生命の創造の波

以下の紹介紹介する内容は、すべて下記より引用しています。

【参考】
『癒しの光』(下)バーバラ・アン・ブレナン著

河出書房新書

 

画像については、書籍の内容を参考に作成したものです。
それ以外の追加情報については、参照元を個別に記載します。

 



◇創造の波は絶え間なく続いている

 

この創造プロセスは絶え間なく続いている。

 

人はつねに自己のコアエッセンスをさらに創りだしている。つねにこの創造の波のどこかに位置して人生を生きている。

 

私が思うにおそらく、人はこのパルスのあらゆる部分にいかなる時もいるのだが、人生のどの領域で経験するのかが異なっているのではあるまいか。

 

脈動する創造の普遍的な波に、人はとりまかれ、ひたされている。人はこの波からなり、この波そのものである。この波は人である。

 

この波は自己の内を流れ、自己はその内を流れる。終わりも始まりもない。人はそれを創造し、それは人を創造する。指図がくるわけではない。

 

ただ生命の創造の波が、つねに外に向かって開いては、内に向かって包み込む。開いてゆく過程で時間が創られ、包み込んでゆく過程で時間が溶けさる。これが著名な物理学者デイビッド・ボームが「潜在的秩序」と呼ぶものだ。

 


◇創造の波の長い旅

 

創造の波は包み込まれた静止状態から始まり、コアスターから外部へ、上へと広がってゆく。そして各次元を通り抜けて物質世界に達し、宇宙の果てまで広がる。拡張のペースはやがてゆっくりになり、停止し、静止する。

 

新たなる創造の金の糸が、在るものすべて、権限された全世界を通して編まれる。波は、この状態で自らと一体となったすべてのものとのコミュニオン(魂の一体化)に到り、愛が創りだされる。愛は残る。

 

それから波は収縮への長い旅を始め、自己を包みこんでゆく。創造の四つの次元を通り、コアスターへともどってゆき、学ばれ創造されたすべてのことを個々の自己の内に持ち帰る。

 


以上の紹介内容は、すべて下記より引用しています。

【参考】
『癒しの光』(下)バーバラ・アン・ブレナン著

河出書房新書

 

画像については、書籍の内容を参考に作成したものです。
それ以外の追加情報については、参照元を個別に記載します。

 



インナーウィッシュについて

インナーウィッシュとは?

インナーウィッシュとは?詳しくはコチラ>


サービス内容・料金

インナーウィッシュのサービス内容・料金はコチラ>



☆スポンサー広告☆



インナーウィッシュ

インナーウィッシュのミッションは日常生活の変容サポートです。変化のタイミングでお手伝いいたします。

●インナーウィッシュ・ホーム


創造のプロセスメニュー