成長の機を待つ
成長の機を待つ

成長の機を待つ

2019年4月9日更新NEW!

すべてに時があります。種を蒔く時、種が芽を出す時、花が咲く時、実りの時、収穫する時。全てに適切な時があります。成長には「待つ」タイミングがありますが、私たちの成長はいつも多くの存在から「待ってもらっている」ということを思い出すことが大切です。

 


期待を手放す
期待を手放す▶︎

「期待を手放す」ということは、自他がより自由に成長できるようになるということです。そして自他の成長について愛をもって「期を待つ」という本来の「期待する」態度に立ち返ることができるのです。

啐啄(そったく)の機
啐啄(そったく)の機▶︎

自他の変化・変容についても同様です。変わった方がいい、成長した方がいい、といくら思っても、その時機を見誤ると上手くいきません。息を合わせ、ちょうど良い時機を捉える必要があるのです。そのためには「機を待つ」ことも必要になります。


願いの種を育てる
願いの種を育てる▶︎

種が小さな芽を出すまでは、「待つ」という仕事があります。この芽を出すのを信じて待つ期間はとても大切です。そして、この種が必ず芽を出し、大木に育ち、多くの人々にとって幸せな実りをもたらすことを信じて待つのです。

休むこと〜創造プロセス
休むこと〜創造プロセス▶︎

人生の目的や願いを叶えるためにも「頑張ること」や「努力」は欠かせません。「人事を尽くして天命を待つ」の諺のとおり、人は出来る限りのことを努力をして、結果は天に任せるのが良いとされています。


高次のサポート-総合的な変容プロセス▶︎
高次のサポート-総合的な変容プロセス▶︎

「待つプロセス」に関する理解が必要です。変容においては時に 「待つ」期間も大切です。今後、多くの皆様を支援する上で、そのことは大切にしてあげてください。「待つ」時期は「魂の熟成期間」だとお考えください。

ラスト・バリア
ラスト・バリア▶︎

びんのふたをきつく閉め、四十昼夜置いておく。この時間は、創造のプロセスが進行するために必要な長さなのだ。この時間の終わりには、すべてがバランスのとれた状態となり、最も素晴らしい具合に混ざり合う。


成長を加速させる
成長を加速させる▶︎

霊的成長は、段階的なものとは限らず、瞬間的に起こりえるのです。たとえば、内なる平和、より多くの集中力、自己愛などについて考えてください。一年とか五年とか、あるいは一生も待つ必要はないのです。今すぐに、そのような質をより強く感じるようになれます。

 

黄金の鍵チェックリスト
黄金の鍵チェックリスト▶︎

すべてのこと、そして自分自身を含むすべての人を許す。『奇跡のコース』にも、「許しは、幸福への鍵である」とあるように、怨恨はただ自分自身を傷つけ、輪廻転生のサイクルにしばりつけるだけである。



☆スポンサーリンク☆