調和した創造
調和した創造

調和した創造

 

2019年6月12日更新NEW!

調和した創造とは、自己・環境・宇宙と調和するような創造です。思い・言葉・行いが自己のあらゆる面と環境にとって調和的で有益であること。また宇宙全体に影響を及ぼした場合にも調和的であること。そのような調和した創造を日常生活の中で心がけることにより、自己変容が進み、やがて目的の実現や、宇宙と調和した役割の実現につながっていきます。

2019年6月12日 inner-wish

 


特集記事

自分らしさは目的と調和
自分らしさは目的と調和▶︎

●自分らしさは目的と調和

自己のあらゆる面を調和することによって、かえって「自分らしい状態」につながる結果になります。「全体的な自己の調和した状態」というのは「魂の目的」が実現するようチューニングされた状態だからです。>>

 

 

人格の調和【日常生活の変容2】
人格の調和▶︎

●人格の調和

人格の調和とは、自己の人格が調和している状態です。さらに、自己の人格が互いに調和している状態です。>>

 

人格の成長と統合
人格の成長と統合▶︎

●人格の成長と統合

高次の人格を中心に全人格が成長し、調和が進むと、完全に統合された人格となります。自己の全体が助け合いながら調和して協調する方向です。>>


日常生活の変容とは
日常生活の変容とは▶︎

●日常生活の変容とは

日常生活の全ての出来事、思い、言葉、行ないの中で、高次の意識を保ちつつ、愛にハートを開き、全ては一つという実感を生きること。その中で自分の役割を果たすこと。それを楽しんで行なうこと。>>

 

日常生活の秘密
日常生活の秘密▶︎

●日常生活の秘密

愛、調和、平和、そして神と自分自身への信頼というごくシンプルな思いだけを持ち込んでいれば、あなたにとってはまさしくそういう世界が展開することを意味しています。あなたは調和のとれた美しい世界を具現化するのです。>>

 

調和した想念の重要性
調和した想念の重要性▶︎

●調和した想念の重要性

正しい想念とは、本質的に、その想念を抱く人とその環境にとって調和的で有益な想念のことです。口から発せられた言葉と同じように、どんな想念でも、その想念を抱いた人とその環境に対して、何らかの影響を及ぼします。個々人の一つ一つの想念、言葉、行動が、宇宙全体に影響を及ぼしているのです。>>

 


宇宙意識で調和する【日常生活の変容2】
宇宙意識で調和する▶︎

●宇宙意識で調和する

自分の環境を本当に完全に活用できるようになるには、正常な人間、すなわち完全に発達した人格をもった成熟した人間、宇宙意識をもった人間になることが必要です。>>

 

宇宙と調和する役割
宇宙と調和する役割▶︎

●宇宙と調和する役割

人には大切な役割があり、その小さな役割を果たすことが人生の目的の一部になっています。それらの願いや目的を宇宙の法則と調和させて実現することは、宇宙と調和する役割を果たすことにつながります。>>

 

宇宙の法則に即して生きること
宇宙の法則に即して生きること▶︎

●宇宙の法則に即して生きること

地球で学ぶ体験には幾つかの大きな柱(課題)があります。 「感情」「本能」「想念」というカタチのない波動を、生まれた場所と環境において、縁ある人々との交わりの中で、マスターし、自分の魂を、より調和な輝き(無条件の愛)へと昇華していく事が各人の共通テーマです。 >>

 



関連ページ

調和のとれた優しさ
調和のとれた優しさ▶︎

調和のとれた優しさ【おすすめ記事特集】

 調和のとれた優しさを育てていけますように。


思考による創造〜愛か恐れか
思考による創造〜愛か恐れか▶︎

思考による創造〜愛か恐れか【おすすめ記事特集】

思考に注意する必要があります。思考に「愛」か「恐れ」のいずれかがプラスされることで、愛による創造か、恐れによる創造のタネを蒔くことになるからです。


創造を選ぶ【おすすめ記事特集】
創造を選ぶ▶︎

創造を選ぶ【おすすめ記事特集】

「思い・言葉・行い」は、広く影響を与える創造の種(原因)となります。何のために種(原因)を蒔くのか、どのような実り(結果)を得ることになるのか、種を蒔く前によく考える必要があります。


思いの種を選び育てる
思いの種を選び育てる▶︎

思いの種を選び育てる【おすすめ記事特集】

原因(種)と結果(実り)に気づくようになると、思いのタネを慎重に蒔くようになります。



おすすめ記事特集【最新】


☆スポンサーリンク☆