自他にあたたかい心で

更新日:2022/12/01 公開日:2019/12/09

インナーウィッシュ/プロフィール/メインメニュー/更新情報

自他にあたたかい心で【おすすめ記事特集】
自他にあたたかい心で【おすすめ記事特集】

自他にあたたかい心で

自他にあたたかい心で接する

寒い日や天気が悪い日でも、状況や体調が悪い日でも、立場や考え方が違っていても、何かするしないに関わらず、自他にあたたかい心で接することは可能です。愛とあたたかさを自分と他者に向けるよう心がけてみましょう。内側からあたたかくなります。そして心の愛・調和・平和につながります。

2019年12月9日 inner-wish 

自他にあたたかい心を向ける

自他にあたたかい心を向けることは、まず心の中から始めます。心の中で自他にあたたかい心を向けましょう。そして心の中があたたまったら、そのあたたかさを周囲に広げます。それは、ろうそくの火を灯した時に自然に周囲があたたまるようなイメージです。あたたかい心でいると、周囲の人にもあたたかさが伝わり、周囲の人からも自然にあたたかさが広がります。

2022年12月1日 inner-wish


特集記事

あたたかい光を灯す【日常生活の変容4】
あたたかい光を灯す【日常生活の変容4】

●あたたかい光を灯す

心の中にあたたかい光を灯すよう心がけていると、誰かの心にあたたかい光が灯るかもしれません。そのような、あたたかい光の連鎖は、もしかすると心が冷え切った遠い誰かまで届き、命を助けることにつながるかもしれないと思います。>>

心の平和【自己変容の道】
心の平和【自己変容の道】

●心の平和

他者へのあたたかい親近感が深まれば、自然に自分の心も休まってくるものです。この気持ちは、どんな恐れや不安を抱いていても、それを取り除く手助けとなり、直面する障害と闘う力を与えてくれます。これが、人生における究極的な成功の源になるのです。>>

 

慈悲の瞑想【自己変容の道】
慈悲の瞑想【自己変容の道】

●慈悲の瞑想

生きとし生けるものが幸せでありますように。生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように。生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように。生きとし生けるものに悟りの光が現れますように>>

 


愛とあたたかさ【日常生活の変容】
愛とあたたかさ【日常生活の変容】

●愛とあたたかさ

もし愛が感じられず、寒々とした心の状態であるならば、今すぐにでも、愛は全てに満ちあふれているということを思い出しましょう。>>

 

春のあたたかい心で【鬱に役立つ方法】
春のあたたかい心で【鬱に役立つ情報】

●春のあたたかい心で

「春のあたたかい心」とは、春の陽だまりの中にいるような、そんな心の状態です。そのような心持ちでいると、実際に身体中が温まり、リラックスしてきて呼吸も自然に深くなり、エネルギーの流れが改善されます。>>

 

愛と光【日常生活の変容】
愛と光【日常生活の変容】

●愛と光

何か嫌なことがあったり、腹が立ったり、悲しんだりしたからといって、愛と光の意識から遠ざかる必要もありません。どんな状態であっても、「愛と光に満たされる」と思うだけでいいのです。>>

 



関連記事

まず自分を愛と光で満たす【おすすめ記事特集】
まず自分を愛と光で満たす【おすすめ記事特集】

まず自分を愛と光で満たす

まず自分を愛と光で満たしましょう。自分が愛と光に満たされ溢れ出した時、周りの人にも伝わります。


温かい心を広げる【おすすめ記事特集】
温かい心を広げる【おすすめ記事特集】

温かい心を広げる

まず自分自身の心身を温めましょう。愛や思いやりの温かさを意識して、ハートから全身〜周囲へ広げます。これを習慣にすることで、日常生活の全てが愛の温かさに満たされるようになります。続きを読む

●温かい心を広げる【おすすめ記事特集】


思いやりを育てる【自己変容の道】
思いやりを育てる【自己変容の道】

思いやりを育てる

思いやりを育てる方法について『思いやりのある生活』ダライ・ラマ十四世/著より引用しています。


慈悲の心の育て方【自己変容の道】
慈悲の心の育て方【自己変容の道】

慈悲の心の育て方

慈悲の心の育て方について『心の平和』ダライ・ラマ十四世/著より引用しています。



おすすめ記事特集【最新】