●はやぶさ2地球へ〜応援メッセージ

はやぶさ2地球へ〜応援メッセージ
はやぶさ2地球へ〜応援メッセージ

※ヘッダ画像はフリー画像を編集して作成しました。

2020年12月6日、はやぶさ2が地球に帰還。2014年の打ち上げ前年に応援キャンペーンに応募した18万3174件の名前は小惑星リュウグウへ。再突入カプセルが22万6800件となり、合計で40万9974件の名前ははやぶさ2と共に宇宙を旅してきたことになります。我が家も7年前にキャンペーンに応援メッセージを送ったことを思い出しました。

 


【NEW】カプセル発見・回収

2020年12月6日更新NEW!

 

探査機「はやぶさ2」から分離された小惑星リュウグウの岩石が入っているとみられるカプセルが、日本時間6日午前4時47分ごろ、オーストラリア南部の砂漠で発見されたそうです。

 

カプセルには、打ち上げ前に国内外から募集したメッセージやイラスト、氏名計約25万件を記録したメモリーチップも搭載されているとのこと。

 

【参考】はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還(毎日新聞)

 

日本の探査機「はやぶさ2」のカプセルが地球に帰還し、オーストラリアに入っているチームが着地したカプセルを回収しました。カプセルには小惑星の砂が入っているとみられていて、今後、飛行機で日本に運ばれることになっています。

 

↓流れ星のように帰還したカプセルと見守る人々の映像動画も。

【参考】探査機「はやぶさ2」のカプセル地球に帰還 現地チームが回収(NHK)

 


【追加】はやぶさ2と共に宇宙を旅した名前の合計

2020年12月6日更新NEW!

 

2014年9月の記事より下記の情報が書かれていました。

 

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9月1日、小惑星探査機「はやぶさ2」に記録・搭載する名前やメッセージを募集した「星の王子さまに会いにいきませんかミリオンキャンペーン2」の公募結果を発表した。

 

募集内容はターゲットマーカに名前を印刷したアルミシートを封入するタイプと、再突入カプセル内に名前やメッセージなどを搭載するタイプの2種類。ターゲットマーカは「はやぶさ2」が小惑星に設置する際の目印となるもので、小惑星に投下され、そこに留まる。再突入カプセルは小惑星の砂を持ち帰る役割を果たす装置で、ミッション終了予定の2020年に地球に帰還する。登録件数はそれぞれターゲットマーカが18万3174件、再突入カプセルが22万6800件となり、合計で40万9974件となった。

 

【参考】「はやぶさ2」と共に宇宙を旅する名前・メッセージは約41万件(マイナビニュース)

 

↓「星の王子さまに会いにいきませんかミリオンキャンペーン2」の募集詳細が掲載されていました。

 【参考】JAXA、「はやぶさ2」に載せる名前・メッセージ募集キャンペーンを実施(マイナビニュース)

 


地球に向かうはやぶさ2撮影

 

ニュースで地球に向かう「はやぶさ2」を撮影した写真を見つけました。すごいですね。

本当に小さな点なのですが、地球に向かっているんだと実感できました。

 

 

『国立天文台は26日、小惑星「りゅうぐう」の砂を収めたカプセルを持ち帰るため、地球に向かって飛行中の探査機「はやぶさ2」を、すばる望遠鏡(米ハワイ島)で撮影した写真を公開した。』(時事通信より)

 



はやぶさ2応援キャンペーン

 

「はやぶさ2」の打ち上げ前に「星の王子さまに会いにいきませんかミリオンキャンペーン2」が実施され、私たち家族は応援メッセージをと共に応募したことを思い出しました。

 

星の王子さまに会いにいきませんか ミリオンキャンペーン2
星の王子さまに会いにいきませんか ミリオンキャンペーン2

「はやぶさ2」の打ち上げ前に実施された「星の王子さまに会いにいきませんかミリオンキャンペーン2」では、「はやぶさ2」のターゲットマーカへの名前記載に加え、再突入カプセルに搭載するメモリチップに記録するお名前やメッセージ、イラスト・寄せ書き等の募集が行われました。

 

【参照】星の王子さまに会いにいきませんか ミリオンキャンペーン2



ターゲットマーカの名前検索

 

私たちが応募した応援メッセージはどうなったのか調べるうちに、応募者の名前検索ができるサイトを見つけました。そこで、はやぶさ2が小惑星リュウグウにタッチダウンするときの目印になるターゲットマーカーと再突入カプセルに応募者の名前が搭載されていることを知りました。

 

私たちの名前が宇宙の小惑星まで届いたなんて、不思議な気持ちになりました。ちなみに我が家は全員同じブロックに刻まれていました。(ターゲットマーカーと再突入カプセルの両方みたいです)

 

下記のサイトから応募者が自分の名前またはIDで検索できます↓

【名前検索サイト】星の王子さまに会いにいきませんか ミリオンキャンペーン2

 

ターゲットマーカーを包む内側のシートに応募者全員の名前が刻まれています。

 

名前検索サイトで、ターゲットマーカーシートの、どのブロックに名前が刻まれているか調べることができます。

 



小惑星リュウグウに到着

 

はやぶさ2は小惑星リュウグウに到着し、投下したターゲットマーカを目印にタッチダウン。

 

「はやぶさ2」は2014年12月3日に打ち上げられました。2015年12月3日の地球スイングバイを経て、2018年6月27日に小惑星リュウグウに到着しました。そして、2019年末にリュウグウを出発し、2020年末に地球に帰還する予定です。

【参照】JAXAはやぶさ2プロジェクトミッション

 


リュウグウとイトカワの大きさ【JAXA】
リュウグウとイトカワの大きさ【JAXA】

小惑星リュウグウは、1999年5月10日に発見しました。2015年7月から8月にかけて命名キャンペーンが行われて、同年9月に「リュウグウ(Ryugu)」と名付けられました。大きさは約900m。



はやぶさ2のミッション

 

「はやぶさ2」は、「はやぶさ」後継機として小惑星サンプルリターンを行うミッションです。

 

「はやぶさ」は世界で初めて小惑星からその表面物質を持ち帰ることに成功しましたが、そのミッションには多くのトラブルがありました。「はやぶさ2」では、「はやぶさ」の経験を生かして、よりトラブルの少ない確実なミッションを目指します。

 

リュウグウはC型の小惑星ですが、太陽系が生まれた頃(今から約46億年前)の水や有機物が、今でも残されていると考えられています。地球の水はどこから来たのか、生命を構成する有機物はどこでできたのか。そのような疑問を解くのが「はやぶさ2」の目的です。

 

【参照】JAXAはやぶさ2プロジェクトミッション

 

「はやぶさ2」はリュウグウからの玉手箱を地球に届けた後、新たなミッションを行うことになっています。拡張ミッションと呼ばれ、目的地は微小小惑星「1998 KY26」です。 このミッションは10年を超える長期間のもので、その旅程で様々な試みを行いながら、高速自転する「1998 KY26」へのランデブーを目指します。

 

【参照】JAXAはやぶさ2拡張ミッション

 


応援メッセージ

 

我が家は応援メッセージなんて書いたかなあ?と娘たちと想像していたのですが、ハードディスクの深いフォルダに保存していたのを発見!

 

2013年4月に応募していましたので7年前に書いた応援メッセージです。当時は2020年の7年後なんて想像できず、いったいどんな風に変わっているんだろう?はやぶさ2の無事を祈りながら、我が家の無事も一緒に祈った気がします。

 

7年間、我が家は笑ったり、泣いたり、怒ったり、楽しんだり、悲しんだりと色々なことがありました。当時は中2と小2だった長女と次女も、それぞれ大3と中3に成長しました。でも共に、はやぶさ2の帰還を見守ることができて本当によかったです。(次女は8才だった自分のメッセージに笑ってました)

 

はやぶさ2応援メッセージ
はやぶさ2応援メッセージ

応援メッセージは次のように書かれていました。

 

◆主人:

みんなの夢も一緒に運んできてください。信じて待っています。

◆私:

地球が平和な星になるように皆で頑張りながら待っています!

◆長女:

必ず帰ってきて皆に笑顔と希望を届けてください。待ってます!

◆次女:

いま8さいなので2020年には15さいです。がんばってください。

 



沢山の人々の応援

 

応援キャンペーンに応募した人数は18万3174人だそうです。それは世界中で応援している人々のごく一部でしょう。

 

「はやぶさ」から「はやぶさ2」と続くプロジェクトに関わった全ての人々と、見守り応援してきた全ての人々の思いを載せて、宇宙を旅してきたことがわかります。

 

↓下記は2020年9月14日〜の応援メッセージサイト(現在も募集中)

【参照】JAXA「はやぶさ2」地球帰還 応援メッセージ

  


再突入カプセルの観測についての情報

 

JAXAのサイトでは、2020年12月6日オーストラリアのウーメラに戻ってくる再突入カプセルを観測するための情報がまとめられています。また、「Reentry AR」という任意の場所から見た再突入カプセルの予測軌跡をAR(拡張現実)で表示するアプリ(JAXA監修)がToriningen社よりリリースされ、無料でダウンロードできるそうです。

 

【参照】JAXA再突入カプセルの観測についての情報

 

地球に向かう探査機の運用【JAXA】
地球に向かう探査機の運用【JAXA】
観測日時・場所【JAXA】
観測日時・場所【JAXA】

ARアプリについて【JAXA】
ARアプリについて【JAXA】
ARアプリダウンロードサイト【JAXA】
ARアプリダウンロードサイト【JAXA】


宇宙探査ミッション

 

「はやぶさ2」の新たな挑戦により、太陽系天体への往復探査技術を確実なものにするとともに、太陽系誕生や生命誕生の秘密にさらに近づくことができると期待されているそうです。

【参照】JAXAはやぶさ2プロジェクトミッション

 

「はやぶさ2」は、リュウグウからのカプセルを地球に届けたあと、また小惑星探査の旅に向かうようですね。

 

「はやぶさ2」をはじめ、数々の宇宙探査ミッションが次々に遂行されています。これらのプロジェクトに関わる多くの人々(と協力されているご家族の皆さま)の努力が実り、宇宙がより身近なものとなりますよう、地球の沢山の皆さまと共に祈っています。

 

JAXAはやぶさ2プロジェクトサイトはコチラ↓