苦しみ・悲しみ【役立つ情報】
苦しみ・悲しみ【役立つ情報】

苦しみ・悲しみ【役立つ情報】

 

苦しみ・悲しみに関する役立つ情報を紹介しています。 

 


生きるのが苦しいとき

生きてこそ【心の声】
生きてこそ【心の声】

生きてこそ【心の声】

人生は山あり谷ありで色々な状況を経験します。長く生きていると、立ち直れないような時期や、絶望して生きる気力を失うような時期もあります。そのような時に、自暴自棄になったり、思い詰めたりして命を失わないよう、気を引き締めることが大切です。


絶望的な気持ちになった時【日常生活の変容2】
絶望的な気持ちになった時【日常生活の変容2】

●絶望的な気持ちになった時【日常生活の変容2】

絶望的な気持ちになった時、しばらく絶望感を感じて過ごすのは自然なことです。その後、絶望の中で「何か光を見出したい」「とにかく何とかしたい」と思う気持ちが少しでも感じられたら、変化が始まります。詳しくはコチラ>

 


変化することを思い出す

全て終わりだと思わない - 人生の変化への対応

●全て終わりだと思わない【鬱に役立つ情報】

全ては変化しながら続いていくということを思い出す必要があります。状況はこの先どう変化するかわかりません。「全て終わりだと思わない」ことが大切なのです。

詳しくはコチラ>

 

長い目で見る - 人生の変化への対応

●長い目で見る【鬱に役立つ情報】

人生の変化から新しい展望を得るためには、その時にできることを行ないつつ、長い目でプロセスを見守る必要があるのです。

詳しくはコチラ>

 

痛み・本音を受け入れる

痛みを受け入れる - 人生の変化への対応

●痛みを受け入れる【鬱に役立つ情報】

多くの場合、人生の大きな変化には様々な痛みが伴います。痛みを感じることは、とても辛いことですが、それでも痛みを感じて温かく受け入れることが大切です。

詳しくはコチラ>

 

ありのままの自分〜本音に気付く

●ありのままの自分~本音に気づく【自己変容の道】

建前と本音こそが、まさに精神的な混乱と苦しみの原因。裏と表の対立が混乱と苦しみを生む。本音と建前の対立によって、心の葛藤が生まれます。

詳しくはコチラ>

 

まず自分に愛を

穏やかさは愛をまず自分に【おすすめ記事特集】
穏やかさは愛をまず自分に【おすすめ記事特集】

穏やかさは愛をまず自分に【おすすめ記事特集】

心の状態を穏やかに安定させるためには、不安定な状態に愛と思いやりをプラスすることです。思いやりとは自分や誰かにその愛を向けることです。まず自分から愛で満たし、溢れた愛を周囲に浸透させましょう。しばらくすると自他共に穏やかな状態になります。


意識の変容

意識のギアチェンジ【心の声】
意識のギアチェンジ【心の声】

意識のギアチェンジ【心の声】

絶望的な気持ちになって生きるのがつらくなった時にも、例えば「意識のマップ」のどのあたりに意識があるのかを見るだけで、今の現在地がわかり、いつもの意識状態まで戻すことは可能です。 また、次のステップはどのような経験を求めているのだろう?と思う時にも、参考になると思います。


意識のマップ【自己変容の道3】
意識のマップ▶︎

意識のマップ【自己変容の道3】

自己の内面には色々な意識レベルが共存していることや、自己の内面の意識レベルがどのように上下しているのかに気づくことができます。また意識レベルが下がっている時には、そのレベルの癒しや解放が必要な時であり、調和・統合のチャンスです。(inner-wish補足より)


心の本質を思い出す

心の本質を思い出す【日常生活の変容3】
心の本質を思い出す【日常生活の変容3】

●心の本質を思い出す【日常生活の変容3】

一番難しいのは、「怒っている」「悲しい」「絶望している」「うんざりしている」など、感情が固まりのように動かないまま、心に蓋をしている時です。「愛と調和」が湧き出す場所に石で蓋をしてしまっているような状態。本来、感情は空の雲のように自然に流れていくのですが、その感情を引き止めて、しっかり固めてしまうことが多々あるのです。そのような「心を覆い塞ぐ何か」を手放すと、心の本質から「愛と調和」が泉のように自然に溢れ出します。

詳しくはコチラ>

 


光が感じられない時は【おすすめ記事特集】
光が感じられない時は【おすすめ記事特集】▶︎

光が感じられない時は【おすすめ記事特集】

光が感じられない時は、高い意識から状況を観ることが役立ちます。感情や思考の雲を突き抜けて、上空から眺めることで、天気や状況に関係なく、光を感じることができるようになります。


他者の苦しみを思いやる

すべての人が幸せになる「魔法の言葉」

●すべての人が幸せになる「魔法の言葉」【自己変容の道】

感情移入ではなく、客観的な思いやりを持ってください。苦しむ人や困難な出来事に対しては、「『適切な行動』が行なわれますように」という客観的な祈りやエネルギーを心の中で送るようにしましょう。

詳しくはコチラ>

 

Compassion【自己変容の道4】
Compassion【自己変容の道4】

Compassion【自己変容の道4】

Compassion(コンパッション:日本語では一般的に「慈悲」「思いやり」などと訳される)について、ジョアン・ハリファックス博士の著書『Compassion』より引用しています。


共感の崖と身体的共感【自己変容の道4】
共感の崖と身体的共感【自己変容の道4】

共感の崖と身体的共感【自己変容の道4】

共感の崖と身体的共感について、ジョアン・ハリファックス博士の著書『Compassion』より引用しています。


慈悲の瞑想

●慈悲の瞑想【自己変容の道】

「慈悲の瞑想」は「慈しみ」の心を育てるもっとも効果的な方法です。日常生活の中で少しの時間でもあれば、この言葉を絶えず持続して自分の心に言い聞かせてください。そうすれば必ず短い間に自分の心が変わっていくことに気づきます。

詳しくはコチラ>

 

苦しみからの変容

リリー・L・アレンの言葉

●リリー・L・アレンの言葉【自己変容の道】

理性を欠いた感情は苦悩と病気を連れてきます。怒りは、魂には苦しみを、肉体には酸味をもたらし、人生をいくつもの悲しみで満たします。恐れと混乱は、失敗と困窮、逆境と貧困を引き寄せ、それらをやがて人生のなかに出現させます。

詳しくはコチラ>

 

ジェームズ・アレンの言葉

●ジェームズ・アレンの言葉【自己変容の道】

苦難に耐えたあとには、変容が起こります。悲しみを通じて、悲しみのない状態に到達するのです。

詳しくはコチラ>

 

宇宙の法則に即して生きること

●宇宙の法則に即して生きること【自己変容の道】

あらゆる苦しみの根源は分離感です。私と私でないものというように分けて認識する意識が働いています。あらゆるものを分割して認識する結果、他から脅威を感じるようになります。

詳しくはコチラ>

 

未来に苦しみの種を蒔かない

苦しみの原因を取り除く【今日の言葉】

●苦しみの原因を取り除く【今日の言葉】

苦しみの原因を心の中からも取り除き、未来永劫にわたる幸福と、日々増大し続ける内なる力を育てることができますように。

詳しくはコチラ>

 

苦しみを乗り越える【自己変容の道2】

 ●苦しみを乗り越える【自己変容の道2】

 苦しみを乗り越えるための方法について、『ダライ・ラマの仏教入門』ダライ・ラマ十四世 テンジン・ギャムツォ/著より引用しています。

詳しくはコチラ>

 

十不善業を捨てる

●十不善業を捨てる【自己変容の道】

「十不善業」は「苦しみの原因」であるため、「心の中からも取り除く」ということが仏教の初歩として説かれています。

詳しくはコチラ>

 

 

望まぬものから逃れようとする心

●望まぬものから逃れようとする心【自己変容の道】

望まぬ対象から逃れたいと思う気持ちがありますが、そういう心がなければ、永続する幸せを求めたり、永続する苦しみを滅することができなくなってしまいます。

詳しくはコチラ>

 

●ダンマパダ〜真理の言葉【自己変容の道】

正しい知慧をもって、四つの尊い真理を見る。――すなわち(1)苦しみと、(2)苦しみの成り立ちと、(3)苦しみの超克と、(4)苦しみの終滅(おわり)におもむく八つの尊い道(八正道)とを(見る)。

詳しくはコチラ>

 

スッタニパータ〜ブッダのことば

●スッタニパーダ〜ブッダのことば【自己変容の道】

疑いを超え、苦悩を離れ、安らぎ(ニルヴァーナ)を楽しみ、貪る執念をもたず、神々と世間とを導く人、――そのような人を<道による勝者>であると目ざめた人々は説く。

詳しくはコチラ>

 

般若心経(小本)_言葉

●般若心経(小本)_言葉【自己変容の道】

煩悩に起因する行いが業となり、苦を呼ぶという悪循環を繰り返して、何の進歩、前進のない無明の世界を作り続けています(輪廻)。この無明より抜け出すことが肝心です。煩悩がなくなって業もなくなり、その結果苦しみもなくなるのです。

詳しくはコチラ>

 

三十七の菩薩の実践

●三十七の菩薩の実践【自己変容の道】

11.あらゆる苦しみは自らの幸せを追い求めることより生じ悟りは他者のためを思うことより生ずる。それゆえ、自己の幸せと他者の苦しみをまさしく交換する。これが菩薩の実践である。

詳しくはコチラ>

 

ほっとする音

天上の音【天上の音】
天上の音【天上の音】

●天上の音

天上の音。周波数が下がっていると感じる時に聴きたくなる音です。

詳しくはコチラ>

落ち着く音【ほとする音】
落ち着く音【ほとする音】

●落ち着く音【ほっとする音】

落ち着く音をご紹介します。

詳しくはコチラ>


落ち着く音より

ぜんぶ (詞:さくらももこ 曲:相澤直人)