サナート・クマラ【自己変容の道3】

サナート・クマラ

 

サナート・クマラについて、『完全アセンションマニュアル[下]』より引用しています。

 


以降の紹介内容は、すべて下記より引用しています。

【参考】

『完全アセンション・マニュアル〔下〕』

ジョシュア・D・ストーン博士/著

紫上はとる/訳

株式会社ナチュラルスピリット(発行所)

 

画像については、無料素材を合成して作成したものです。

見出しは内容に合わせて作成しました。
それ以外の追加情報については、参照元を個別に記載します。

 



◆サナート・クマラとは

 

1850万年前、神座の前の7人の霊的存在の1人である地球系の惑星ロゴスが、サナート・クマラの名のもとに物質界への転生を遂げた。地球のための霊的聖師団を発足させたのは、このサナート・クマラである。

 

サナート・クマラは、三人の輝かしき存在たちとともに金星から到来した。彼らが来る前の地球は、重い大気におおおわれた暗い惑星で、霊的に見たエネルギー的上昇の可能性は皆無であった。サナート・クマラと同胞のクマラたちは、肉体でなくエーテル体として転生し、以来ずっと地球とともに在る。

 


◆サナート・クマラの所轄

 

サナート・クマラの所轄は人類の進化のみにとどまらず、鉱物、植物、動物といった地上の全存在の進化にも及んでおり、実際には惑星地球そのものがサナート・クマラの体なのである。ある意味では、われわれ全員が彼の輝かしきオーラの内側に暮らしていると言える。地球の進化に関する計画をその心識(マインド)に抱くサナート・クマラの外見は、りりしい若者のそれであると言われる。

 

サナート・クマラを支える三人のクマラはプラティエカ仏陀と呼ばれ、地球の進化を導くサナート・クマラの仕事を手伝っている。

 


◆サナート・クマラのチャネリング

 

このレベルのマスターになると、自らの意識を分割し、二カ所以上に同時に存在することができるのだが、私はこの能力について以前ジュワル・クールに問うたことがある。私は彼が地上に暮らす多くの人々を通してチャネリングを行なっていることを知っていたため、もし彼が、接触しているチャネルたち全員から、日曜日の午前10時の交信を希望されたらどうなるのか、そして何通りまでなら意識を分割した状態で明確かつ一貫した指導ができるのかを尋ねたのである。

 

ジュワル・クールによると、彼は同時に50人のチャネルに対して明晰な意識状態で交信でき、サナート・クマラやヴァイワマスに至っては、意識をいっせいに1000の部分に分割し、すべて同時にリーディングすることが可能という。

 

なおも素晴らしいことに、サナート・クマラはそうして投影された断片の一つにありながら、全断片の状況を網羅し、起こる全てを把握できるというのである。地球の進化を誘導する者は、これほどまでに壮大きわまる存在なのである。

 


◆地球の立案指導者

 

サナート・クマラは、第三から第六までのイニシエーションを取り仕切る者でもある。実際、彼は他の惑星ロゴスたちに比べると、若い惑星ロゴスではあるが、体験的見地からすれば、年長者の部類に入るとのことである。

 

サナート・クマラを地球の進化の「立案指導者」と呼ぶこともできる。ちょうどヘリオスが太陽系の神なる存在であり立案指導者であるように、実際サナート・クマラは地球の神たる存在なのである。

 


◆惑星聖師団を管轄

 

さらに彼が惑星聖師団を管轄していることも、ここで明確にしておくべきであろう。また、それとは別個に存在するものとして、太陽レベルの聖師団、銀河レベルの聖師団、さらに宇宙レベルの聖師団が存在することも重要項目として理解しておく必要がある。

 

またそれぞれの惑星には、その惑星独自の惑星ロゴスと惑星聖師団がある。驚くべきことに、こうして本書を手にしてられる方々にも、いつかみずから惑星の進化を統括する日が来るかもしれないのである。また、もし宇宙の進化を探求する道を選択したあかつきには、惑星レベルを越えた太陽系や銀河を管掌するようになる可能性まであるという。

 


◆サナート・クマラと地球の進化

 

サナート・クマラにとっては、地球の進化の完全なる総体が課題であるため、個別のアプローチにとどまることはない。それでも、彼は自身の秘儀参入者たちの進歩に関して注意を怠ることはない。まさに人類がそうであるように、サナート・クマラもまた進化の途上にあることはかならず理解しておいていただきたい。彼が宇宙レベルのイニシエーションを通過することが人類を助け、また人類が惑星レベルのイニシエーションを通過することが彼を助けるころになるのである。

 

サナート・クマラと地球の惑星聖師団は、太陽ロゴスと太陽聖師団からエネルギーを受け取っているが、それはちょうど彼らが銀河ロゴスと銀河聖師団からエネルギーを受けているのと同じである。こうした仕組みは、神そのものに到達するまで続くものである。それぞれのレベルごとにエネルギーは梯子を降りるように段階的に減少していくが、それは、そもそも始原のエネルギーの周波数があまりに高いため、そのまま届いたのでは受けての地球人類が炎上し、消失してしまうからである。

 


◆サナート・クマラのハイヤーセルフ

 

さて、ここでつけ加える必要があるのは、サナート・クマラの上にはヴァイワマスが存在し、ヴァイワマスはサナート・クマラの高次自己(ハイヤーセルフ)、あるいはモナドのレベルにあるということである。地球上の存在がそれぞれの魂やモナドから指針を受けるのと同様に、サナート・クマラもヴァイワマスから指針を受けている。ヴァイワマスは物質界の人々を介する情報伝達に通暁しており、しばしばそうした行為を手掛けることがある。また彼は、熟達した心理学者でもある。さらに、平均的な霊的案内役(ガイド)や教師には通ずることのできない宇宙レベルの情報にもよく通じ、それらの多くを地上にもたらすことができる。彼についての文献や、セッションから起こした書物も数多い。

 


以上の紹介内容は、すべて下記より引用しています。

【参考】

『完全アセンション・マニュアル〔下〕』

ジョシュア・D・ストーン博士/著

紫上はとる/訳

株式会社ナチュラルスピリット(発行所)

 

画像については、無料素材を合成して作成したものです。

見出しは内容に合わせて作成しました。
それ以外の追加情報については、参照元を個別に記載します。

 



インナーウィッシュについて

●サービス内容・料金

インナーウィッシュのサービス内容・料金はコチラ>

自己変容プログラム(メールサポート)

 ●自己変容プログラム

人生の目的や方向性を確認。詳しくはコチラ>

お問合せ・お申込み

●お問合せ・お申込み

インナーウィッシュへのお問合せ・お申込みはコチラ>



☆スポンサー広告☆



インナーウィッシュ

インナーウィッシュのミッションは日常生活の変容サポートです。変化のタイミングでお手伝いいたします。

●インナーウィッシュ・ホーム