いつか自分らしく扉を開く【日常生活の変容3】
いつか自分らしく扉を開く【日常生活の変容3】

いつか自分らしく扉を開く


2021年7月1日更新NEW!

前に進めない時は「いつか自分らしく扉を開く」と思うことが役立ちます。時期尚早、準備不足、恐れ、不安、色々な状況などで、前に進めないと感じることがあります。そういう時は「いつか自分らしく扉をひらく」と思うことで、強い抵抗感が緩み、その方向へ小さな一歩を踏み出す力が出てきます。また「他の人のようにできない」と思う必要もなくなり、実際にそれまでの想像とは異なる自分らしい方法で扉を開いて進むことができるようになります。

2021年7月1日 inner-wish

 


関連ページ

次の扉に気づいて成長する【おすすめ記事特集】
次の扉に気づいて成長する【おすすめ記事特集】

次の扉に気づいて成長する【おすすめ記事特集】

次の扉に気づいて開くと、新たな成長プロセスが始まります。「扉を開きたい」と思った時、「進めるかもしれない」という希望と共に、新しい成長プロセスが始まります。


できることから少しずつ【おすすめ記事特集】
できることから少しずつ【おすすめ記事特集】▶︎

できることから少しずつ【おすすめ記事特集】

目的や理想の実現は「できることから少しずつ」が役立ちます。「できることから少しずつ」は全体に調和する大きな変容をもたらします。 


幸せをイメージして小さなことから【おすすめ記事特集】
幸せをイメージして小さなことから【おすすめ記事特集】

幸せをイメージして小さなことから【おすすめ記事特集】

幸せをイメージして小さなことから始めることは役立ちます。小さな一歩が積み重なることで幸せな結果に近づいていきます。 



☆スポンサー広告