人生の運転【日常生活の変容2】
人生の運転【日常生活の変容2】

人生の運転

 

目的も地図も人それぞれですが、同じ世界に生きる大勢の人と共に、楽しく安全な人生の運転ができますように。

 


人生の運転

inner-wish

*目的地も地図もナビも色々

 

人生は、人それぞれの目的があり、みんな異なる地図やナビを持っています。例えば同じ観光地を走る車でも、観光・ビジネス・近所の買い物・通りがかりなど、目的は色々です。それぞれに異なる観光マップやビジネス案内図、特売情報、ロードマップなどを手に、異なるナビに従って運転しています。

 

*同乗者も一緒に走る車も色々

 

人生は、その時々で同乗者が異なります。一人、実家の家族、近所の人、友人、パートナー、子供、親、仲間など、長い人生の中で異なる同乗者を乗せたり乗せていなかったり。また、一緒に走る車も、いたりいなかったり。

 

*運転マナーは自他のために

 

運転マナーは自分や同乗者、周囲の車、道路の流れを守るために必要です。これは人生でも同じこと。マナーを大切にしなければ、人生の中で、自分や周囲の人、社会全体の安全・安心・快適さを損なう結果になります。

 

*事故の原因にならない

 

事故の原因にならないことは、自分と周囲の両方にとって大切なことです。同じ街を全く異なる目的で、異なる地図をもって走っていても、同じ道を共に走っているのです。これは、人生も同じこと。それぞれが異なる目的で異なる地図を持って生きていますが、同じ世界で生きていますので、事故は自分だけに影響があるわけではありません。人生における事故とは、様々なトラブルと言えるでしょう。

 

*メンテナンスは自他にとって重要

 

事故の原因とならないためには、車のメンテナンスも欠かせません。同様に、人生のトラブルを予防するためには心身のメンテナンスは欠かせません。日常的に点検し、ガソリンを切らさないように、心身も日常的にチェックして、エネルギー切れにならないよう、食事の栄養バランスに気を配り、充電しながら生きる必要があります。

 

*睡眠不足は避け、休憩も必要

 

安全運転のためには、睡眠不足を避けて、途中休憩が必要であるように、人生の安全運転のためにも、睡眠不足にならないよう、良質の睡眠を心がけ、数時間ごと、あるいは定期的に休む必要があります。

 

*危険車からは距離を置く

 

危険運転に見える車からは距離を置き、安全を確保する必要があります。人生においても危険な人からは距離をおいた方がいいケースは多々あります。逆に自分自身が危険車にならないよう注意が必要です。飲酒運転、スピード違反、煽り運転、暴言暴力、などは危険車とみなされます。人生の中でも同様の迷惑行為がないか注意が必要です。

 

*車の中は一人でも周囲の車と共に走っている

 

車の中では一人でも、周囲の車と共に走っていることを忘れないことが大切です。目的や地図が異なる場合でも、共に同じ世界を生きる大勢の人が存在することを忘れてはなりません。

 

*練習と経験を積んで良いドライバーへ

 

車の運転も教習所を経て初心者ドライバーとなり、練習や経験を積んで安全運転が可能になります。途中何度も免許更新があり、その都度、安全運転を再確認し、反省します。人生の中でも大勢の人々と共に安全運転ができているか、何度も確認や反省が必要かもしれません。また初心者ドライバーはなかなか安全運転が難しいため、周囲のドライバーは温かく見守ります。人生においても経験が浅く失敗してしまう人を温かく見守る必要があるかもしれません。それでも危険すぎる初心者運転からは距離を置いて走った方が良い場合もあるかもしれません。

 

*目的地を見失わず俯瞰する

 

ドライブの途中で寄り道したり迷ったりして、目的地を見失う場合もあるでしょう。そのような場合は、地図やナビをよく確認し、人に聞いたり、俯瞰して現在地を再確認する必要があります。人生においても目的地を見失いそうになる時は、人生の地図やガイダンスをよく確認し、人に聞いたり、高次の視点から俯瞰して、目的を見失わないようにする必要があります。

 

*楽しく安全な人生のドライブを

 

目的も地図も人それぞれですが、同じ世界に生きる大勢の人と共に、楽しく安全な人生の運転ができますように。

 

2020年5月26日 inner-wish

 


よいドライバーであるように

 

『私の話をよく聞きなさい。ロンドンの交通事情はおそろしくひどい。道路に車が多すぎる。人々はいらいらしていて、お互いに礼儀をわきまえない。車は衝突して、あらゆる種類の傷が生じている。ほんの少しだけ知識を得た今、あなたは自動車の運転の仕方を習わなければならない。私?私はとても優秀なドライバーよ。自分で自分の車を運転しています。他の人たちが互いに衝突しあっていても、私は誰の車にも衝突しないわ。運転しながら、よく見ているから、正しい行動がとれるの。今、交通事情はとてもひどいということを憶えていてね。全世界中でよ。道路に出たら、よいドライバーであるように勉強しなければだめよ』

 

彼女は、今、増加しつつある見えない世界の交通事情について話していたのだ。

 


運転の方法を知らないで車を運転するのと一緒

 

これから私たちが高い次元に進化していくには、私たちは「宇宙の法則」にしたがった生き方がすごく大切になってきます。ここでは、宇宙を動かしている原理である、宇宙の法則について説明します。宇宙の法則は、宇宙を創造した主(宇宙意識)の絶対意思が働いて万物が稼働しますので、誰も勝手にかえることのできない、「絶対法則」なのです。「普遍の法則」または「自然の摂理」といってもよいでしょう。

 

人類は一人残らず、上記の宇宙の基本法則で生命が成り立っているのです。宇宙の法則(宇宙生命エネルギー稼働の原理)を知らないで人生をあゆむことは、運転の方法を知らないで、車を運転するのと一緒です。 

そして、宇宙の法則を知らないで、人生を進めようとすると様々な問題が発生し、ロスの多い人生になります。

 


日常生活とのバランスをとる

 

日常生活に使うエネルギーが足りなくなると、この人生の大切な乗り物である身体の健康を損なうだけでなく、心的エネルギーも浪費する結果となり、鬱状態に進んでしまいます。少しでも鬱気味だと感じたときは、変化を一時停止して日常生活に意識を集中する、というような態度が役に立ちます。日常生活の健康的な生活習慣の中で、少しずつ進んでいくことにより、心も身体も霊性も健康的な状態を保ち、健全に変化していくことができるのです。

 


日常生活がうまくいくようにすることも重要

 

家賃を払ったり、健康に気をつけたり、自活したりすることも、瞑想することと同じくらい霊的成長にとって大切です。ほとんどの人にとって、成長とは、人生から逃げて、洞穴で一日中瞑想をすることではなく、人生を十分に生きることによってもたらされます。あなたは、自分が出会うすべての人、すべての状況、すべての困難から学ぶために、ここにいるのです。つまりあなたは、現時点に生き、まわりに何が起こっているのかに気づき、自分のすべての行動を、もっと明晰さと調和と光に満ちるようにするために、ここにいるのです。霊的成長というのは、人間関係から仕事にいたるまでの、すべての分野において、どうしたら人生がうまくいくかを学ぶことです。自分がすることすべてに霊的な光を注ぎ、すべての活動に意識と愛をもたらし、すべての経験を成長のチャンスとするとき、あなたはハイヤーセルフになっています。

 


高次の視点から眺める

 

地域、国、世界、地球、太陽系、銀河系・・・と眺める視点が変われば見え方も変わるように、より高次の視点から眺めると見え方が変化します。道を見失わないということは、自分が今、何のために何をしているのか、より高次の視点から、大きな流れの中で見ることができるということです。魂の旅路のどのあたりにいるのか?あるいは人生のどのあたりにいるのか?どのような道を歩んできたのか?今ここで何のために何をしているのか?時々、より高次の視点から問いかけて見てください。

 


関連ページ

日常生活の意識レベル
日常生活の意識レベル▶︎

●日常生活の意識レベル【おすすめ記事特集】

自己認識が進み、あらゆるレベルが統合されるようになると、日常生活の中で自由に意識レベルを変化させることができます。

詳しくはコチラ>

 

意識のマップ【自己変容の道3】
意識のマップ【自己変容の道3】

●意識のマップ【自己変容の道3】

意識のエネルギーフィールドの実用的な指標である「意識のマップ」について、『パワーか、フォースか』デヴィッド・R・ホーキンズ (著)より紹介しています。

詳しくはコチラ>

 


チャクラについて【自己変容の道】
チャクラについて【自己変容の道】

●チャクラについて【自己変容の道】

意識の焦点を合わせるためのポイント。第14チャクラ(根源の存在)〜第12チャクラ(自分のハイアーセルフのキリスト化レベ)〜第8チャクラ(宇宙の心とあなたをつなぐポータル)〜第7チャクラ(宇宙のエネルギーを受け取る。宇宙的な意識)

詳しくはコチラ>

 

ライトボディレベル【自己変容の道2】
ライトボディレベル【自己変容の道2】

●ライトボディレベル【自己変容の道2】

ライトボディレベル1〜12に関する説明を『ライトボディの目覚め』より紹介しています。

 

詳しくはコチラ>

 

五智について【自己変容の道2】
五智について【自己変容の道2】

●五智について【自己変容の道2】

五智について、『チベットの生と死の書』(ソギャル・リンポチェ著)より引用しています。意識の五層との関連ほか。

詳しくはコチラ>

 


道を見失わない【日常生活の変容2】
道を見失わない【日常生活の変容2】

●道を見失わない【日常生活の変容2】

道を見失わないようにするためにはどうすればいいのでしょう?

詳しくはコチラ>

 



☆スポンサーリンク



メニュー