穏やかな状態に戻る
穏やかな状態に戻る

穏やかな状態に戻る

 

2020年11月10日更新NEW!

「穏やかな状態に戻る」ということは、背景の大きな青空に意識を向けるようなものだと思います。思考や感情や物事に翻弄されている時は、特定の暗雲だけを見つめているような状態です。そのような特定の雲を含む、背景の大きな青空に意識を向けることで、全体的な視野に立ち、穏やかな状態に戻ることができます。

 

「穏やかな状態に戻る」ことに役立つ記事を集めました。

 


特集記事

万事良好の流れ【自己変容の道2】
万事良好の流れ▶︎

●万事良好の流れ

いい気持ちを感じている状態に戻るのが速ければ速いほど、人生はずっと良くなって、他の人々に提供できる良いものをもっと沢山持つことができる。>>

 

それは在る【自己変容の道】
それは在る▶︎

●それは在る

そこには完全な平和と安らぎ、そして至福と幸福があるからだ。至福と幸福で自己満足するために〈在る〉のではない。何よりもその行為こそが世界に平和をもたらすことを知っているからだ。>>

 


心の本質である光について【自己変容の道】
心の本質である光について▶︎

●心の本質である光について

思考と感情が除々に静まり、やがて沈黙し、心の本質へと溶け込んでいくゆくとき、一瞬、心の本質を、明知(リクパ)そのものを、原初の状態を、かいま見ることがある。>>

 

スピリチュアル・グロース【自己変容の道】
スピリチュアル・グロース▶︎

●スピリチュアル・グロース

自分の否定的感情を消すのに、それについてクヨクヨと考える必要はありません。なぜなら、穏やかで平和に満ちた感情を抱いている瞬間の一つ一つが、波動を高め、調和のとれていない感情を解放し始めるからです。>>

 


ニュートラルな心【今日の言葉】
ニュートラルな心▶︎

●ニュートラルな心

ニュートラルな心の状態は環境と調和しやすく、この状態に慣れることで、いろいろな出来事を静かに受け止められるようになります。穏やかに落ち着いた心の状態で、愛・調和・平和を感じながら生活できるようになります。>>

 

静観する。反応しない【日常生活の変容】
静観する。反応しない▶︎

●静観する。反応しない

穏やかに「愛・調和・平和」を実現するためにも、「静観する。反応しない」というスキルを身につけることが大切です。>>

 


心が静かということ【日常生活の変容2】
心が静かということ▶︎

●心が静かということ

相手が困っていると感じた場合で、力になってあげたいと思う時には、まず自分自身が「愛と光」の中で愛・調和・平和を保つよう心がけます。>>

 

雲の上はいつも青空【日常生活の変容】
雲の上はいつも青空▶︎

●雲の上はいつも青空

どんな状態の時でも、心の中の広く輝く青空を思い起こしましょう。全ての雲は引き止めなければ全部流れていくものなのだということを思い出しましょう。>> 


天上の音【ほっとする音】
天上の音▶︎

●天上の音【ほっとする音】

毎朝起きた時と毎晩眠る前に、心が鎮まる音を聴く習慣を心がけると役立ちます。心が穏やかに鎮まり、苦しみを生み出す種を無意識に蒔かなくなるからです。>>

 

落ち着く【役立つ情報】
落ち着く▶︎

●落ち着く【役立つ情報】

落ち着くことに関する役立つ情報を紹介しています。状況に応じて役立つ方法や情報が見つかりますように。>>

 



おすすめ記事特集メニュー

最新のおすすめ記事特集↓

4月のおすすめ記事特集↓



☆スポンサーリンク☆