サービス内容・料金【inner-wish】

サービス内容・料金

インナーウィッシュでは①情報(情報紹介・電子ブック)②変容(自己変容プログラム)の2サービスを提供しています。

 本ページまたは各ページのフォームより、お気軽にお問い合わせ・申し込みください。

 


2つのサービス


①情報サービス

①情報(情報紹介・電子ブック)
①情報(情報紹介・電子ブック)▶︎

日常生活の変容情報紹介

②変容サービス

②変容(自己変容プログラム)
②変容(自己変容プログラム)▶︎

日常生活の変容メールプログラム



お知らせ

 

インナーウィッシュでは2020年に向けてサービス内容を整理し、

①情報(情報紹介・電子ブック)

②変容(自己変容プログラム)

の2サービスを中心に展開することになりました。

 

③実現(ホームページ作成・リーフレット作成・名刺作成)サービスにつきましては、新規のご注文を受け付けることができません。これまでのご利用に深く感謝申し上げます。

 

①情報②変容の2サービスを中心に、よりよいサービスをお届けできますよう誠心誠意努めてまいります。今後ともインナーウィッシュのご利用よろしくお願い申し上げます。

2019年12月5日 inner-wish

 


①情報サービス

①情報(情報紹介・電子ブック)
①情報(情報紹介・電子ブック)▶︎

情報紹介

役立つ情報

インナーウィッシュでは、日常生活の中で、穏やかに自己変容プロセスを歩み、調和のとれた生き方へ向かうために役立つ情報を紹介しています。

詳しくはコチラ>

 

サービス内容 変更内容 料金
①情報サービス 変更なし 無料/電子ブック料金

アフィリエイトとスポンサー広告料により本サイトの情報紹介を運営しています。

 

電子ブック

『魂の目的を生きる』〜魂の目的を日常生活に活かす方法〜

●魂の目的を生きる

PDF電子ブック:1,980円

魂の目的を思い出し、日常生活で活かすためのPDF版電子ブック。『魂の目的を生きる』〜魂の目的を日常生活に活かす方法〜 詳しくはコチラ>


②変容サービス

②変容(自己変容プログラム)
②変容(自己変容プログラム)▶︎

自己変容プログラム

自己変容プログラム(メール)
自己変容プログラム(メール)

●自己変容プログラム(メール)

自己変容に役立つメールプログラムです。

遠方や多忙な方、ご自分のペースで進めたい方のメール相談サービスです。人生の変化や今後の計画時に内面を整理するためにご利用ください。スマホメールもOKです♪

詳しくはコチラ>

 

コース基本3パターン

コース内容・期間等、ご相談・ご要望に応じます。

お気軽にお問い合わせください。

サービス内容 コース内容 料金
②変容サービス 自己変容プログラム全コース▶︎
●メールプログラム1回 1回コース▶︎

5,000円

●メールプログラム3回 3回コース▶︎

12,000円

●メールプログラム10回 10回コース▶︎ 30,000円
◆メールプログラム1回割引 追加1回コース▶︎ 4,000円
◆メールプログラム3回割引 リピーター3回コース▶︎ 9,000円

詳しくはコチラ>

お客様の声【自己変容プログラム】
お客様の声【自己変容プログラム】

●お客様の声【自己変容プログラム】

自己変容プログラムをご利用いただいたお客様の感想です。掲載してもよいかお声がけして了承していただいた方の感想のみ掲載しています。

お客様の声はコチラ>


お支払い方法

申込フォームの「お支払い方法」で下記をお選びください。

①銀行振込:口座番号をメールでお知らせします。

②サービスチケット(クレジットカード決済):チケット購入枚数をメールでお知らせします。※チケット販売ページを参照してください。

  

銀行振込の場合

ジャパンネット銀行の口座番号をお知らせいたします。

 

クレジットカード決済の場合

クレジットカード(Visa・Master Card・American Express)のご利用が可能です。

 



お問合せ・お申込み

下記フォームよりお申込みください。 こちらからメールにて返信いたします。

文末の注意事項を事前にご確認ください。


メモ: * は入力必須項目です

注1)パソコンメールで返信いたします。24時間以内に返信がない場合は、迷惑メールフォルダに入っていないか、拒否していないかご確認の上、お手数ですが返信が届かない旨を、問合せフォームで再送信してください。

 

注2)インナーウィッシュのサービスは、健康な方、日常生活、社会生活に問題がない方を対象に行っております。精神疾患を抱えておられる方、パーソナリティ障害の方、自立(自律)した日常生活が困難な方、摂食障害・睡眠障害・中毒症状(薬物その他に関する依存症状)のある方は、対応できませんので医療機関ほか各専門機関にご相談ください。

 


☆スポンサー広告☆