。私が幸せでありますように。

詳しくはコチラ>

 


苦しみの原因を取り除く【今日の言葉】

●苦しみの原因を取り除く【今日の言葉】

苦しみの原因を心の中からも取り除き、未来永劫にわたる幸福と、日々増大し続ける内なる力を育てることができますように。

詳しくはコチラ>

 


苦しみを乗り越える【自己変容の道2】

 ●苦しみを乗り越える【自己変容の道2】

 苦しみを乗り越えるための方法について、『ダライ・ラマの仏教入門』ダライ・ラマ十四世 テンジン・ギャムツォ/著より引用しています。

詳しくはコチラ>

 


十不善業を捨てる

●十不善業を捨てる【自己変容の道】

「十不善業」は「苦しみの原因」であるため、「心の中からも取り除く」ということが仏教の初歩として説かれています。

詳しくはコチラ>

 

 


ブッダ【自己変容の道】

●ブッダ【自己変容の道】

涅槃静寂とは、完全なさとりによって、苦しみの人生は完成するのだという認識である。ブッダの生涯とは、四つの真理の認識と、その実践についやされたといってもよいであろう。つまり、苦とどのように対峙していけばよいかということである。

詳しくはコチラ>

 


●ダンマパダ〜真理の言葉【自己変容の道】

正しい知慧をもって、四つの尊い真理を見る。――すなわち(1)苦しみと、(2)苦しみの成り立ちと、(3)苦しみの超克と、(4)苦しみの終滅(おわり)におもむく八つの尊い道(八正道)とを(見る)。

詳しくはコチラ>

 


スッタニパータ〜ブッダのことば

●スッタニパーダ〜ブッダのことば【自己変容の道】

疑いを超え、苦悩を離れ、安らぎ(ニルヴァーナ)を楽しみ、貪る執念をもたず、神々と世間とを導く人、――そのような人を<道による勝者>であると目ざめた人々は説く。

詳しくはコチラ>

 


般若心経(小本)_言葉

●般若心経(小本)_言葉【自己変容の道】

煩悩に起因する行いが業となり、苦を呼ぶという悪循環を繰り返して、何の進歩、前進のない無明の世界を作り続けています(輪廻)。この無明より抜け出すことが肝心です。煩悩がなくなって業もなくなり、その結果苦しみもなくなるのです。

詳しくはコチラ>

 


三十七の菩薩の実践

●三十七の菩薩の実践【自己変容の道】

11.あらゆる苦しみは自らの幸せを追い求めることより生じ悟りは他者のためを思うことより生ずる。それゆえ、自己の幸せと他者の苦しみをまさしく交換する。これが菩薩の実践である。

詳しくはコチラ>

 


望まぬものから逃れようとする心

●望まぬものから逃れようとする心【自己変容の道】

望まぬ対象から逃れたいと思う気持ちがありますが、そういう心がなければ、永続する幸せを求めたり、永続する苦しみを滅することができなくなってしまいます。

詳しくはコチラ>

 


ありのままの自分〜本音に気付く

●ありのままの自分~本音に気づく【自己変容の道】

建前と本音こそが、まさに精神的な混乱と苦しみの原因。裏と表の対立が混乱と苦しみを生む。本音と建前の対立によって、心の葛藤が生まれます。

詳しくはコチラ>

 


●「意志」と「人生」の法則【自己変容の道】

悲しみ自体は小さなことであっても、苦しんでいる本人にとっては大変なことで、人生の他のできごとと比べたときの正確な重要度がわからなくなってしまいます。

詳しくはコチラ>

 


リリー・L・アレンの言葉

●リリー・L・アレンの言葉【自己変容の道】

理性を欠いた感情は苦悩と病気を連れてきます。怒りは、魂には苦しみを、肉体には酸味をもたらし、人生をいくつもの悲しみで満たします。恐れと混乱は、失敗と困窮、逆境と貧困を引き寄せ、それらをやがて人生のなかに出現させます。

詳しくはコチラ>

 


すべての人が幸せになる「魔法の言葉」

●すべての人が幸せになる「魔法の言葉」【自己変容の道】

感情移入ではなく、客観的な思いやりを持ってください。苦しむ人や困難な出来事に対しては、「『適切な行動』が行なわれますように」という客観的な祈りやエネルギーを心の中で送るようにしましょう。

詳しくはコチラ>

 


宇宙の法則に即して生きること

●宇宙の法則に即して生きること【自己変容の道】

あらゆる苦しみの根源は分離感です。私と私でないものというように分けて認識する意識が働いています。あらゆるものを分割して認識する結果、他から脅威を感じるようになります。

詳しくはコチラ>

 


利己心を手放し利他心を育む

●利己心を手放し利他心を育む【日常生活の変容】

苦しみの大半は、「利己心」を手放せないないことにあります。「利己心」は一見、欲望によるものと思われますが、実は恐れによるものである場合が多いのです。

詳しくはコチラ>

 


高次の人格

●高次の人格【日常生活の変容】

トラウマのある人格にアクセスし続けると、軸がぶれて苦しみが増えるだけです。基本的にはハイヤーセルフを含む高次の存在にアクセスするようにしましょう。

詳しくはコチラ>

 


愛とあたたかさ

●愛とあたたかさ【日常生活の変容】

愛を妨げているのは、怖れ、不安、悲しみ、苦しみ、怒りなどちょっとした思いかもしれません。そのちょっとした思いを手放し、今すぐに愛を感じましょう。

詳しくはコチラ>

 


痛みを受け入れる - 人生の変化への対応

●痛みを受け入れる【鬱に役立つ情報】

多くの場合、人生の大きな変化には様々な痛みが伴います。痛みを感じることは、とても辛いことですが、それでも痛みを感じて温かく受け入れることが大切です。

詳しくはコチラ>

 


全て終わりだと思わない - 人生の変化への対応

●全て終わりだと思わない【鬱に役立つ情報】

全ては変化しながら続いていくということを思い出す必要があります。状況はこの先どう変化するかわかりません。「全て終わりだと思わない」ことが大切なのです。

詳しくはコチラ>

 


長い目で見る - 人生の変化への対応

●長い目で見る【鬱に役立つ情報】

人生の変化から新しい展望を得るためには、その時にできることを行ないつつ、長い目でプロセスを見守る必要があるのです。

詳しくはコチラ>

 


命の輝きを感じながら

●命の輝きを感じながら【願いを育てる力】

命の輝きを見失うのは、命の営みと切り離されたとき。あまりにも長期間、息をするのも忘れるくらい何かに集中した時や、突然の不幸や病気や深い苦しみの時。

詳しくはコチラ>

 


釈迦【瞑想】

●釈迦「瞑想」【アセンデッド・マスター】

釈迦は苦しみを終わらせる道を見つけることに、その人生を費やしました。瞑想の習慣、中道であることの実践、あらゆる形の苦しみを乗り越えるには、釈迦に助けを求めてください。 (アセンデッド・マスターオラクルカードより)

詳しくはコチラ>

 


インナーウィッシュについて

インナーウィッシュとは?

インナーウィッシュとは?詳しくはコチラ>


サービス内容・料金

インナーウィッシュのサービス内容・料金はコチラ>


☆スポンサー広告☆



インナーウィッシュ

インナーウィッシュのミッションは日常生活の変容サポートです。変化のタイミングでお手伝いいたします。

●インナーウィッシュ・ホーム


関連ページ


関連ブログ


メニュー