月と金星と水星と天王星、そして家族

月と金星と水星_20121212_0558
月と金星と水星_20121212_0558

 

お早うございます♪

今朝は、東の空に細い月とその左横に小さい水星、

上に金星が見えました。

夜明け前の3点セット!キレイでした。

 

明日13日(木)の新月を前に、

月はいよいよ細くなっています。

 

※新月前後や満月前後には体調の不調や感情の不安定さを感じる方も多いようです。ゆっくり過ごす時間を作れるといいですね。

 

※heliostera_20121212の図で見ても、

地球-月-水星-金星の位置関係がよくわかりますね!

本当は土星も見える位置にありますが、良く見えませんでした。

heliostera_20121212
heliostera_20121212

 

地球暦】によれば、今日は“水星と天王星の開き”の日。

 

88日=3ヵ月ごと会合する、水星と天王星の会合の周期は、地球にとって約90度の期間で、組み立てていく働きを持った建設的な周期です。

3ヵ月=四半期は予定の目安であり、90度=四角形は物事を形にします。私たちの体内では1ヵ月で肌、2ヵ月で筋肉、3ヵ月で骨の細胞が代謝しています。再び水星がめぐる時には、身体的にも生まれ変わり、環境も新しくなっています。

 

天王星の1周は84年で、ほぼ人生の長さです。一生かけて1周していく天王星に対して、水星は1年に4回会合しますので、年齢の数の4倍ほど周回していることになります。(【惑星通信】より抜粋)

 

プルモア占い_家族
プルモア占い_家族

天王星と水星の会合ということで、人生の節目を感じてみると、今は家族についての認識が、また新たになってきたように思います。

 

昨日、【プルモア性格占い】について紹介しましたが、その他にも色々な形で家族の資質や性格や特徴を調べることがあります。

 

そうした時に気づくのは、両親の持っていない、あるいは生かせていない資質を、子供たちが上手く表現してくれているなあということです。

 

私は常々、子供たちは私たちに何かを教えるために生まれてきてくれたと感じているのですが、こういう資質や性格や特徴を調べるたびに、あらためてそのことを実感し、幸せな気持ちになったりしています。

 

子供に限らず、出会う人はみんな、何かを見せてくれたり、教えてくれたり、与えてくれたりしているように思います。色々な出会いに感謝です。

 

今日もよい1日でありますように。

 

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る