存在を感じる
存在を感じる

存在を感じる

 

2020年12月2日更新NEW!

目に見えるものの背後に隠れている「存在」。「存在」はすべての基礎であり、本質は至福だといいます。そんな「存在」を感じるきっかけになるような記事を集めました。

2020年12月2日 inner-wish

 


特集記事

それは在る【自己変容の道】
それは在る▶︎

●それは在る

誤った<私>に意識が向いているがために、感じていないだけなのだ。だから、全てを手放して、ただ<在る>でいてごらん。<それ>であることを自己認識するために、あなたではないものを全て放棄しなさい。>>

 

存在の技術〜本質は至福【自己変容の道3】
存在の技術〜本質は至福▶︎

●存在の技術〜本質は至福

「存在」を生きる技術がなくても、「存在」は実存しています。「存在」は目に見えるものの背後に隠れていますが、実存するものすべての基礎なのです。>>

 

心の本質を思い出す【日常生活の変容3】
心の本質を思い出す▶︎

●心の本質を思い出す

私たち全員の、大いなる心の本質は「愛と調和」に満ちた根源的な存在です。「日常生活の中で「心の本質を思い出す」ことにより「愛と調和」に満たされるようになります。>>

 


宇宙意識で調和する【自己変容の道2】
宇宙意識で調和する▶︎

●宇宙意識で調和する

自然と調和し、意識のレベルを高めて、絶対超越の純粋意識の永遠の状態に存在する調和と平和の領域に入ることが必要です。>>

 

全体像を見る【自己変容の道2】
全体像を見る▶︎

●全体像を見る

全体像を見ると、内なる平和と自信が得られますが、その平和と自信は、宇宙は完全な方法で働いて、自分により高い善をもたらしている、と知っていることから生まれます。>>

 

スピリチュアル・グロース【自己変容の道】
スピリチュアル・グロース▶︎

●スピリチュアル・グロース

高い次元では、存在するすべては、永遠の「今」、つまり、多次元の時間にわたる現在の瞬間です。意識の焦点を合わせれば、自分のアイディアのどの部分でも経験することができます。>>

 


ハイヤーセルフ【自己変容の道】
ハイヤーセルフ▶︎

●ハイヤーセルフ

宇宙にはただ「一なる存在」があるだけです。この「一なる存在」のなかには無数の意識レベルがあります。そしてついにはこの多次元的な波動体系宇宙全体を超越する直前の、究極の意識レベルに至ります。>>

 

創造の波と同調するヒーリング【自己変容の道】
創造の波と同調するヒーリング▶︎

●創造の波と同調するヒーリング

コアの奥深く、自己の内に存在する大いなる「無」の中へと歩んでいきなさい。この偉大な無を経験するのです。この無の内には、すべての生命がパルスをうっています。振動しています。満ちています。>>

 

調和した想念の重要性【自己変容の道2】
調和した想念の重要性▶︎

●調和した想念の重要性

どんな想念でも、その想念を抱いた人とその環境に対して、何らかの影響を及ぼします。その波は全宇宙のあらゆるレベルに影響を与えます。>>

 


ハートの呼吸法・瞑想【自己変容の道】
ハートの呼吸法・瞑想▶︎

●ハートの呼吸法・瞑想

自分自身を傷つけるなら、他のひとを傷つけることができる。あなたが自分自身への祝福であって初めて、あなたは他の人への祝福になれる。>>

 

キリスト意識を感じる【日常生活の変容3】
キリスト意識を感じる▶︎

●キリスト意識を感じる

「一つの大いなる命」に満ちている「愛と調和」や「愛と光」や「愛と至福」に満たされながら、生きることができると思います。>>

 

 

 

万事良好の流れ【自己変容の道2】
万事良好の流れ▶︎

●万事良好の流れ

この宇宙のすべての物事の中には、《君が望んでいること》と《君が望んでいないこと》という要素の両方が内在しているんだ。どの瞬間の中にも、その両方のどちらかを選べるという選択肢が常に存在しているんだ。>>

 



関連記事

穏やかな状態に戻る【おすすめ記事特集】
穏やかな状態に戻る

穏やかな状態に戻る【おすすめ記事特集】

「穏やかな状態に戻る」ということは、背景の大きな青空に意識を向けるようなものだと思います。 


黙することで聴こえる世界
黙することで聴こえる世界▶︎

黙することで聴こえる世界【おすすめ記事特集】

心静かに黙することで感じとれる世界があります。


愛・調和・平和・高次意識の常駐【おすすめ記事特集】
愛・調和・平和・高次意識の常駐▶︎

愛・調和・平和・高次意識の常駐【おすすめ記事特集】

日常の生活や仕事の中で、「愛・調和・平和・高次意識の常駐」を意識することは役に立ちます。「愛・調和・平和・高次意識の常駐」を思い出し、何度も意識することで、次第に生活や仕事に浸透するようになります。



おすすめ記事特集【最新】


☆スポンサーリンク☆