普門示現とは?

 普門示現

 

観音が世を救済するに、

広く衆生の機根(性格や仏の教えを聞ける器)に応じて、

種々の形体を現じる。

これを観音の普門示現(ふもんじげん)という。

 


法華経「観世音菩薩普門品第二十五」(観音経)には、観世音菩薩はあまねく衆生を救うために相手に応じて「仏身」「声聞(しょうもん)身」「梵王身」など、33の姿に変身すると説かれている(下記の通り)。

 

西国三十三所観音霊場、三十三間堂などに見られる「33」という数字はここに由来する。

なお「三十三観音」(後述)とは、この法華経の所説に基づき、中国及び近世の日本において信仰されるようになったものであって、法華経の中にこれら33種の観音の名称が登場するわけではない。

 

この普門示現の考え方から、六観音、七観音、十五尊観音、三十三観音など

多様多種な別身を派生するに至った。

 

このため、観音像には基本となる聖観音(しょうかんのん)の他、変化(へんげ)観音と呼ばれる様々な形の像がある。

 

阿弥陀如来の脇侍としての観音と異なり、独尊として信仰される観音菩薩は、現世利益的な信仰が強い。そのため、あらゆる人を救い、人々のあらゆる願いをかなえるという観点から、多面多臂の超人間的な姿に表されることが多い。

 

三十三身の種類

(1)仏身(ぶっしん)
(4)大梵王身(だいぼんおうしん)
(7)大自在天身(だいじざいてんしん)
(10)小王身(しょうおうしん)
(13)宰官身(さいかんしん)
(16)比丘尼身(びくにしん)
(19)人身(じんしん)
(22)童目天女身(どうもくてんにょしん)
(25)天身(てんしん)
(28)乾闥婆身(けんだつばしん)
(31)緊那羅身(きんならしん)
(2)辟支仏身(びゃくしぶつしん)
(5)帝釈身(たいしゃくしん)
(8)天大将軍身(てんだいしょうぐんしん)
(11)長者身(ちょうじゃしん)
(14)婆羅門身(ばらもんしん)
(17)優婆塞身(うばそくしん)
(20)非人身(ひじんしん)
(23)童男身(どうなんしん)
(26)龍身(りゅうしん)
(29)阿修羅身(あしゅらしん)
(32)摩羅迦身(まごらかしん)
(3)声聞身(しょうもんしん)
(6)自在天身(じざいてんしん)
(9)毘沙門身(びしゃもんしん)
(12)居士身(こじしん)
(15)比丘身(びくしん)
(18)優婆夷身(うばいしん)
(21)婦女身(ふじょしん)
(24)童女身(どうにょしん)
(27)夜叉身(やしゃしん)
(30)迦樓羅身(かるらしん)
(33)執金剛身(しゅうこんごうしん)

 

六観音

真言系では聖観音、十一面観音、千手観音、馬頭観音、如意輪観音、准胝観音を

六観音と称し、天台系では准胝観音の代わりに不空羂索観音を加えて六観音とする。

 

六観音は六道輪廻(ろくどうりんね、あらゆる生命は6種の世界に生まれ変わりを繰り返すとする)の思想に基づき、六種の観音が六道に迷う衆生を救うという考えから生まれたもので、

地獄道-聖観音、餓鬼道-千手観音、畜生道-馬頭観音、修羅道-十一面観音、人道-准胝観音、天道-如意輪観音という組み合わせになっている。

 

なお、千手観音は経典においては千本の手を有し、それぞれの手に一眼をもつとされているが、実際に千本の手を表現することは造形上困難であるために、唐招提寺金堂像などわずかな例外を除いて、42本の手で「千手」を表す像が多い。観世音菩薩が千の手を得た謂われとしては、伽梵達摩訳『千手千眼觀世音菩薩廣大圓滿無礙大悲心陀羅尼經』がある。この経の最後に置かれた大悲心陀羅尼は現在でも中国や日本の禅宗寺院で読誦されている。

 

七観音

観音が衆生教化のために変じ給える七身。真言系の六観音に天台系の不空羂索観音を加える。

 

十五尊観音

三十三観音(次項参照)のうち、白衣、葉衣、水月、楊柳、阿摩提、多羅、青頸、琉璃、龍頭、持経、円光、遊戯、蓮臥、瀧見、施薬の15の変化身をいう。

 

三十三観音

以下に列挙した三十三観音の名称は、天明3年(1783年)に刊行された『仏像図彙』(ぶつぞうずい)という書物に所載のものである。この中には白衣(びゃくえ)観音、多羅尊観音のようにインド起源のものもあるが、中国や日本で独自に発達したものもあり、その起源は様々である。白衣観音、楊柳観音のように、禅宗系の仏画や水墨画の好画題としてしばしば描かれるものもあるが、大部分の観音は単独での造像はまれである。

 

三十三観音の名称

(1)楊柳(ようりゅう)
(4)円光(えんこう)
(7)蓮臥(れんが)
(10)魚籃(ぎょらん)
(13)一葉(いちよう)
(16)延命(えんめい)
(19)能静(のうじょう)
(22)葉衣(ようえ)
(25)蛤蜊(こうり、はまぐり)
(28)馬郎婦(めろうふ)
(31)不二(ふに)
(2)龍頭(りゅうず)
(5)遊戯(ゆげ)
(8)滝見(たきみ)
(11)徳王(とくおう)
(14)青頚(しょうけい)
(17)衆宝(しゅうほう)
(20)阿耨(あのく)
(23)瑠璃(るり)
(26)六時(ろくじ)
(29)合掌(がっしょう)
(32)持蓮(じれん)
(3)持経(じきょう)
(6)白衣(びゃくえ)
(9)施薬(せやく)
(12)水月(すいげつ)
(15)威徳(いとく)
(18)岩戸(いわと)
(21)阿摩提(あまだい)
(24)多羅尊(たらそん)
(27)普悲(ふひ)
(30)一如(いちにょ)
(33)灑水(しゃすい)

 

【参照】ウィキペディア『観音菩薩』の『普門示現』より引用


インナーウィッシュについて

インナーウィッシュとは?

インナーウィッシュとは?詳しくはコチラ>


サービス内容・料金

インナーウィッシュのサービス内容・料金はコチラ>



☆スポンサー広告☆



インナーウィッシュ

インナーウィッシュのミッションは日常生活の変容サポートです。変化のタイミングでお手伝いいたします。

●インナーウィッシュ・ホーム


関連ページ


関連ブログ


メニュー