入力と出力の間に調和する【日常生活の変容3】
入力と出力の間に調和する【日常生活の変容3】

入力と出力の間に調和する


2021年6月5日更新NEW!

入力と出力の間に調和するよう意識することは役立ちます。刺激と反応、原因と結果の間も同様です。五感から入力された刺激に、無意識で決まった反応を繰り返していると、不調和な結果を招くことが多々あります。入力された情報を調和してから出力するような内なる仕組みをイメージしてみましょう。

2021年6月5日 inner-wish

 


関連ページ

愛・調和・平和による変容【おすすめ記事特集】
愛・調和・平和による変容【おすすめ記事特集】▶︎

愛・調和・平和による変容【おすすめ記事特集】

まず自分自身の心身霊を愛・調和・平和によって変容することが役立ちます。愛・調和・平和による変容は未来を創造する種蒔き・創造につながります。 


愛・調和・平和に変容する練習【おすすめ記事特集】
愛・調和・平和に変容する練習【おすすめ記事特集】▶︎

愛・調和・平和に変容する練習【おすすめ記事特集】

日常生活を愛・調和・平和に変容する練習は役立ちます。思い・言葉・行ないを愛・調和・平和に変容する練習を続けると、いつか習慣になり、日常生活に愛・調和・平和が広がるようになります。 


透明な器になり役割を果たす【おすすめ記事特集】
透明な器になり役割を果たす▶︎

透明な器になり役割を果たす【おすすめ記事特集】

適切に役割を果たすためには、透明な器になる必要があります。透明な器は、心の本質である愛・調和・平和で満ちているイメージです。



☆スポンサー広告