自分でできるように手伝う【今日の言葉】

自分でできるように手伝う

ドラマ『過保護のカホコ』が話題ですね♪

「過保護」だ「放任」だとよく夫婦喧嘩のネタにもなりますが、「過保護」でも「放任」でもない「自分でできるように手伝う」という教育について。

 

子どもはよく「自分で!」と言いますよね〜。忙しいお母さんにとっては恐怖の言葉だったりするのですが、これってとても大切なタイミング。子どもが最後まで自分の力でできるよう見守り、励まし、自分でやり遂げるための手助けをする必要があるそうです。

 

「やってあげるから」と代わりにやってあげたり、全く見ることなく放置してしまうなど、ついやってしまいがちなことがあります。「せきたてる」「先取りする」「中断させる」「肩代わりする」「ほったらかす」といった大人の介入の仕方が悪いと、困った現象が色々と出てくるのだとか。

 

自分でできるよう「必要に応じた」手助けをすることで、自然に「自分でできる力」がついていくのだそうです。そのためにはまず、「今、なにを感じ、なにをやろうとしているかをわかろうとする努力」と「愛のまなざし」が必要だそうです。

 

インナーウィッシュのサービスも、こんなふうに「自分でできるようになるためのサポート」を目指しています。

 

関連ページ:

●ひとりでするのを手伝って【自己変容の道】

●今日の言葉

 


ひとりでするのを手伝って【自己変容の道】

★2017年7月30日更新NEW!

●ひとりでするのを手伝って【自己変容の道】

過保護でも放任でもない「自分ひとりでできるように援助する」子育てについて、モンテッソーリの幼児教育『ママ、ひとりでするのを手伝って!』から紹介しています。

詳しくはコチラ>

 


☆スポンサー広告☆



メニュー