調和はまず穏やかに【おすすめ記事特集】
調和はまず穏やかに【おすすめ記事特集】

調和はまず穏やかに

 

2021年5月6日更新NEW!

内面や周囲を調和するためには、まず穏やかさを意識することが役立ちます。内面や周囲の異なる資質や役割、得意や苦手などを落ちついて観察することが、調和の小さな一歩になるからです。また心の波が鎮まると、心の本質で調和することも可能です。内面や周囲の不調和に気づいたときには、「まず穏やかに」「いつか調和する」という良いイメージをもつと落ち着きます。

2021年5月6日 inner-wish

 


特集記事

ニュートラルな心【今日の言葉】
ニュートラルな心▶︎

●ニュートラルな心

ニュートラルな心の状態は環境と調和しやすく、いろいろな出来事を静かに受け止められるようになります。穏やかに落ち着いた心の状態で、愛・調和・平和を感じながら生活できるようになります。>>

 

中庸・中道のバランス
中庸・中道のバランス▶︎

●中庸・中道のバランス

安定した視点・立ち位置から創造の波を眺める場合は、波の上下に合わせて、自分が上下することはなく、変らず安定した視点で眺めることが可能です。>>

 

落ち着く【役立つ情報】
落ち着く▶︎

●落ち着く【役立つ情報】

落ち着くことに関する役立つ情報を紹介しています。状況に応じて役立つ方法や情報が見つかりますように。>>

 


心が静かということ【日常生活の変容2】
心が静かということ▶︎

●心が静かということ

まず自分自身が「愛と光」の中で愛・調和・平和を保つよう心がけます。そうすると、相手に愛と光が伝わり、相手の心が穏やかに静まる場合が多いです。>>

 

スピリチュアル・グロース【自己変容の道】
スピリチュアル・グロース▶︎

●スピリチュアル・グロース

自分の否定的感情を消すのに、それについてクヨクヨと考える必要はありません。なぜなら、穏やかで平和に満ちた感情を抱いている瞬間の一つ一つが、波動を高め、調和のとれていない感情を解放し始めるからです。>>

 

それは在る【自己変容の道】
それは在る▶︎

●それは在る

そこには完全な平和と安らぎ、そして至福と幸福があるからだ。至福と幸福で自己満足するために〈在る〉のではない。何よりもその行為こそが世界に平和をもたらすことを知っているからだ。>>

 



関連特集記事

まず落ち着く次にできることを考える【おすすめ記事特集】
まず落ち着く次にできることを考える【おすすめ記事特集】

まず落ち着く次にできることを考える【おすすめ記事特集】

まず落ち着いて次にできることを考える、ということは役立ちます。落ち着いてよく考えることで、感情と行動を切り分け、冷静に対策を考えて選ぶことができます。

 


穏やかな状態に戻る【おすすめ記事特集】
穏やかな状態に戻る

穏やかな状態に戻る【おすすめ記事特集】

「穏やかな状態に戻る」ということは、背景の大きな青空に意識を向けるようなものだと思います。 「穏やかな状態に戻る」ことに役立つ記事を集めました。


ありのまま〜落ち着く【おすすめ記事特集】
ありのまま〜落ち着く【おすすめ記事特集】▶︎

ありのまま〜落ち着く【おすすめ記事特集】

ありのままの状態は常に移り変わっています。ありのままの状態と落ち着いた状態の両方を意識するよう心がけると役立ちます。


穏やかな状態〜愛・調和・平和【おすすめ記事特集】
穏やかな状態〜愛・調和・平和【おすすめ記事特集】▶︎

穏やかな状態〜愛・調和・平和【おすすめ記事特集】

穏やかな状態とは、愛・調和・平和に満ちた状態です。それは、心の本質にある愛・調和・平和を感じている状態とも言えます。


意識の変化と変わらざるもの
意識の変化と変わらざるもの▶︎

意識の変化と変わらざるもの【おすすめ記事特集】

何に意識を向けるか、何にエネルギーを注ぐかで、人生や日常生活は変化します。その背後に存在する「変わらざるもの」青空の心を感じることも可能です。


ありのまま〜愛・調和・平和【おすすめ記事特集】
ありのまま〜愛・調和・平和【おすすめ記事特集】

ありのまま〜愛・調和・平和【おすすめ記事特集】

全てをありのまま受け入れると、ハートは安心して開くことができます。すると愛・調和・平和に満たされますので、この愛・調和・平和から思い・言葉・行いの創造を始めることで変化が起こり始めます。


穏やかさは愛をまず自分に【おすすめ記事特集】
穏やかさは愛をまず自分に【おすすめ記事特集】▶︎

穏やかさは愛をまず自分に【おすすめ記事特集】

心の状態を穏やかに安定させるためには、不安定な状態に愛と思いやりをプラスすることです。



おすすめ記事特集【最新】


☆スポンサーリンク☆