花鳥風月の科学
花鳥風月の科学

花鳥風月の科学

 

花鳥風月はその背後にいくつものコードを忍ばせたモードによって、日本人が表現世界を維持していくためのシステムだった。『花鳥風月の科学』松岡正剛/著より引用。

 


以下の紹介内容は、下記より引用しています。

【参考】

『花鳥風月の科学』

松岡正剛(まつおかせいごう)/著
中公文庫

2004年6月25日初版発行

2012年7月10日第3版発行

 

それ以外の追加情報については、参照元を個別に記載します。

写真画像は、撮影した写真を使用しています。

 



 

「花鳥風月」という言葉は「雪月花」などとともに、日本の風物をあらわす言葉になっています。そのわりには、何を言いあらわしているのか、見えにくいところがあるのは否めません。日本の自然や四季にもとづいた用語であるため、その言葉だけではどんな動向を示そうしているのか、そこがつかみにくいわけです。

 

(中略)

 

そこで、花鳥風月的な気持ちの問題と、日本の社会的なしくみの変遷を同時に眺めるという新しい視点が必要になるのです。それには、花鳥風月をたとえば、神・仏・花・鳥・草・虫・魚・雪・月・風・水などのコードの組み合わせによって、新たなモードをつくりだすシステムの一種だとみなすことがどうしても必要です。すなわち、花鳥風月はその背後にいくつものコードを忍ばせたモードによって、日本人が表現世界を維持していくためのシステムだったという見方です。私が本書で採用した見方もこのシステム観をつかっているところがあります。もっと大胆にいうのなら、花鳥風月は日本人が古来から開発してきた独特のマルチメディア・システムだったということです。

 


以上の紹介内容は、下記より引用しています。

【参考】

『花鳥風月の科学』

松岡正剛(まつおかせいごう)/著
中公文庫

2004年6月25日初版発行

2012年7月10日第3版発行

 

それ以外の追加情報については、参照元を個別に記載します。

写真画像は、撮影した写真を使用しています。

 



関連ブログ

インナーウィッシュについて

インナーウィッシュとは?

インナーウィッシュとは?詳しくはコチラ>


サービス内容・料金

インナーウィッシュのサービス内容・料金はコチラ>



☆スポンサー広告☆



インナーウィッシュ

インナーウィッシュのミッションは日常生活の変容サポートです。変化のタイミングでお手伝いいたします。

●インナーウィッシュ・ホーム


メニュー