二人が一つになる【自己変容の道2】
二人が一つになる【自己変容の道2】

二人が一つになる

 

「二人が一つになる」道について『男女のスピリチュアルな旅』より紹介しています。

 

『公園の父〜夫婦愛の完成法』ブログに、「夫婦が一つになる」という表現は、20年以上前に読んだ本にも書かれていた覚えがあるのですが、本のタイトルも著者も思い出せず、参照できませんでした。と書きましたが、それがこの本でした。本棚の奥から見つけました(笑)

 


以下の紹介内容は、すべて下記より引用しています。

【参考】

『男女のスピリチュアルな旅』

魂を育てる愛のパートナーシップ

ジョン・ウェルウッド/著

島田啓介/訳

日本教文社/出版

 

画像は無料写真素材より作成。見出しは内容に応じて作成。それ以外の追加情報については参照元を個別に記載します。

 



◆聖なる道

 

結婚生活に生命を吹き込むのは、「聖なる道」としてそれを見なおすことである。その聖性は、家族や社会や教会が与えてくれるものではない。愛情を具体的な形にしようとする二人の情熱的な努力だけが、結婚を聖なる道にするのだ。

 


◆歩み寄る

 

そのためにはお互いに隠し立てをせずに歩み寄り、こんなふうに確かめ合うことだ—「私はあなたを受け入れ、私の思いと心を注いで、あなたの心のすべての部分に触れよう。あなたも私にそう働きかけてほしい。一緒に努力を続けて、二人の持つパワーと可能性のすべてを発揮できるように助け合おう」

 


◆男と女は一体になる

 

男と女がその力を一致させれば、順調なときも辛いときも、ぶつかり合うときも、喜び合うときも、それはみな、聖なる道の一部であることがわかる。二人の違いがどのようなものであれ、結婚によって、自分と相手、男と女は一体になり、「二つが一つになる」ことが実現するのである。

 


◆両極を一つに結びつける

 

人生のさまざまな両極—天上のインスピレーションと地上の現実—とを一つに結びつけるという結婚の働きは、これまでほとんど認められることがなかった。家族への義務を背負った古い結婚の形態はあまりに地上的であるし、また一方、「すべてを手に入れ」たり、「永遠に幸せになれます」式の昨今の結婚観は、あまりに稚拙で地に足がついていない。

 


◆錬金術的な関係

 

結婚を錬金術的な関係と考え、自分たちの最良の部分を引き出そうと努力している夫婦は、ほんの一握りだろう。しかしわずかであれ、そうした先駆者たちが新しい方向を探っていくことで他の多くの人たちの道しるべとなることは、歴史が今までにも充分証明している事実だ。

 


以上の紹介内容は、すべて下記より引用しています。

【参考】

『男女のスピリチュアルな旅』

魂を育てる愛のパートナーシップ

ジョン・ウェルウッド/著

島田啓介/訳

日本教文社/出版

 

画像は無料写真素材より作成。見出しは内容に応じて作成。それ以外の追加情報については参照元を個別に記載します。

 



●関連リンク

●結婚記念日26回目に思うこと〜最愛の喧嘩相手【ミニブログ】
●結婚記念日26回目に思うこと〜最愛の喧嘩相手【ミニブログ】

2018年6月13日更新NEW!

●結婚記念日26回目に思うこと〜最愛の喧嘩相手【ミニブログ】

26回目の結婚記念日。最も仲がよく、最も沢山喧嘩した相手と結婚生活を幸せな方向に育てることができたのは、ある本のおかげでした。

詳しくはコチラ>

二人の衝突を道にする【自己変容の道2】
二人の衝突を道にする【自己変容の道2】

2018年6月13日更新NEW!

●二人の衝突を道にする【自己変容の道2】

二人の衝突を道にするプロセスについて『男女のスピリチュアルな旅』より紹介しています。結婚26周年記念日に更新♪これは本当に役立ちましたよ!

詳しくはコチラ>

男女の情熱〜本質と扱い方【自己変容の道2】
男女の情熱〜本質と扱い方【自己変容の道2】

2018年6月7日更新NEW!

●男女の情熱〜本質と扱い方【自己変容の道2】

「男女の情熱」の本質とその扱い方について『男女のスピリチュアルな旅』より紹介しています。

詳しくはコチラ>

結婚の次元と創造【自己変容の道2】
結婚の次元と創造【自己変容の道2】

2018年6月6日更新NEW!

●結婚の次元と創造【自己変容の道2】

外なる結婚、内なる結婚、隠された結婚。これら三つの次元どうしは、互いに高め合っていく。『男女のスピリチュアルな旅』より紹介しています。

詳しくはコチラ>

ツインレイ

●ツインレイ【自己変容の道2】

 「ツインレイ」は究極的な存在です。あなた方は二人ともに低次元を克服し、一つの愛、一つの生命、一つの存在として帰還するところまできたのですから。詳しくはコチラ>

 

良き人と歩む【自己変容の道】

●良き人と歩む【自己変容の道】

生涯の友やパートナーの選び方について、『苦しまない練習』の著者・小池龍之介氏の説明を、ダンマパダの引用と共に紹介しています。詳しくはコチラ>

 

原始仏教における慈悲

2015年6月22日更新NEW!

●夫婦愛の完成法【自己変容の道】

夫婦愛の完成とは、異体同心――二つの異なった人格から、新たに一個の人格を作り上げることを意味する。詳しくはコチラ>

原始仏教における慈悲

●公園の父〜夫婦愛の完成法【ミニブログ】

「夫婦が一つになる」という表現は、20年以上前に読んだ本にも書かれていました。詳しくはコチラ>


☆スポンサー広告☆



関連ブログ


関連ページ


メニュー