心の本質を生活の中に【日常生活の変容3】
心の本質を生活の中に【日常生活の変容3】

心の本質を生活の中に

 

2021年11月3日更新NEW! 

 生活の中で心の本質を感じるということは、思考や感情や行動の背後に心の本質を感じながら生きるということです。心の本質を感じながら生きると、変わらない愛・調和・平和が「常に在る」という印象が次第に増していきます。

 


心の本質とは

 

心の本質とは思考や感情の隙間に感じられる存在の状態です。本来、心の本質はいつも存在の全てに満ち溢れています。それは、変化する空模様の背後に在る青空のようです。全てが移り変わる中で変わらざるものです。

 

心の本質を感じながら生きる

 

心の本質を感じるということは、思考や感情が雲のように自然に流れている状態の背景にある青空を同時に感じるのと似ています。心の本質を感じながら生きると、変わらない愛・調和・平和が「常に在る」という印象が次第に増していきます。

 

意識の定位置を心の本質に置く

 

思考や感情にだけ意識を向けていると、心の本質を感じられなくなります。日常的に、揺れ動く感情や思考からニュートラルな状態に戻すよう習慣づけていると、意識の定位置を心の本質に置くことができます。

 

感情や思考を心の本質に解き放つ

 

感情や思考が固まった状態で心に蓋をするようになると、心の本質が感じられなくなり、エネルギーが不足するようになります。心に蓋をしていることに気づいた時は、心の本質に感情や思考を解き放つことで、愛・調和・平和に満ちたエネルギーが自然に流れるようになります。それはまるで大空に両手を広げた子供の心のようです。

 

心の本質を感じながら生活する

 

生活や仕事の忙しさの中でも心の本質を見失いがちです。けれど生活や仕事の中で、思考や感情や行動と共に心の本質を感じ続けることも可能です。生活の中で心の本質を感じるということは、思考や感情や行動の背後に心の本質を感じながら生きるということです。

 

 2021年11月3日 inner-wish

 


関連ページ

心の本質である光について

●心の本質である光について【自己変容の道】

思考と感情が除々に静まり、やがて沈黙し、心の本質へと溶け込んでいくゆくとき、わたしたちは一瞬、心の本質をかいま見ることがある。

詳しくはコチラ>

 

心の本質を思い出す【日常生活の変容3】
心の本質を思い出す▶︎

●心の本質を思い出す【日常生活の変容3】

「愛と調和」や「愛と光」や「愛と至福」など、根源の存在のエネルギーは、私たちに共通の根源的な存在の中にあるのです。つまり、一人一人の中にあります。正確には私たちの内側と外側に。ですが、思考や感情の雲に覆われて、その根源のエネルギーが感じられなくなっているのです。

詳しくはコチラ>


存在を感じる【おすすめ記事特集】
存在を感じる▶︎

存在を感じる【おすすめ記事特集】

目に見えるものの背後に隠れている「存在」。「存在」はすべての基礎であり、本質は至福だといいます。


穏やかな状態に戻る【おすすめ記事特集】
穏やかな状態に戻る▶︎

穏やかな状態に戻る【おすすめ記事特集】

「穏やかな状態に戻る」ということは、背景の大きな青空に意識を向けるようなものだと思います。 


愛・調和・平和・高次意識の常駐【おすすめ記事特集】
愛・調和・平和・高次意識の常駐▶︎

愛・調和・平和・高次意識の常駐【おすすめ記事特集】

日常の生活や仕事の中で、「愛・調和・平和・高次意識の常駐」を意識することは役に立ちます。「愛・調和・平和・高次意識の常駐」に役立つ記事を集めました。



☆スポンサー広告