慈悲

慈悲【役立つ情報】

 

慈悲に関する役立つ情報を紹介しています。 


慈悲・思いやりを育てる

慈悲の心の育て方【自己変容の道】
慈悲の心の育て方【自己変容の道】

慈悲の心の育て方【自己変容の道】

慈悲の心の育て方について『心の平和』ダライ・ラマ十四世/著より引用しています。


思いやりを育てる【自己変容の道】
思いやりを育てる【自己変容の道】▶︎

思いやりを育てる【自己変容の道】

思いやりを育てる方法について『思いやりのある生活』ダライ・ラマ十四世/著より引用しています。


慈悲の心を育む

●慈悲心を育む【日常生活の変容】

「慈悲の心を育む」ということは、浮かんでは流れていく色々な心の反応に気付きながら、「よい変化を促し見守るまなざし」を育てて行くことだと言えるでしょう。

詳しくはコチラ>

 

心の平和と慈悲

心の平和

●心の平和【自己変容の道】

本当の世界平和は、心の中に育まれたひとりひとりの「心の平和」によって築かれるべきものであり、そのために愛と慈悲の心、つまり「やさしさと思いやり」が必要とされているのです。

詳しくはコチラ>

 

怒りと慈悲

慈悲で怒りの心を制する

●慈悲で怒りの心を制する【自己変容の道】

自身の中にある怒りという敵を調伏しないなら 外の敵を倒しても憎しみはますます増大するばかり それゆえ、慈悲という軍隊で自身の心を征服する それが菩薩の実践である。三十七の菩薩の実践より

詳しくはコチラ>

 

三十七の菩薩の実践

●三十七の菩薩の実践【自己変容の道】

交われば三毒(貪・瞋・癡)が増大し、聞・思・修の行が疎かになり慈悲がなくなりはじめる そのような悪い友を捨てること、それが菩薩の実践である

詳しくはコチラ>

 

瞑想と慈悲

慈悲の瞑想

●慈悲の瞑想【自己変容の道】

「慈悲の瞑想」は「慈しみ」の心を育てるもっとも効果的な方法です。日常生活の中で少しの時間でもあれば、この言葉を絶えず持続して自分の心に言い聞かせてください。そうすれば必ず短い間に自分の心が変わっていくことに気づきます。

詳しくはコチラ>

 

ハートの呼吸法・瞑想

●ハートの呼吸法・瞑想【自己変容の道】

これは慈愛の技法。苦しみのすべてを吸い込んで、祝福のすべてを注ぎ出す。すると、あなたは驚くだろう。自分の内側に世界の苦しみすべてを受け入れた瞬間、苦しみはもはや苦しみではなくなる。

詳しくはコチラ>

 

トン・レンの瞑想

●トン・レンの瞑想【自己変容の道】

トン・レンを学び、自分の幸せと他者の苦しみをまさしく交換する、それが菩薩の実践であります。「自他の交換」を正しい動機でおこなうなら、それがたとえ一時的なものであっても、私たちに大きな幸せをもたらすことでしょう。

詳しくはコチラ>

 

仏教と慈悲

原始仏教における慈悲

●原始仏教における慈悲【自己変容の道】

初期の仏教では、特に他人のために教を説いて迷いを除き、正しいさとりを得しめることが慈悲にもとづく重要な活動とされている。

詳しくはコチラ>

 

慈悲を修してはならぬ場合

●慈悲を修してはならぬ場合【自己変容の道】

慈悲が、感性的なものに溺れている人にとっては、慈悲を修してはならぬ場合があるということが説かれている。すなわち、慈悲の観法は、心に瞋恚の高ぶっている人にとっては必要であるが、貪愛の強い人にとっては不適当であるというのである。

詳しくはコチラ>

 

Compassion

Compassion【自己変容の道4】
Compassion【自己変容の道4】

Compassion【自己変容の道4】

Compassion(コンパッション:日本語では一般的に「慈悲」「思いやり」などと訳される)について、ジョアン・ハリファックス博士の著書『Compassion』より引用しています。


受容と慈悲深さ

意識のマップ【自己変容の道3】
意識のマップ【自己変容の道3】

●意識のマップ【自己変容の道3】

◇エネルギーレベル350:受容

「受容」とは人生をあるがままに受け入れるということです。そこには感情的な穏やかさがあり、否定を乗り越えることでものごとの見方も広がります。経験の内容が拡大され、「全体像を見る」ことができるのです。「受容」は本質的にバランス、割合、適切さに関係します。

詳しくはコチラ>