創造を選ぶ
創造を選ぶ

創造を選ぶ

 

2020年5月8日更新NEW!

「思い・言葉・行い」は、広く影響を与える創造の種(原因)となります。何のために種(原因)を蒔くのか、どのような実り(結果)を得ることになるのか、種を蒔く前によく考える必要があります。害を及ぼすような種を避け、好ましい影響を与えるような種を適切なタイミングで蒔くことが大切です。心を鎮めつつ「思い・言葉・行い」による創造を選ぶことができますように。

 


調和した想念の重要性
調和した想念の重要性▶︎

個々人の一つ一つの想念、言葉、行動が、宇宙全体に影響を及ぼしているのです。その想念を抱く人と全宇宙に対して、害を及ぼすような想念があるかもしれません。また、それを考える人と全世界に対して、好ましい有益な影響を与える想念もあるでしょう。

 

リリー・L・アレンの言葉
リリー・L・アレンの言葉▶︎

私たちは意識的にばかりでなく、無意識のうちに考えることによっても、自分の人生を創りあげているのです。理性を欠いた感情、怒り、恐れ、混乱などのなかに突き進んでしまったとしたら、そのときには、それらにふさわしい状況が創造されることになります。

 


思いの種を選び育てる
思いの種を選び育てる▶︎

思いの種が育ち、良い実や悪い実を収穫することや、原因(種)と結果(実り)に気づくようになればなるほど、思いのタネを慎重に蒔くようになります。良い種を選んで蒔き、育てることができますように。

 

スピリチュアル・グロース
スピリチュアル・グロース▶︎

行動する前に、どうしてそれをする必要があるのか考えてください。これを今この瞬間にする必要があるだろうか。物事を広い視野で見るとき、高い目的に奉仕する活動だけをしているようになります。

 


中庸・中道のバランス
中庸・中道のバランス▶︎

創造の波の軌跡に、自分自身が乗っている状態だとすれば、波の上下に合わせて、上がったり下がったりを繰り返し、全く安定感を欠くことになります。安定した視点・立ち位置から創造の波を眺める場合は、波の上下に合わせて、自分が上下することはなく、変らず安定した視点で眺めることが可能です。

 

休むこと〜創造のプロセス
休むこと〜創造のプロセス▶︎

人生を含む魂の旅路と、すべての命が育む創造活動はすべて波のようなプロセスになっています。このプロセスに意識的に気づくことにより、いつしっかり休めばよいのか、わかるようになります。 次のプロセスに入る前には、しっかりと休む必要があるのです。

 


一瞬で心を鎮める
一瞬で心を鎮める▶︎

不安定な空模様のように乱れて荒れた心のまま、問題処理に明け暮れるのではなく、また、無意識の思い・言葉・行ないによる創造を続けるのはやめて、まずは「心を鎮める」ことを最優先にしましょう。そうすれば、その静寂の中で、意識的に創造することができるようになります。

 

 

振り回されない方法
振り回されない方法▶︎

何かに振り回されたり、翻弄されたり、支配されたりするのは、「苦しみの原因」になります。「苦しみの原因」になるということは、「苦しみの現実を結果として生み出す」ことにつながります。何かに圧倒されたまま、選択したり決断してしまうのではなく、静かに外側から状況を眺め、本当に大切なことや目的を意識しながら、じっくり検討することが大切です。

 



☆スポンサーリンク☆