道を見失わない【日常生活の変容2】
道を見失わない【日常生活の変容2】

道を見失わない

 

道を見失わないようにするためにはどうすればいいのでしょう?

 


今何をしているのか?という問い

 

例えば、これまでの人生の中で「今、自分は何をしているのだろう?」という気持ちになったことはないでしょうか?

 

そういう時は、高次の直感から「あなたは今、何をしているのか?」という問いかけがある時です。

 

そして、そのタイミングは、より大きな視野から、つまり全体的な流れの中にある「今」を見つめ直すチャンスでもあります。

 

今という期間は、全体的な流れの中で、何のために何をしている時なのでしょうか?一度問い直して見ましょう。

 

人生を区切って見直す

 

また、これまでの人生を何年かごとに区切って見直してみましょう。何かを学びながら成長する大きなパターンが見えてくるはずです。

 

それは流れから切り離された今ではなく、大きな流れの中にある、意味のある期間として見えてきます。

 

部分的な意識で今の問題に集中していると、「木を見て森を見ず」になります。より高次な意識で今を眺めてみると、パターンや繰り返しや、向かっている方向が見えるようになるのです。

 

人生の中で、どのような成長ステップのどのような時期にあるのか、またどのような成長方向に向かっているのか?見直して見ましょう。

 

より高次の視点から眺める

 

地域、国、世界、地球、太陽系、銀河系・・・と眺める視点が変われば見え方も変わるように、より高次の視点から眺めると見え方が変化します。

 

道を見失わないということは、自分が今、何のために何をしているのか、より高次の視点から、大きな流れの中で見ることができるということです。

 

魂の旅路のどのあたりにいるのか?あるいは人生のどのあたりにいるのか?どのような道を歩んできたのか?今ここで何のために何をしているのか?時々、より高次の視点から問いかけて見てください。

 

地図のスケールを自由に変える

 

もし地図のスケールが大きすぎて、かえって道を見失いそうになるなら、スケールを小さくして、自分の位置を確かめて見るといいでしょう。

 

この数年間、あるいは10年・20年・30年・それ以上の期間で、何をしようとしていたのか?どのように人生を歩み、何を学んできたのか?これから何を学び、どのように成長しようとしているのか?

 

道を確認できるスケールの地図で、自分の位置を確かめてみるといいでしょう。

 

大きな流れの中に道を見る

 

思ったほど悪くはない旅であり、これからの旅も、どのような方向に向かい、何を学ぼうとしているのか、どのように成長しようとしているのか、より大きな流れの中にある道が見えてくるでしょう。

 

2020年3月24日 inner-wish

 


関連ページ

ガイダンスに従う【今日の言葉】

●ガイダンスに従う【今日の言葉】

意識的なコミュニケーションによってその側面とつながってしまえば、私たちは日常の一瞬一瞬でどう行動すればいいか、明確なガイダンスを自分の内側からうけとれるようになるのです。するとその行動は、努力しなくても感謝とパワーに満ちたものになります。詳しくはコチラ>

 

高次の意志と結びつく【自己変容の道2】

●高次の意志と結びつく【自己変容の道2】

ハイヤーセルフからの導きは、微妙で静かなものであることが多く、しばしばあなたが最初のメッセージを聞いた後にやって来ます。あなたの思考は、答えをもってすぐに飛び込んでくるかもしれません。ですから、どんな行動をとろうかと考えているとき、自分が受け取る最初の、あるいは、最も大きな声は、ハイヤーセルフから来るものではない可能性があります。詳しくはコチラ>

 

チャクラについて【自己変容の道】
チャクラについて【自己変容の道】

●チャクラについて【自己変容の道】

チャクラに関する気付き・浄化・開発は時期やバランスが大切だと考えています。そして、各チャクラが独立して働くというよりは、全体の調和や統合が大切だと感じています。

詳しくはコチラ>

日常生活の変容

●日常生活の変容

日常生活の中で穏やかに変容していくために、最初に必要なことは、日常生活の中で「思い・言葉・行ない」を整えることです。そのために必要な視点をハイヤーセルフの言葉や高次の情報から紹介しています。ご自分の状況や課題に合った情報をお選びください。

詳しくはコチラ>

日常生活の変容2

日常生活の変容2

日常生活の中で穏やかに変容していくために、次に必要なことは、日常生活の中で「意識」を整えることです。そのために必要な視点をハイヤーセルフの言葉や高次の情報から紹介しています。ご自分の状況や課題に合った情報をお選びください。

詳しくはコチラ>

 


☆スポンサーリンク



メニュー