休むこと〜愛・調和・平和

更新日:2023/06/11 公開日:2021/01/31

インナーウィッシュ/プロフィール/メインメニュー/更新情報

休むこと〜愛・調和・平和【おすすめ記事特集】
休むこと〜愛・調和・平和

休むこと〜愛・調和・平和

 

休むことは愛・調和・平和に役立ちます。疲れ・不調和・苛立ちなどに気づいたら、少し休みましょう。少し力を抜いて、ゆっくりと穏やかな呼吸を心がけ、リラックスするのです。心が落ち着いてくると愛・調和・平和に戻れます。

2023年6月11日 inner-wish

 

 

休む時間の中で心身霊をゆっくりリラックスさせましょう。愛・調和・平和の海に浮かんで全ての力みが解き放たれるように。呼吸が深くゆっくりになるように。心身霊が愛・調和・平和に満たされリラックスしたら、また創造を始めましょう。

2021年1月31日 inner-wish

 


特集記事

自分を休ませる方法【日常生活の変容】
自分を休ませる方法【日常生活の変容】

●自分を休ませる方法

自分を癒す時間を持つ必要があります。何よりも先にまず自分自身を休ませましょう。休んでもよいのだという許可を自分自身に与えましょう。それだけで、体中から不要な緊張がとれるはずです。詳しく読む▶︎

 

愛・調和・至福の呼吸【日常生活の変容3】
愛・調和・至福の呼吸【日常生活の変容3】

●愛・調和・至福の呼吸

呼吸に集中することで、意識が切り替わり、回復することができます。しかし、通常の呼吸では効果が感じられないという場合に、愛・調和・至福を呼吸していることを思い出して、呼吸に集中してみてください。詳しく読む▶︎

 

休むこと〜創造プロセス【日常生活の変容2】
休むこと〜創造プロセス【日常生活の変容2】

●休むこと〜創造プロセス

全ての創造活動を休止し、心身霊を鎮め、真っ白なキャンバスのようになり、内なる神性が自由に創造活動を開始できる状態にリセットするのです。そのような状態を「休む」といいます。詳しく読む▶︎

 


それは在る【自己変容の道】
それは在る【自己変容の道】

●それは在る

ゆったりとリラックスして、ただくつろぐ。そしてただ、胸の中心から何が出てくるか感じて。至福と幸福で自己満足するために〈在る〉のではない。何よりもその行為こそが世界に平和をもたらすことを知っているからだ。詳しく読む▶︎

 

心の本質を思い出す【日常生活の変容3】
心の本質を思い出す【日常生活の変容3】

●心の本質を思い出す

「愛と調和」や「愛と光」や「愛と至福」など、根源の存在のエネルギーは、私たちに共通の根源的な存在の中にあるのです。つまり、一人一人の中にあります。正確には私たちの内側と外側に。詳しく読む▶︎

 

心の平和【自己変容の道】
心の平和【自己変容の道】

●心の平和

他者へのあたたかい親近感が深まれば、自然に自分の心も休まってくるものです。この気持ちは、どんな恐れや不安を抱いていても、それを取り除く手助けとなり、直面する障害と闘う力を与えてくれます。これが、人生における究極的な成功の源になるのです。詳しく読む▶︎

 


静観する。反応しない【日常生活の変容】
静観する。反応しない【日常生活の変容】

●静観する。反応しない

心の自然な流れを止めるのではなく、「温かい心で、よく観察して、反応を選ぶ」ということです。どのような刺激や情報に対して、どのように反応するかを選べる状態に在るということです。詳しく読む▶︎

 

万事良好の流れ【自己変容の道2】
万事良好の流れ【自己変容の道2】

●万事良好の流れ

人は自然に《幸せの流れ》につながっているものなんだよ。いい気持ちを感じている状態に戻るのが速ければ速いほど、人生はずっと良くなって、他の人々に提供できる良いものをもっと沢山持つことができる。詳しく読む▶︎

 

愛と光【日常生活の変容】
愛と光【日常生活の変容】

●愛と光

ただ「愛と光に満たされる」と思うだけでいいのです。「愛と光に満たされる」そんな時間を沢山もてますように。愛と光の周波数に満たされたエネルギー状態を保てますように。詳しく読む▶︎



関連特集記事

休むこと〜呼吸・願い・創造【おすすめ記事特集】
休むこと〜呼吸・願い・創造【おすすめ記事特集】

休むこと〜呼吸・願い・創造

まとまった休みの日や時間がない場合でも、呼吸を意識して気持ちを休めることができます。


調和はまず穏やかに【おすすめ記事特集】
調和はまず穏やかに【おすすめ記事特集】

調和はまず穏やかに

「まず穏やかに」「いつか調和する」という良いイメージをもつと落ち着きます。


穏やかさは愛をまず自分に【おすすめ記事特集】
穏やかさは愛をまず自分に【おすすめ記事特集】

穏やかさは愛をまず自分に

心の状態を穏やかに安定させるためには、不安定な状態に愛と思いやりをプラスすることです。愛は心の本質からハートを通して内外を流れています。思いやりとは自分や誰かにその愛を向けることです。


自他にあたたかい心で【おすすめ記事特集】
自他にあたたかい心で【おすすめ記事特集】

自他にあたたかい心で

愛とあたたかさを自分と他者に向けるよう心がけてみましょう。内側からあたたかくなります。そして心の愛・調和・平和につながります。


思考による創造〜愛か恐れか【おすすめ記事特集】
思考による創造〜愛か恐れか【おすすめ記事特集】

思考による創造〜愛か恐れか

思考に注意する必要があります。思考に「愛」か「恐れ」のいずれかがプラスされることで、愛による創造か、恐れによる創造のタネを蒔くことになるからです。


愛・調和・平和・高次意識の常駐【おすすめ記事特集】
愛・調和・平和・高次意識の常駐【おすすめ記事特集】

愛・調和・平和・高次意識の常駐

日常の生活や仕事の中で、「愛・調和・平和・高次意識の常駐」を意識することは役に立ちます。「愛・調和・平和・高次意識の常駐」を思い出し、何度も意識することで、次第に生活や仕事に浸透するようになります。



おすすめ記事特集【最新】