思考による創造〜愛か恐れか
思考による創造〜愛か恐れか

思考による創造〜愛か恐れか

2019年6月26日更新NEW!

思考に注意する必要があります。思考に「愛」か「恐れ」のいずれかがプラスされることで、愛による創造か、恐れによる創造のタネを蒔くことになるからです。意識して恐れを手放し、愛に満ちた思考に切り替えることで、愛による創造のタネを蒔くことができます。

 


特集記事

思考と感情が一つになった時に
思考と感情が一つになった時に▶︎

●思考と感情が一つになった時に

「思考」に「愛」を引き上げてくるか、「愛と感じないもの~恐れ」を引き上げてくるか。思考と感情。この2つがひとつになったとき、「山よ動け」と言うなら「山は動くだろう」と言っているのです。>>

 

黄金の鍵チェックリスト
黄金の鍵チェックリスト▶︎

●黄金の鍵チェックリスト

感情には、愛と怖れの二つしかないことを忘れないでいただきたい。その中間的思考は存在せず、すべての現実は、愛か怖れのいずれかから生じている。>>


成功・豊かさへの道
成功・豊かさへの道▶︎

●成長・豊かさへの道

楽しい思考をめぐらすことだ。愛に満ちた思考をめぐらすことだ。体中の血管を通じて、善意を流すことだ。そうすれば、あなたには、もはやいかなる薬も必要ない。>>

 

宇宙の法則に即して生きること
宇宙の法則に即して生きること▶︎

●宇宙の法則に即して生きること

あなたが普段から望まないことではなく、経験したいことのほうへ思考を向けるということが、いかに大切なことであるかに気づいてください。意図的に「思考」を作用させ、望むとおりの現実を「創造」をしましょう。>>

 


日常生活の秘密
日常生活の秘密▶︎

●日常生活の秘密

自分の思考、感情、行動が、みずから生きるの生きる世界をつくり上げることを私たちは理解するようになるでしょう。準備ができていないとは、恐れや憎しみなどを全部持ってきてしまうという意味です。あなたが新しい世界に、愛、調和、平和、そして神と自分自身への信頼という思いだけを持ち込んでいれば、そういう世界が展開することを意味しています。>>

 

調和した想念の重要性
調和した想念の重要性▶︎

●調和した想念の重要性

正しい想念とは、本質的に、その想念を抱く人とその環境にとって調和的で有益な想念のことです。どんな想念でも、その想念を抱いた人とその環境に対して、何らかの影響を及ぼします。個々人の一つ一つの想念、言葉、行動が、宇宙全体に影響を及ぼしているのです。>>

 


無意識に種を蒔かない方法
無意識に種を蒔かない方法▶︎

●無意識に種を蒔かない方法

「ありのままを観る」ことに慣れ、それが変化することを思い出し、高次の采配で必要に応じた役割を果たすよう心がけることができれば、無意識に反射的に思考の種を蒔き散らすことはなくなり、意識的に良い種を蒔けるようになると思います。>>

 

心の本質である光について
心の本質である光について▶︎

●心の本質である光について

エネルギーの高まりに何らかの執着が入り込むと、そのエネルギーは必ずや思考へと結晶化する。そのエネルギーが感情と思考の形をとると、それはわたしたちを行為へと駆り立て、カルマを積み上げる結果を呼び寄せる。>>

 


潜在能力を発揮させる技術
潜在能力を発揮させる技術▶︎

●潜在能力を発揮させる技術

考え方が変わればニューラル・ネットワーク(神経回路網)も変わる。ネガティブな思考にとらわれるとニューロン(神経細胞)が死亡し、ポジティブな思考をすれば脳内の幹細胞から新しいニューロンが誕生する。人間は、自分を強く抑圧しているプログラムを取り外すことで、脳の構造を物理的に作り替えることができる。>>

 

思考に気をつけなさい
思考に気をつけなさい▶︎

●マザーテレサの言葉

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。>>

 



おすすめ記事特集【最新】


☆スポンサーリンク☆