高次の集中力を保つ方法【日常生活の変容2】

高次の集中力を保つ方法

 

日常生活の中でも、高次の集中力を保ち続けるためには、どうすればよいのでしょうか。日々の生活の中で高次の意識を保ちつづけるための方法について、高次のサポートから得た内容をシェアします。

 

●第三の目・ハート・丹田

 

これは、意識を集中させるというよりは、エネルギーポイントに戻る方法です。第三の目の位置に集中力を管理するエネルギーポイントがあります。そのエネルギーポイントを定点として、常にそこに戻るよう心がけるのです。

 

この定位置は、瞑想の時にも重要なポイントになりますが、日常生活でも、このポイントにエネルギーの定点を維持すれば集中力を保つことができます。

 

第三の目の位置に定点を保つ際、目を動かさないよう意識するとよいでしょう。目の焦点が定まらない状態は、まさしく散漫な状態と言えます。

 

常に中心となる座する場所はハートチャクラですが、高次の意識を保つためには、ハートチャクラに座したまま、第三の目の位置にある第6チャクラに意識を定めるとよいでしょう。慣れれば一瞬でできるようになります。

 

丹田も魂の目的のエネルギーを宿す大切なポイントですが、丹田とハートだけを意識していると、集中力を欠き、高次の意識を保つことが難しくなります。

 

魂の目的を宿す丹田、中心となるハートチャクラ、集中するための第三の目に意識を保ちつつ、頭頂の第7チャクラから第1チャクラまで、高次の意識がスムーズに流れるようイメージしましょう。

 

もし、何か気がかりな事があっても、その思いを追いかけないことです。ただ、あるがままを認め、流れる雲のように流せばよいのです。つまり、気がかりな事を強化せずに、受け流すことです。

 

日常生活の中でも、高次の意識を保ちつづけるために、丹田・ハートチャクラ・第三の目を意識し、第7チャクラ〜第1チャクラまでのスムーズな流れを保ち、受け流すことを心がけてみましょう。

 

 

2016年8月8日 inner-wish

 


インナーウィッシュとは

●サービス内容・料金

インナーウィッシュのサービス内容・料金はコチラ>

自己変容プログラム(メールサポート)

 ●自己変容プログラム

人生の目的や方向性を確認。詳しくはコチラ>

お問合せ・お申込み

●お問合せ・お申込み

インナーウィッシュへのお問合せ・お申込みはコチラ>



☆スポンサーリンク



インナーウィッシュ

インナーウィッシュのミッションは日常生活の変容サポートです。変化のタイミングでお手伝いいたします。

●インナーウィッシュ・ホーム


関連ページ


メニュー