静観する。反応しない。

静観する。反応しない。


「魂の目的」を実現するためにも、穏やかに「愛・調和・平和」を実現するためにも、「静観する。反応しない」というスキルを身につけることが大切です。

 

「静観する。反応しない」ということができる人は、生まれつきの静かな性格のようであり、「反応が速い」人には、理解しがたい場合も多いのですが、これはひとつのスキルです。

 

「静観する。反応しない」というスキルを身につけるためには、そのメリットをよく理解し、意識して生活することが必要なだけでなく、集中的にトレーニングする必要もあります。

 

まず、「静観する。反応しない」ことのメリットは下記です。

①ニュース、出来事、変化に振り回されない。

②自分の目的、仕事、大切なことに集中できる。

③安定した穏やかな精神状態を保つことができる。

 

逆に、「巻き込まれる、反応し過ぎる」ことのデメリットは、

①ニュース、出来事、変化に振り回される。

②自分の目的、仕事、大切なことの道から外れてしまい集中できない。

③不安定な精神状態になり、エネルギーを消耗する。

 

次に、「静観する。反応しない」ためのイメージについて。

例えば、暴風雨の渦中で台風の渦に巻き込まれる立ち位置から、台風情報や台風の動きを外側から静かに眺めている立ち位置に移動するイメージです。

 

最後に、「静観する。反応しない」というスキルのトレーニング方法です。

①反応している自分に気付く。

②「静観する。反応しない」自分をイメージする。

③自分の目的、仕事、大切なことに集中している様子をイメージする。

何かに強く反応するたびに、このステップを繰り返し意識しましょう。

 

特にもともと反応しやすい人、反応が速くてほめられる人は、「静観する。反応しない」ことの大切さをよく理解して、反射的に反応するのではなく、本当に必要な時に、必要な行動がとれるよう、「静観する。反応しない」ことを心がけ、状況を見守るとよいでしょう。


2016年1月21日 inner-wish

 


☆スポンサーリンク☆



メニュー