真の友情について【自己変容の道】

真の友情について

真の友人の見つけ方、真の友情の育て方について、『人間の永遠の探求』の著者・パラマハンサ・ヨガナンダの言葉を参考にして紹介しています。

 


以下の紹介内容は、下記を参考に作成しています。

『人間の永遠の探求』パラマハンサ・ヨガナンダ講話集

著者:パラマハンサ・ヨガナンダ

発行所:森北出版株式会社

発行年:

1998年2月16日第1版第1刷発行

2012年8月24日第1版第11刷発行

 

画像については、無料素材を合成して作成しています。

小見出しは追加しました。

追加情報については参照元を個別に記載します。



心が十分強くなるまでは良い環境が必要

 

ヨガナンダは周囲の環境の大切さについて次のように説明しています。『環境の力というものは、あなたの意志の力よりも強く、あなたの人生に最も大きな影響を与えます。』もし環境の悪影響を受けている場合には、環境を変えることも必要であると伝えています。

 

悪い環境に身を置き続けることにより悪を行ってしまうことを避けるよう、ヨガナンダは次のように表現しています。

 

『これ以上悪を語り、悪を思い、悪を行なってはなりません。ばらの花のように、あなたの魂の甘い善意の香りを周囲いっぱいに漂わせなさい。』

 

また、『心が十分に強くなるまでは、よい環境の助けなしに自分を改善することはほとんど不可能』であるという理由から、『霊的な仲間』や『霊的高揚を与えてくれるもの』の助けの必要性を説いています。

 


最初は交友を選ぶこと

 

ヨガナンダは、『何よりも大切なことは、交友を選ぶことです。』と伝えていますが、これはブッダがダンマパダの中でも力説していることです。

 

イエス・キリストは「敵を愛しなさい」と教えていますが、そのような境地への段階的なプロセスを、ヨガナンダは次のように、わかりやすく説明しています。

 

『心の曲がった人との間に友情を築こうとすると、幻滅を感じさせられます。ですから、最初は真に善良な人と友人になり、しだいに範囲を広げて、誰に対しても友情を感じられるようになりなさい。そして最後には、「たとえ敵であっても、私にとってはすべての人が友である」と言えるようになりなさい。』

 


利己心のない友情

 

真の友人を引き寄せる方法として、ヨガナンダは次のことを勧めています。

 

『自分の中から利己心や、そのほかの醜い性格を取り除かねばなりません。友人をつくる最高の方法は、自分の性質を浄化して、利己的な衝動を排除し、純粋で、霊的に振る舞うようにし、また、前世からすでに友情の基礎のできている相手との間に友情を築き上げることです。』

 

真の友情が汚染される原因については、次のように説明しています。

 

『利己的な思わくや異性的興味によって汚染されないかぎり純粋なものですが、とかく汚染されがちです。友情は、心のいちばん奥にある直覚の木に実りますが、有害な欲望や利己的な行動が汚染を引き起こします。』『お互いの間に少しでも相手になにかを要求する気持ちがあるとき、そこに友情は育ちません。』

 

 


友情は家庭から

 

友情は親子や夫婦の間にも存在するとヨガナンダは次のように説明しています。

 

『友情は、親子の間にも、夫婦の間にも、男どうしの間にも、女どうしの間にも、また男女の間にも、すべての人間関係に存在すべきものです。そこに条件はありません。』

 

更に、友情は家庭から始められるべきであることを述べています。

 

『友情は家庭から始められるべきです。もし、家族や親族の中で、特に気の合う人がいたら、まずその人との友情を育てなさい。次に知り合いの中であなたと同じ理想をもち、特に心惹かれる人がいたら、その人との関係を育てなさい。』

 


過去生からの友情を育てる

 

見知らぬ者どうしが一目で互いに助け合おうという気になる理由について、ヨガナンダは過去生の観点から次のように説明しています。

 

『友達になろうという自発的な気持ちは、神の聖なる引力の法則から直接生じるのです。つまり、二つの魂の過去生における相互間の友情の積み重ねが、現世においても自然に引き付け会うカルマの絆をつくるのです。』

 

ヨガナンダは、このような友を見出だす簡単な方法を伝えています。

 

『毎日顔を合わせていても、何も感じない人もいれば、一目見ただけで、昔からよく知っているように感じる人もいます。自分の内部からの合図がわかるようになりなさい。』

 

また、過去生の友情を発展させることの利点を次のように説明しています。

 

『その人は過去生においてあなたの友だった人です。あなたと過去生で友達だった人は大勢いますが、その人たちとの友情はまだ完成されてはいません。友情は、このようにすでにある土台の上に築く方が、行きずりの砂地に新しく穴を掘って築くよりも、よい結果が得られます。友情のない形だけの友達は、一見、大勢いて心強く思えても、すぐに傷つけられ、幻滅を感じさせられます。』

 

そして、すべての人を愛すると共に、聖なる友情を育てることができるよう伝えています。

 

『あなたの愛をすべての人に与えなさい。そして、聖なる友情を理解し、それを身につけるために、前世からの友を見つけて友情を確かめ合うことができるように祈りなさい。』

 

 

 


真の友人を瞑想で見分ける

 

真の友人を見分ける方法として、ヨガナンダは瞑想を勧めています。

 

『真の友人を見分ける唯一の方法は、瞑想することです。この聖なる方法で友達を見分けようとすれば、容姿その他の外面的要素に惑わされずに相手の実体を直感することができます。』

 

瞑想の結果、真の友人が集まり、聖なる友情を感じられるようになるとヨガナンダは伝えています。

 

『自分のまわりに真の友人を集めることができるようになります。こうした、神に忠実で謙虚な人たちを通して、あなたは聖なる友情を感じることができます。聖なる友情の光は、そういう清らかな心を通して、あなたの中に流れ込んで来るのです。』

 


以下の紹介内容は、下記を参考に作成しています。

『人間の永遠の探求』パラマハンサ・ヨガナンダ講話集

著者:パラマハンサ・ヨガナンダ

発行所:森北出版株式会社

発行年:

1998年2月16日第1版第1刷発行

2012年8月24日第1版第11刷発行

 

画像については、無料素材を合成して作成しています。

小見出しは追加しました。

追加情報については参照元を個別に記載します。



関連ページ

良き人と歩む【自己変容の道】

2017年9月22日更新NEW!

●良き人と歩む【自己変容の道】

生涯の友やパートナーの選び方について、『苦しまない練習』の著者・小池龍之介氏の説明を、ダンマパダの引用と共に紹介しています。詳しくはコチラ>

 

パラマハンサ・ヨガナンダ

●パラマハンサ・ヨガナンダ【役立つ情報】

パラマハンサ・ヨガナンダに関する役立つ情報を紹介しています。詳しくはコチラ>

慈悲の瞑想

●アルボムッレ・スマナサーラ - 慈悲の瞑想【自己変容の道】

私の嫌いな人々も幸せでありますように 私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように 私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように 私の嫌いな人々に悟りの光が現れますように。詳しくはコチラ>

 


☆スポンサー広告☆



メニュー