クリスマスの過ごし方変遷

心の声【インナーウィッシュ】
心の声【inner-wish】一覧▶︎

 

幼い頃から現在までのクリスマスの過ごし方変遷を振り返ってみようと思いました。

 

まだ小さかった頃、クリスマスの朝起きると両親に、「サンタさんがソリに乗ってプレゼントを届けてくれた」と喜んで報告したことがあります。すると父が「あれはお父さんが買ってきたものだ」と(正直に)言うので、「ソリが家の前に停まったのも夢だったのかな?」と思い返しました。けれどソリに乗ってきたサンタさんがあまりにも鮮明で、リアルだったので、「本当はサンタさんが来たのかも」と心の中に可能性を残しておくことにしました。信じている子どもは、心から信じていると実感できる思い出です。

 

小中学生になると、教会のクリスマスイベントが楽しみでした。家でアイスケーキやチキンを軽く食べた後、教会のクリスマスミサに行き、夜遅くまで教会の持ち寄りパーティーでお祭り騒ぎを楽しんでいました。大人のゲーム企画、歌やダンス、子どもの劇など盛り沢山で、友達と夜遅くまで騒げる日という自由な印象が残っています。

 

高校時代は部活が土日祝日関係なかったので、「クリスマスって何?」というような日々を過ごしていたように思います。

 

大学生になると、クリスマスは好きな人(今の夫)に何をプレゼントするか、一緒に何をして過ごすか、というような日になりました。考えるのは面倒で大変だったし、悩んだ期間の割りに、当時はあっという間に過ぎてしまうので、次第に「なかなか大変な日だ」と思うようになりました。また、クリスマス特有の喧嘩もあったり、色々な出来事もありました。それでも、やっぱり思い出深い日でした。

 

1人暮らしをしてからも、結婚してからも、時々1人で過ごすクリスマスという年もありました。そういう年は、自分のためにケーキを買って、クリスマスの曲を聴きながら静かな時間を過ごしていたように思います。

 

結婚して子どもができると、一転して非常に大変な日になりました。まずクリスマスは、私が何かしないと何も始まらなくなったのです。つまりクリスマスのスタートボタンを自分で押して、自分で働き始めないと、何も起こらない。

 

この感じは最初、本当に衝撃でした。そして、それまでのクリスマスが、毎年「与えられる側」であり、独身時代の「ニュートラルな立場」を通り過ぎて、これからは「与える立場」になったのだと、突然気付かされたのです。

 

まず長女が生まれた最初のクリスマス。その年は、長女・夫・私の3人全員がインフルエンザで寝込んでしまいました。クリスマスの飾り付けはしていたけれど、当日の夕食や手作りケーキの準備が残っていて、買い物に行ってくれる人も作ってくれる人も看病してくれる人もいません。長女の初めてのクリスマスをどうしてもお祝いしたいと、高熱を出したまま泣きながらケーキを作ったのを覚えています。

 

それからは毎年、サンタさんの仕事が増えることになりました。幼い頃にサンタさんを信じたかった記憶があるだけに、できる限りサンタさんのお届けサポートを継続する必要がありました。サンタ村にお手紙を依頼したり、サンタの追跡状況を見せたり、世界中にサンタを手伝う人がいるし、時々両親も手伝いを頼まれると説明したり。欲しいものをそれとなく聞き出し、時には直感に頼り。仕事の合間に買い出しに行き、ネット注文できても品切れになって慌てたり。計画や買い物や配達は極秘に進め、当日は夜中寝静まるまで眠れず、音を立てることもできず。長女・次女合わせて15年くらいはサンタプロジェクトを遂行していました。

 

友人たちに「サンタはパパやママだ」と言われても信じ続けていた長女は、ある日両親の打ち合わせを耳にして、ショックを受けたそうです。その後は長女もサンタプロジェクトに協力してくれました。次女も友人たちから「サンタはそんな可愛い物を選ばない。ママだよ」と言われても信じ続けていたのですが、中学生になる直前に私たちがギブアップしました。「サンタさんから届けてもらうのと、自分で選ぶのどっちがいい?」と聞くことにしたのです。「自分で選ぶ」と言った次女は、「あっぱれな質問だった」と今でも笑って話してくれます。

 

子どもの頃のクリスマスが楽しい思い出だったので、楽しいクリスマスを娘たちに・・・と思うのですが、毎年「与える側のクリスマス」はなかなか大変なことです。年末は仕事も忙しく、忘年会なども多く、体力的にもへとへとで、大掃除もままならず、それでも「クリスマスプロジェクト」のスタートボタンを押し続けてきたように思います。

 

ここに来てようやく、娘たちも「友達と過ごす」などと我が家のクリスマスを当てにしなくなってきたので、少し肩の力を抜いて過ごせるようになってきました。少しクリスマス感の出る装飾や料理で、なんとなくクリスマスができればいいかなと、ほっこりし始めた感じです。

 

そうしてようやく、本来の「キリストが生まれた日」の意味について、思いを馳せたりする時間が持てるようになってきました。「愛」のために生まれたキリストの、その「愛」を家族や周囲の人、世界中の人に伝えることはできているだろうか、これからの人生では、どのように実現していけるだろうか?そんなことを、あたたかい心で、思いめぐらせる時間が持てるようになった気がします。

 

お一人お一人が、それぞれの時期に、それぞれのクリスマスをお過ごしのことと思います。どのような時期であっても、愛と光が在ることを思い起こせますように。愛と光に気づけますように。

 

2021年12月24日 inner-wish

愛と光と感謝を込めて

インナーウィッシュ


関連ページ

心が満たされるクリスマスを【おすすめ記事特集】
心が満たされるクリスマスを【おすすめ記事特集】

心が満たされるクリスマスを

2021年12月24日更新NEW!

心の中にある、あたたかさ、平和に満たされるクリスマスをお祈りしています。内なる愛・調和・平和・光・喜びに満たされ、外にある愛・調和・平和・光・喜びとつながりますように。

2021年12月24日 inner-wish

 ●心が満たされるクリスマスを【おすすめ記事特集】NEW!

 



心の声一覧

心の声【インナーウィッシュ】
心の声【inner-wish】一覧▶︎