思いの種を選び育てる
思いの種を選び育てる

思いの種を選び育てる

2019年4月6日更新NEW!

思いの種が育ち、良い実や悪い実を収穫することになることは、知ってはいても、実感がわかない場合も多いでしょう。けれど、ひとたび原因(種)と結果(実り)に気づくようになると、次々と見えるようになってきます。気づくようになればなるほど、思いのタネを慎重に蒔くようになります。良い種を選んで蒔き、育てることができますように。

 


願いを選ぶ
願いを選ぶ▶︎

全ての願いは、いつの日か芽を出し現実化します。その願いがよいタネであった場合は自他によい実りがあり、悪いタネであった場合は自他に悪い実りがあります。自他のいずれにとっても良い実りをもたらすような願いのタネを選んで蒔くよう心がけましょう。

願いの種を育てる
願いの種を育てる▶︎

生まれる種の数は、観察を続けるうちに少しづつ減ってきます。何故なら、種を産み出すことにも慎重になるからです。また、種を産み出す原因にも慎重になります。日々無意識に産み出す種が減っていく中で、良い実りをもたらす種が残っていきます。


人生の変化への対応
人生の変化への対応▶︎

美しい花もいつかは枯れてしまいますが、その後に種を実らせ、やがてその種から新しい命につながっていくのです。変化の途中を切り取ると、全てが終わったかのように見えることがありますが、けっしてそうではありません。

リリー・L・アレンの言葉
リリー・L・アレンの言葉▶︎

自分自身を、今回の人生という短い生命表現のなかだけにとじこめてしまわないことです。今ほしいと願っているものを、今後のいくつもの人生のために、待っているあらゆる人生のために創造しているのです。明日の確かな収穫のために、今日、種を蒔いているのです。


現実化のプロセス
現実化のプロセス▶︎

種が育ち、収穫し、分かち合う過程で、人々にどのような効果を与えたいのか?現実化の結果、どのようなよい効果を与えることができるのかを意識することで、実際にそのようなよい効果を実現することができます。

浄化の種類と方法
浄化の種類と方法▶︎

「思い」の浄化は、特に重要です。この思いがタネとなり、何かを実らせるからです。悪い思いは悪い結果を実らせ、良い思いは良い結果を実らせます。常に思いを浄化するように努めましょう。


調和した想念の重要性
調和した想念の重要性▶︎

一つの想念の影響でもこのように広範囲にわたるものですから、心に生じるどんな想念についても、その性質を注意深く検討することが必要になります。その想念を抱く人と全宇宙に対して、害を及ぼすような想念があるかもしれません。また、それを考える人と全世界に対して、好ましい有益な影響を与える想念もあるでしょう。

宇宙の法則に即して生きること
宇宙の法則に即して生きること▶︎

自分が出した思い(思念エネルギー)は、結局は自分に還ってくるということです。思いや言葉、行動は波動となって宇宙の記録簿(アカシックレコード)に記録されます。行動する前や言葉に出す前に、最初に思念を発するのですが、この時、すでに思念体というのを作っています。この思念体は、必ず作った人の元へ戻ってくる性質があります。



☆スポンサーリンク☆