自分を休ませる方法【日常生活の変容】
自分を休ませる方法【日常生活の変容】

自分を休ませる方法


 

自分を癒す時間を持つ必要があります。何よりも先にまず自分自身を休ませましょう。休んでもよいのだという許可を自分自身に与えましょう。それだけで、体中から不要な緊張がとれるはずです。

 

心身は知らず知らず無意識のうちに緊張していることがあります。その緊張状態が続くと、疲れが蓄積するのです。時々意識してリラックスする必要があります。

 

心身全体をくまなくリラックスするためには、心身の全体に「今、休んでもいいんだよ」と伝える必要があります。そうすることで、心身全体の緊張がとれてリラックスできます。

 

その状態で、深くゆっくり呼吸しましょう。あたたかい日差しの中で寝転んでいるように、または温水に浮かんでいるように、リラックスして、ゆっくり深く呼吸しましょう。 

 

そうしているうちに、自分のまわりがシンプルになっていくように感じ、また愛と光が循環し始めていることに気付くでしょう。そして愛と光を呼吸できるまでに回復している自分に気付くでしょう。

 

ゆっくりと自分自身を休ませる時間をもってください。

 

2015年12月1日i nner-wish

 


関連リンク

休むこと〜創造プロセス【日常生活の変容2】
休むこと〜創造プロセス【日常生活の変容2】

●休むこと〜創造プロセス【日常生活の変容2】

全ての創造活動を休止し、心身霊を鎮め、真っ白なキャンバスのようになり、内なる神性が自由に創造活動を開始できる状態にリセットするのです。そのような状態を「休む」といいます。

詳しくはコチラ>

 



☆スポンサーリンク☆



関連ページ


メニュー