エゴには慈悲で距離をおく【日常生活の変容2】

エゴには慈悲で距離をおく

 

「エゴに支配された状態」は苦しみのもとです。「自他のエゴには慈悲心をもって距離をおく」という方法について、高次のサポートから得た内容をシェアします。

 


 

○エゴに支配された人に同情し近づいてはならない。

その同情心はエゴの餌になってしまうから。

 

○エゴに支配された人に敵対してはならない。

その敵対心は、エゴの防衛力・支配力を強化するから。

 

○エゴに支配された人を支援してはならない。

その支援はエゴの肥大化を招き、

人々を不幸の道へ連れて行くから。

 

○本人がエゴの支配から離れるまで、

慈悲心をもって距離を置き、そっとしておきなさい。

やがて経験と智慧により時期が来れば自ら学ぶだろう。

 

 

2017年4月13日 inner-wish

 


 

○エゴに支配された自分に同情し近づいてはならない。

その同情心はエゴの餌になってしまうから。

 

○エゴに支配された自分に敵対してはならない。

その敵対心は、エゴの防衛力・支配力を強化するから。

 

○エゴに支配された自分を支援してはならない。

その支援はエゴの肥大化を招き、

人々を不幸の道へ連れて行くから。

 

○自分がエゴの支配から離れるまで、

慈悲心をもって距離を置き、そっとしておきなさい。

やがて経験と智慧により時期が来れば自ら学ぶだろう。

 

 

2017年4月13日 inner-wish

 


関連ページ

ハイヤーセルフの言葉【自己変容の道】

●ハイヤーセルフの言葉【自己変容の道】

あなたが自らのエゴによって産み出してしまうものは止められない。だから思考に注意して、内なる光に意識を向けなさい。

詳しくはコチラ>

 

変異における身体的症状【自己変容の道】

●変異における身体的症状【自己変容の道】

「スピリチュアルな意義づけ」と「スピリチュアルな野心」はエゴの自己防衛であり、しかも残念ながらめったに当人はそれに気づいていないか、または認めないのです。

詳しくはコチラ>

 

黄金の鍵チェックリスト【自己変容の道2】

●黄金の鍵チェックリスト【自己変容の道2】

「神は、人間から自我(エゴ)をぬいた存在である」という有名な神の定義である。否定的自我(ネガティブ・エゴ)は、あなたと自己実現との間に立ちはだかる山脈である。

詳しくはコチラ>

 

ラスト・バリア【自己変容の道】

●ラスト・バリア【自己変容の道】

平均的な人間は、自分が何かの原因であり、従って、あらゆることはエゴの中心から始まって、それが外側の人生というスクリーンに写し出されると考えている。このエゴの中心の空間に住んでいる限り、見かけの変化はあり得ても真の変化は起こり得ない。

詳しくはコチラ>

 

スピリチュアルガイダンス【自己変容の道】

●スピリチュアルガイダンス【自己変容の道】

ガイダンスに従うことは、自分を守ろうとして守ることのできないアウターエゴを系統だてて手放すことである。

詳しくはコチラ>

 

休むこと〜創造プロセス【日常生活の変容2】

●休むこと〜創造プロセス【日常生活の変容2】

もしエゴの活動で心身霊がいっぱいで、あらゆる悩みや不安や怒りや悲しみを引きずっているなら、それは休んでいるわけではありません。全てを「空」にして白紙にして休む必要があります。

詳しくはコチラ>

 

高次のサポート【自己変容の道2】

●高次のサポート【自己変容の道2】

大切なのはエゴや野心のためのガイダンスではなく、愛・調和・平和や魂の成長のためのガイダンスを求める姿勢だと思います。

詳しくはコチラ>

 


インナーウィッシュとは

●サービス内容・料金

インナーウィッシュのサービス内容・料金はコチラ>

自己変容プログラム(メールサポート)

 ●自己変容プログラム

人生の目的や方向性を確認。詳しくはコチラ>

お問合せ・お申込み

●お問合せ・お申込み

インナーウィッシュへのお問合せ・お申込みはコチラ>



☆スポンサーリンク



インナーウィッシュ

インナーウィッシュのミッションは日常生活の変容サポートです。変化のタイミングでお手伝いいたします。

●インナーウィッシュ・ホーム


メニュー