信頼とは何か【日常生活の変容2】

信頼とは何か

 

「信頼とは何か」について色々な観点から紹介しています。

 


【目次】

(1)安心して生きる上での基盤のようなもの

(2)安らぎ・リッラクス・前途に希望

(3)何があっても大丈夫・良い方向に進む希望

(4)信じること+安心感・半永久的・親愛の情

(5)目的と手段が信用できる状態

(6)再びよい方向へ向かうだろうと思わせる何か

(7)成長過程を含めての信用

(8)預け任せられる状態・目的が信用に値する

 


(1)安心して生きる上での基盤のようなもの

 

信頼とは、安心して生きる上での基盤のようなものです。生きている環境が信頼できるものであれば、安心してリラックスでき、心穏やかにすごせますが、信頼できない環境であれば、常に油断できない緊張感を残したまま生きることになります。生きる環境を信頼できる状態に近づけていくことはとても大切です。

 


(2)安らぎ・リッラクス・前途に希望

 

信頼とは、安らぎです。意図を疑う必要のない、安心感のある状態とも言えます。信頼できる状態にあると、人はありのままリラックスして生きることができます。また、信頼のできる状況での成長は、非常にスムーズで、滞ることや躊躇することがありません。信頼とは全身全霊が喜んで光に向かうような状態です。またその前途は希望に満ち溢れた状態でもあります。

 


(3)何があっても大丈夫・良い方向に進む希望

 

信頼とは、安定した、穏やかな、大きく揺れ動かない状態です。たとえ大きく揺れ動いたとしても、その揺れは次第に治まるだろうと思える状態とも言えます。信頼とは、何があっても、どのような状態であっても、大丈夫と思えるような状態を指します。また、良い方向に進むだろうという希望も含まれます。

 


(4)信じること+安心感・半永久的・親愛の情

 

信頼とは、信じることと安心感が結びついた状態です。また一時的な感情ではなく、半永久的に感じられるものです。さらに状況が変化したとしても大丈夫と感じられる何かであり、そこには親愛の情も含まれます。

 


(5)目的と手段が信用できる状態

 

信頼の重要なポイントは、その目的と手段にあります。目的と手段が信用できるものであれば信頼でき、そこが信用できなければ信頼できません。

 


(6)再びよい方向へ向かうだろうと思わせる何か

 

信頼とは、たとえよくない状況に陥っても、再びよい方向に向かうだろうと思わせる何かです。それは、そのものの存在意義のようなものかもしれません。

 


(7)成長過程を含めての信用

 

信頼とは成長過程を含めての信用です。未来に成長するであろうという希望をもって信じること、それが信頼です。

 


(8)預け任せられる状態・目的が信用に値する

 

信頼とは、何事かを預け任せられる状態です。それは完璧である必要はなく、成長も含めて信じられるかどうかにかかっています。その根本にあるのは目的意識です。その目的が信用に値するものかどうかは非常に重要です。

 

2017年11月3日 inner-wish

 


関連ページ

◆スターゲート_女性的パターン【自己変容の道】 

「愛、真実、美、信頼、調和、平和」のパターンを

唱え続けることができれば、心配はいりません。

それは女性的パターンです。信頼と調和があるところには必ず平和が存在するというのが女性的要素です。

 

詳しくはコチラ>>

信頼【役立つ情報】

2017年11月3日更新NEW!

●信頼【役立つ情報】

「信頼」に関する役立つ情報を紹介しています。

●信頼【役立つ情報】はコチラ>

日常生活の変容

●日常生活の変容

日常生活の中で穏やかに変容していくために、最初に必要なことは、日常生活の中で「思い・言葉・行ない」を整えることです。そのために必要な視点をハイヤーセルフの言葉や高次の情報から紹介しています。ご自分の状況や課題に合った情報をお選びください。

詳しくはコチラ>

日常生活の変容2

日常生活の変容2

日常生活の中で穏やかに変容していくために、次に必要なことは、日常生活の中で「意識」を整えることです。そのために必要な視点をハイヤーセルフの言葉や高次の情報から紹介しています。ご自分の状況や課題に合った情報をお選びください。

詳しくはコチラ>

 


☆スポンサーリンク



メニュー