目的のヴィジョンを保つ
目的のヴィジョンを保つ

目的のヴィジョンを保つ

 

2019年3月12日更新NEW!

 人生・魂の目的を見出し、そのヴィジョンを保ち続けること、目的の実現を熱望し、実現のために力を注ぐこと。

 


特集記事

熱望と欲望の違い【自己変容の道】
熱望と欲望の違い▶︎

●熱望と欲望の違い

心から何かを願う熱望は、自分が望む目的を達成しようという気持ちであり、熱望を持たなければ、どんな目的も達成することはできません。>>

 

見えない道【自己変容の道】
見えない道▶︎

●見えない道

自分の行動の背後にある動機と意図を探り、人生の目的を学びなさい。動機が純粋であるように、自分の意図を常に明確にしなさい。>>

 


ヴィジョンを保つ【日常生活の変容2】
ヴィジョンを保つ▶︎

●ヴィジョンを保つ

プロセスの最初から最後までヴィジョンを保つこととが非常に大切になります。そのヴィジョンそのものが現実化を牽引する役割を果たすからです。>>

 

運命を拓く【自己変容の道】
運命を拓く▶︎

●運命を拓く

心に描き終わったならば、それを固く固く心に守り、どんなことがあっても、決して変更させたり動揺させたりしてはならない。>>

 


自分のつとめに専念せよ【今日の言葉】
自分のつとめに専念せよ▶︎

●自分のつとめに専念せよ

他人にとっていかに大事であろうとも、他人の目的のために自分のつとめをすて去ってはならぬ。自分の目的を熟知して、自分のつとめに専念せよ。>>

 

思考と感情が一つになった時に【自己変容の道】
思考と感情が一つになった時に▶︎

●思考と感情が一つになった時に

思考と感情。この2つがひとつになったとき、「山よ動け」と言うなら「山は動くだろう」と言っているのです。>>

 


魂の目的【自己変容の道2】
魂の目的▶︎

●魂の目的

ひとりひとりに人生の目的があります。この人生で生まれ出てこようと決めたきっかけです。それは、生まれる前の願いに関係しています。>>

 

人生の目的を生きる【自己変容の道2】
人生の目的を生きる▶︎

●魂の目的を生きる

「何のために生まれてきたのか」すっかり忘れていたとしても、その記憶の断片は人生の中にヒントとして現れています。>>



おすすめ記事特集メニュー

3月のおすすめ記事特集↓

今月のおすすめ記事特集↓



☆スポンサーリンク☆