失敗と学びと成長
失敗と学びと成長

失敗と学びと成長

 

2019年4月4日更新NEW!

「新たな成長のために(失敗を恐れず)挑戦する」ことと、「智慧(や失敗)から学び成長すること」両方のバランスを取り続けることが必要です。また失敗は、自分一人の問題で終わらない場合も多いため、その目的を問い続けることも大切です。

2019年4月4日 inner-wish

 


特集記事

習慣と瞑想の大切さ
習慣と瞑想の大切さ▶︎

●習慣と瞑想の大切さ

人の人生は、生半可な意志や決意によって支配されているわけではなく、習慣によって支配されているのです。成功も失敗も習慣なのです。>>

 

成功と失敗の意味
成功と失敗の意味▶︎

●成功と失敗の意味

失敗でさえ意志力への、あるいは物質的であれ霊的であれその成長への激励とすべきです。失敗の原因を取り除き、前に倍する勢いで成就したいものに邁進するのです。失敗の続く季節(とき)は、新しい成功の種を蒔く時です。>>

 

黄金の鍵チェックリスト
黄金の鍵チェックリスト▶︎

●黄金の鍵チェックリスト

すべての失敗は学びの体験にすぎないと見なすこと。だからといってわざわざやらかしてみることはないが、失敗した時には、それはそれでよい学びの機会になるのである。>>

 


天才を考察する【自己変容の道】
天才を考察する▶︎

●天才を考察する

失敗を受け入れる。いまや、コーチ、CEO、教師、親、心理学者は、自分の責任下にある者たちを限界およびその先へ駆り立てることの重要性を理解するようになっている。つまづきがあっても、生まれもった限界の兆候だなどとは考えず、学習の機会だとみなすべきである。>>

 

高次のサポート
高次のサポート▶︎

●高次のサポート

ハイヤーセルフは、自己の経験を知っていて、何が必要で何が不要か、この失敗は何のためにあるのか、何を目的にどこへ向かおうとしているのか、広大な視野からの適切なアドヴァイスをしてくれるます。>>

 

ハイヤーセルフの言葉
ハイヤーセルフの言葉▶︎

●ハイヤーセルフの言葉

失敗したらあやまりなさい。完璧を目指すのではない。今のあなたを人々に与え、共に成長しなさい。そして今のあなたが全てではなく、他人の今も全てではないことを知りなさい。共に成長しているのだ。>>

 


魂の目的
魂の目的▶︎

●魂の目的

ひとりひとりに人生の目的があります。幾多の人生で成し遂げられなかった願いや、乗り越えたい課題や、学びたいことや経験したいこと・・・それらを経験するための環境を選んで生まれてきているのです。>>

 

解脱の本当の意味
解脱の本当の意味▶︎

●解脱の本当の意味

「解脱する」ということは、業と煩悩の力によって自分自身の意志とかかわりなく生れ出ることをなくすことであって、自分自身の意志がまったくなくなってしまうことではありません。>>

 

ヴィジョンを保つ【日常生活の変容2】
ヴィジョンを保つ▶︎

●ヴィジョンを保つ

良い結果をもたらすヴィジョンを保ちながら、またそのヴィジョンに牽引されながら生きるならば、人生のプロセス全体も、しあわせなものとなるでしょう。それは、不幸や失敗が起こらないということではなく、人生全体が良いヴィジョンのエネルギーに支えられるという意味です。>>

 



関連記事

思考による創造〜愛か恐れか
思考による創造〜愛か恐れか▶︎

思考による創造〜愛か恐れか【おすすめ記事特集】

思考に注意する必要があります。思考に「愛」か「恐れ」のいずれかがプラスされることで、愛による創造か、恐れによる創造のタネを蒔くことになるからです。意識して恐れを手放し、愛に満ちた思考に切り替えることで、愛による創造のタネを蒔くことができます。


子どもに教えたい大切なこと【おすすめ記事特集】
子どもに教えたい大切なこと▶︎

子どもに教えたい大切なこと【おすすめ記事特集】

幼い頃、良い種を蒔いてもらった子どもたちは、成長していく中で種を守り育てていくことに努めれば、やがて良い実りを得ます。けれど、誰からも良い種を蒔いてもらえなかった子どもたちは、どこかで誰かに良い種を蒔いてもらう必要があります。子どもたちが幸せに成長していくために、どこかで誰かに、あるいは大人になった自分から良い種を蒔いてもらえますように。 


内なる子どもと共に進む
内なる子どもと共に進む▶︎

内なる子どもと共に進む【おすすめ記事特集】

色々学んだり、体験を積み重ねても、先に進むことができなくなったとしたら、それは内なる子どもが扉の前に門番のように座り込んでいる可能性があります。魂の成長の道は、内なる子どもと共に進む必要があるのです。内なる子どもを置き去りにして先に進もうとしても新しい扉が開くことはありません。内なる子どもの手をとって、喜び悲しみを共にしながら扉の先に進んで行きましょう。 


ターゲトにしない・させない
ターゲトにしない・させない▶︎

ターゲットにしない・させない【おすすめ記事特集】

酷いニュースが多い中、誰かをターゲットにして攻撃する流れが拡大しがちです。ストレス、不快感・不満・非難・怒り・憤り・不安・恐れなどの吐け口を誰かに押し付けるのではなく、たとえ苦しくても、私たち一人一人が自分の中に気づき、癒し、浄化する必要があります。


人格の成長と統合
人格の成長と統合▶︎

人格の成長と統合【おすすめ記事特集】

高次の人格を中心に全人格が成長し、調和が進むと、完全に統合された人格となります。それは高次の人格だけが高次意識を持っているのではなく、全ての人格が同様に高次の意識を共有し、調和して協力できる状態です。また、自己の全体が助け合いながら調和して協調する方向です。



おすすめ記事特集【最新】


☆スポンサーリンク☆