ターゲトにしない・させない
ターゲトにしない・させない

ターゲットにしない・させない

 

2019年10月18日更新NEW!

酷いニュースが多い中、誰かをターゲットにして攻撃する流れが拡大しがちです。ストレス、不快感・不満・非難・怒り・憤り・不安・恐れなどの吐け口を誰かに押し付けるのではなく、たとえ苦しくても、私たち一人一人が自分の中に気づき、癒し、浄化する必要があります。

2019年10月18日 inner-wish

 


特集記事

スケープゴートを作らない
スケープゴートを作らない▶︎

●スケープゴートを作らない

集団の中で、ストレス、不快感・不満・非難・怒り・憤りが高まると、誰かをターゲットにして、そのストレスや感情の吐け口に利用するのです。本来なら一人一人のメンバーが対処する必要のあるストレスやネガティブな感情を、そのまま誰か特定の個人に背負わせてしまいます。>>

 

思いやりを育てる
思いやりを育てる▶︎

●思いやりを育てる

相手は、あなたの公明正大を求める気持ちにつけ込んできて、不当にも攻撃しようとするでしょう。あなたの超然とした態度が相手の攻撃をそそるだけであれば、きっぱりした態度を取ってください。その際も、思いやりを忘れてはなりません。必要なときには怒りや悪意を持たずに自分の意見を述べ、対策を講じるのです。>>

 

慈悲の瞑想
慈悲の瞑想▶︎

●慈悲の瞑想

私の嫌いな人々も幸せでありますように。私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように。私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように。私の嫌いな人々に悟りの光が現れますように。>>

 


菜根譚【自己変容の道2】
菜根譚▶︎

●菜根譚

幸福は求めてえられるものではない。喜ぶこころを養い育てて、幸福を招く用意をすることだ。災禍は避けて避けられるものではない。殺気だつこころを取り去って、災禍より遠ざかるてだてをすることだ。>>

 

真の友情について【自己変容の道】
真の友情について▶︎

●真の友情について

最初は真に善良な人と友人になり、しだいに範囲を広げて、誰に対しても友情を感じられるようになりなさい。そして最後には、「たとえ敵であっても、私にとってはすべての人が友である」と言えるようになりなさい。>>

 

自分のつとめに専念せよ
自分のつとめに専念せよ▶︎

●自分のつとめに専念せよ

たとい他人にとっていかに大事であろうとも、(自分ではない)他人の目的のために自分のつとめをすて去ってはならぬ。自分の目的を熟知して、自分のつとめに専念せよ。>>

 


ダンマパダ〜真理の言葉
ダンマパダ〜真理の言葉▶︎

●ダンマパダ〜真理のことば

一三二 荒々しいことばを言うな。言われた人々は汝に言い返すであろう。怒りを含んだことばは苦痛である。報復が汝の身に至るであろう。七八 悪い友と交わるな。卑しい人と交わるな。善い友と交われ。尊い人と交われ。>>

 

黄金の鍵チェックリスト
黄金の鍵チェックリスト▶︎

●黄金の鍵チェックリスト

52.攻撃的思考を手放す。攻撃的思考は神に属するものではない。これは否定的自我(ネガティブ・エゴ)の性質である怖れからくるものである。攻撃は、実は愛を求める叫びなのである。>>

 

日常生活の秘密
日常生活の秘密▶︎

●日常生活の秘密

準備ができていないとは、恐れや憎しみなどを全部持ってきてしまうという意味です。その恐怖や怒りが現実化します。世界に、愛、調和、平和、そして神と自分自身への信頼というごくシンプルな思いだけを持ち込んでいれば、あなたにとってはまさしくそういう世界が展開することを意味しています。>>

 



関連記事

穏やかな状態に戻る【おすすめ記事特集】
穏やかな状態に戻る

穏やかな状態に戻る【おすすめ記事特集】

「穏やかな状態に戻る」ということは、背景の大きな青空に意識を向けるようなものだと思います。 



おすすめ記事特集【最新】


☆スポンサーリンク☆