塵も積もれば山となる

 

●塵も積もれば山となる


お釈迦様の弟子パンタカが

「塵も積もれば山となる」と

毎日掃除を続けて悟ったというお話。

 

 


『塵も積もれば山となる』
お釈迦様のお弟子さんの中に、
パンタカという、頭が弱くて、
何度教えを聴いても覚えられない人がいました。

そこでお釈迦様は、彼にほうきを手渡し、
「塵も積もれば山となる」とだけ唱えながら
毎日庭の落ち葉を掃除するように伝えます。

パンタカは頭が弱かったのですが、
真面目な性格で、毎日毎日
「塵も積もれば山となる」と繰り返しながら、
掃除し続けたそうです。

ずいぶん長い間、掃除を続けたある日、
パンタカはハッと気づいたのです。

そしてお釈迦様のところへ跳んで行き、
「塵とは私達の煩悩のことですね!」
と顔を輝かせて伝えました。

お釈迦様は彼が覚ったことを証明し、
彼は以後、皆から「パンタカ尊者」と
敬われるようになりました。

参照:
 

関連ブログ

塵も積もれば山となる【アメーバブログ】

●塵も積もれば山となる【アメーバブログ】

心の落ち葉は眺めたら掃除が必要なこと。山積みになる前に、毎日毎日掃除が必要なこと。本当に知りたいと願っていれば、必ず実感できる日が来るということ。毎日毎日願っていれば、その願いも大きな山になること。

詳しくはコチラ>

 


☆スポンサー広告☆



関連ページ


関連ブログ


メニュー