クリスマス飾り・大雪・下弦の月

クリスマス飾り

お早うございます♪

 

いつもは外から眺めるお花屋さん。昨日は店内奥から通りやお客さんを眺める経験をしました。「夜勤明けにここに来ると癒されるのよ」という方や、クリスマス飾りをプレゼントに選ぶ方、みんな幸せそうに輝いて見えました。

 

外からはお花屋さんが輝いて見えるけれど、中からはお客さんが輝いて見える・・・という不思議な体験でした。

「大雪」の日

今日は二十四節気の一つ「大雪」の日。

氷が張り出して、街はクリスマスの飾りでにぎやかになる頃です。
一年を一日にたとえた時の夜11時くらいにあたる「大雪」は本格的に冬の充足期間に入り、より精神的・哲学的に思索を深める時です。
立春までの2ヵ月間の冬の取り組みで、来春の流れが変わってきます。今は現実的に物事が動かなくても、理想や信念を大切に行動していきましょう。

惑星通信より抜粋)

●「下弦の月」の日

今日は“神無月の下弦”の日。
下弦の月は、一ヵ月を花のライフサイクルにたとえた時、満月で開花したものが成熟し、再び新月へと結実していく過程にあたります。
物事の見直しや条件の再設定など、過去を振り返って整理整頓するのに最適な時です。今回の下弦では、満月の11月28日頃を振り返りながら、次の新月の12月13日へ向かっていくイメージで一ヵ月の後半を捉えてみましょう。 

惑星通信より抜粋)

 

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る