■2014年ミニブログ

山を動かす力

山を動かす力


『山を動かす力』



キリストの言葉には

信じれば山を動かせる

という意味の言葉があります。

 


山を動かす力-キリストの言葉


はっきり言っておく。

だれでもこの山に向かい、

『立ち上がって、海に飛び込め』

と言い、少しも疑わず、

自分の言うとおりになると信じるならば、

その通りになる。


だから、言っておく。

祈り求めるものは

すべて既に得られたと信じなさい。

そうすればそのとおりになる。

 

マルコによる福音書11章22-24節

(聖書 新共同訳/日本聖書協会)

 



「山を動かす」ほど

強く信じる気持ちは持てないなあと

子供の頃から思っていたのですが・・・


信じれば山を動かせるのでしょうか?

 


山を動かす力-八郎-半日村


いつもはびっしり文章の書かれた

本を読んでいる次女が

珍しく絵本を2冊借りてきました。


斎藤隆介/著・滝平二郎/絵の

日本傑作絵本シリーズ

『八郎』と『半日村』です。


この2冊の絵本は、偶然にも

「山を動かす」お話でした。


この2冊の絵本を読んで、

私の長年の疑問が

ようやく解けた気がしたのです。



山を動かす力-八郎


八郎は大きくなりたくて

大きくなった大男。

自分でもどうして大きくなりたかったのか

まったくわからないまま

大きくなったのでした。


けれど村の小さな男の子が

八郎の八畳ほどある手のひらの上で

泣きながら助けを求めてきた時、

自分がどうして大きくなりたかったのか、

その理由に気づきます。


村の田畑を大波から守るため、

八郎は山を持ち上げて

海へ投げ入れたのでした。


それでも波が鎮まらないとわかると、

八郎自ら海へ向かい、

大きな体を海に沈めて村を救ったのです。


その後、泣いて助けを求めた少年は、

八郎のように大きくなって村を助けたいと

願うようになったそうです。

 


山を動かす力-半日村


半日村は高い山の影になっているため、

お昼からの半日しか日が当たりません。

そのためお米は半分しかできず、

村人はあおい顔で元気もないのですが、

大人たちは「悪い村に生まれた」と

諦めていました。


ところがある日、一平という少年が、

一人で山へ登り、土砂を持って山を降り、

土砂を湖に沈める作業を始めます。


「山が うごかせるもんじゃねえ」

「みずうみを うめられるもんじゃねえ」


と最初は馬鹿にしていた

子供達も、大人たちも、

次第に一平を手伝い始めます。

やがて村中の人びとが全員で

毎日山を削り出しました。


そうしてある朝、

村の田んぼに朝日がさすのです。

大人になった一平も村人も子ども達も

せいいっぱい朝日をあびて

大喜びで笑います。


こうして「半日村」は

「一日村」になったのでした。



花さき山-モチモチの木-三コ


私は子供の頃、このシリーズ絵本を

3冊持っていました。

『花さき山』『モチモチの木』『三コ』



でも実を言えば、

あまり好きではない絵本でした。


子供心に黒い絵が怖かったり、

読むたびに泣けたり、

悲しい気持ちや不安な気持ちになったり、

燃える山にかぶさって死んだりできない、

と高過ぎるハードルにうんざりしたり。


キリスト教徒なのに、

こう言っちゃなんですが、

一人「自己犠牲」で

死んでいくような話は、

なんとなく好きではなかったのです。


私はどちらかと言えば、

明るく力強い希望がわいてくる

そんな絵本が好きな子供でした。


この3冊はとても

インパクトの強い絵本だったので、

ちょっとしたトラウマに

なっていたように思います。


そういうわけで、

長女にも次女にも幼い頃には、

私から読み聞かせはしませんでした。


でも次女は保育園の頃に

『花さき山』『モチモチの木』を

読んだことがあったそうです。

そうしてやはり夜トイレに行くのが

ますます怖くなったそうです(笑)


けれど小学校で観た

「花さき山」のビデオに

『三コ』や『八郎』が出ていて

「読んでみたい!」と思ったらしく、

同時に、ストーリーを知っていた

『半日村』にも

強い興味を持ったようです。


もしかすると小学校中学年の今頃が

ちょうど良い時期なのかもしれません。

 

私も、次女が図書室で借りてきた

『八郎』と『半日村』を読んで、

ようやく、このシリーズに

「明るく力強い希望」が湧いてきました。


『八郎』はこの年になって読んでみると、

自己犠牲感よりも、

「なぜ大きくなりたかったのか」という

自分の人生の目的に気づいて、

それを達成して人生を終えた、

そういうスケールの大きい

爽快感を感じました。



山を動かす力-半日村


でも今回、最も感動したのは、

『半日村』の

みんなで力を合わせて

山を動かした話です。


誰もが諦めていた中、

たった一人の勇気ある小さな行動が、

波紋のように広がり、

「山を動かせる」という

皆の信じる力につながった、

この大いなる力に感動しました。


村人の喜びと笑いが

大地を揺らすように

感じられる絵本でした。


この目的を達成するために、

誰も犠牲になることなく、

誰も嘆き悲しまず、

誰も後を追いかけて死ぬ必要もなく、

全ては愛・調和・平和と

喜びのうちに完了したのです。


斎藤隆介氏はこの作品に

9年の歳月をかけたそうです。


『八郎』1967年

『花さき山』1969年

『三コ』1969年

『モチモチの木』1971年

『半日村』1980年


1985年に亡くなる

5年前の作品なのですね。

素晴らしい作品群を

世に産み出してくださった

斎藤隆介氏に心から感謝いたします。



山を動かす力


最後まで読んでくださって

ありがとうございます。 


「山を動かす力」を

一緒に信じることができますように。

「勇気ある小さな行動」を

みんなで積み重ねていけますように。

「明るく力強い希望」をもって

「共に生きる」ことができますように。


全ては愛・調和・平和のうちに。


愛と光と感謝をこめて



関連ページ


インナーウィッシュは日常生活の変容に役立てますよう、ホームページ作成・自己変容プログラム・役立つ情報の提供を行なっています。


「ちょうど変化のタイミング」という方に、メールサポート、対面セッション、ホームページ作成など色々なアプローチで変化をサポートいたします。

詳しくはコチラ>


関連記事


メニュー


0 コメント

シャクヤクの夢〜棘のない薔薇

シャクヤクの夢〜棘のない薔薇


『シャクヤクの夢〜棘のない薔薇』




不思議な夢を観ました。

大輪の花が沢山咲き乱れている

シャクヤク(芍薬)の鉢植えが

我が家に届いた夢です。


絶好調な時ならわかるのですが、

あいにく前日の私は絶不調。


根も葉もない噂を立てられていたことを知り、

かなりショックを受けていました。 


降って湧いたような災難に見舞われ、

腹も立ったし悲しかったしで、

久しぶりに落ち込んでいたのです。


そんな日の夜にシャクヤクの花が

夢の中で届けられました。


それは見事な美しいシャクヤクで、

夢の中でうっとり眺めていると、

私は深く深く癒されたのでした。



 

その夢で真夜中に目を覚まし、

夢占いのサイトを調べたのですが、

どうもピンとくるものがありません。


そこで今朝起きてから、

シャクヤクの象徴を調べることに。

するとありました!

ぴったりくる記述が!


[西洋シンボル事典,p.150] では、

peony(しゃくやく)は

棘のないバラである聖母マリアのシンボル。


シャクヤクの事をフランスでは「聖母のバラ」

スペイン・イタリアでは「山のバラ」

と呼ばれているそうです。


シャクヤクと聖母マリア


シャクヤクは聖母マリアの象徴だったのですね。

そして「棘のない薔薇」という表現が

あまりにも腑に落ちました。


薔薇も聖母マリアの象徴ですし、

愛の象徴でもあります。


でも「棘のない薔薇」という表現が

このシャクヤクにぴったりくる気がしました。

とても穏やかな優しさを感じたのです。


そして私が癒されたのは、

「棘のない薔薇」だからだ!

と気づいたのでした。




薔薇には全く悪気がないのですが、

棘が刺さると痛いです。

けれど薔薇の棘には、

身を守るほどの力はないそうです。


たぶん悪気がなかったと思われる

(そう思いたい)

悪い噂も棘のように痛いです。


そういう痛い棘のない

優しく美しいシャクヤクを贈られた夢は

身に沁みてありがたいものでした。

 

シャクヤク(芍薬)


自分の人生のプロセスの中で

色々な花を深く感じて

それぞれの善さを学んできました。


今回も、シャクヤクの花から

「棘のない優しさ」を学びました。


わたし自身もトゲトゲと

沢山の棘があるのだろうと思います。

それが今回返ってきたのかもしれません。


この機会にシャクヤクの花のように

棘のない優しさを身につけていきたい

そんな風に感じました。

また、そういう方向に進めるだろうという

良い予感を感じる夢でした。


何度も失敗するかもしれないし、

何年かかるかわかりませんが、

とにかく方向性をいただいたのだと思います。


そういう気づきが得られたということで、

痛い経験でしたが感謝したいと思うことができました。



そして最初からずっと、

「そんな事を言う人じゃない」と

噂を訂正して回ってくれた方の存在は、

まるでシャクヤクの花のように

美しく優しかったです。

心から感謝いたします。




【夢に関するブログ】


白い猿と不思議な夢たち







最後まで読んでくださってありがとうございます。

愛と光と感謝をこめて。



インナーウィッシュは日常生活の変容に役立てますよう、ホームページ作成・自己変容プログラム・役立つ情報の提供を行なっています。


「ちょうど変化のタイミング」という方に、メールサポート、対面セッション、ホームページ作成など色々なアプローチで変化をサポートいたします。

詳しくはコチラ>


0 コメント

☆2014年「ハートによる創造」愛・調和・平和・豊かさ「すべてはひとつ」「ありのままの自分」♪

☆2014年「ハートによる創造」愛・調和・平和・豊かさ「すべてはひとつ」「ありのままの自分」♪

メッセージを追加してリンクを紹介してくださいね♪


 

●2014年 新年のご挨拶

 

 新年のお慶びを申し上げます。

昨年のご厚情に感謝いたしますとともに、

みなさまのご健康とご多幸を

心よりお祈り申し上げます。

 


 

●新年のご挨拶&2013年を振り返って

 

●2013年のヴィジョン

昨年2013年新年のご挨拶には、

次のような願いを書いています。

 

愛・調和・平和が広がり溢れる

2013年でありますように!

 

お蔭さまで2013年は愛・調和・平和を

内側から外側に現実化できた

素晴らしい1年間でした。

 

愛・調和・平和に満ちた

地域ネットワークやSNS、

仕事関係や家庭生活を

築くことができたと

心から感謝しています。

 


 

●2014年のヴィジョン

 

●2014年のヴィジョン

 

インナーウィッシュ2014年

ヴィジョンはこんなイメージです。

 

2014年「ハートによる創造」

愛・調和・平和・豊かさ

「すべてはひとつ」

「ありのままの自分」♪

 

愛・調和・平和という静的なイメージに

 

ハートによる創造

豊かさ

「すべてはひとつ」

「ありのままの自分」

 というイメージを加えると

 

ダイナミックで豊かな生き生きとした動きのある

輝く生命エネルギーのようなものを感じます。

 

2014年「ハートによる創造」

愛・調和・平和・豊かさ

「すべてはひとつ」

「ありのままの自分」♪

 

このようなヴィジョンをもとに

インナーウィッシュの仕事も個人的な世界も

創造活動を広げてゆきたいと思っています。

 


 

●ヴィジョン強化エネルギー

 

ラクシュミ「明るい未来」

◆ラクシュミ「明るい未来」

「豊かさ」イメージ

ヒナ「自由」

◆ヒナ「自由」

「すべてはひとつ」の中の「ありのままの自分」イメージ

◆アマテラス「隠れ家から出る」

「ありのままの自分」イメージ


 


2014年のヴィジョンの中で

「豊かさ」

「すべてはひとつ」

「ありのままの自分」

という追加イメージを強化するために

 

◆ラクシュミ「明るい未来」

◆ヒナ「自由」

◆アマテラス「隠れ家から出る」

というカードを選びました。

 

インドの女神ラクシュミについては、

以前ブログに書いたこともあります。

【参照】●ヴィシュヌ&ラクシュミ~インドの神様

 

とても親近感を感じる存在で、

愛と豊かさが溢れ出すような

エネルギーを感じてます。

 

ヒナは良妻賢母な女神ですが、

月の世界で創造性を発揮した

という伝説から「自由」という

キーワードが当てはめられている

のかもしれません。

 

私が感じるのは、

単なる自由ではなくて、

宇宙・地球・自然・生命…

「すべてはひとつ」という

エネルギーの中にある自由です。

 

アマテラス「隠れ家から出る」については

「ありのままの自分」

を表現して生きるために

必要なエネルギーを感じます。

 

ありのままの自分は

各部分では自由に表現できますが

総合的にトータルな全体性として

「ありのままの自分」を表現して

生きられると嬉しいなあと思います。

 


 

●2014年が素晴らしい創造の1年になりますように。

 

2014年がみなさまにとって

素晴らしい創造の1年

となりますよう

心からお祈り申し上げます。

 

愛と光と感謝をこめて。

2014年1月1日 新月

 


インナーウィッシュとは?

インナーウィッシュとは魂の深い願いを意味しています。インナーウィッシュでは日常生活の変容を目的とし、情報・変容・実現をサポートするために各種サービスを提供しています。魂の深い願いに基づく、愛・調和・平和に満ちた日常生活の変容をサポートすることがインナーウィッシュのミッションです。

詳しくはコチラ>


ミニブログタイトル一覧:ミニブログタイトル一覧へ戻る

ミニブログ:ミニブログへ戻る

ホーム:ホームへ戻る

0 コメント