高次意識とつながる習慣【おすすめ記事特集】
高次意識とつながる習慣【おすすめ記事特集】

高次意識とつながる習慣

 

2021年1月28日更新NEW!

毎朝、高次の意識につながる習慣は役立ちます。1日が愛・調和・平和に満たされるようになります。毎朝、高次意識につながる時間を決めて、瞑想、祈り、ガイダンス、日記、音楽を聴く、呼吸法、読書、情報を読む等、自分に合った方法で続け、時々習慣を見直してみましょう。

 

毎朝同じ方法で高次意識とつながるようになると、同じ方法を使って1日中何度もつながれるようになります。やがて、1日を通して高次意識の常駐を感じるようになり、愛・調和・平和の状態を維持できるようになります。

2021年1月28日 inner-wish

 


特集記事

愛とあたたかさ【日常生活の変容】
愛とあたたかさ▶︎

●愛とあたたかさ

愛はいつも満ちています。内にも外にも愛があり、常に愛に満ちているのだということに気がつくだけで愛が溢れ出します。その愛を妨げないことが大切です。愛はあたたかさを産み出します。もし愛が感じられず、寒々とした心の状態であるならば、今すぐにでも、愛は全てに満ちあふれているということを思い出しましょう。>>

 

愛・調和・至福の呼吸【日常生活の変容3】
愛・調和・至福の呼吸▶︎

●愛・調和・至福の呼吸

呼吸に集中することで、意識が切り替わり、回復することができます。しかし、通常の呼吸では効果が感じられないという場合に、愛・調和・至福を呼吸していることを思い出して、呼吸に集中してみてください。意識が切り替わるだけでなく、心身霊がリラックスして、愛・調和・至福が内外に広がるのを感じられます。>>

 

それは在る【自己変容の道】
それは在る▶︎

●それは在る

ゆったりとリラックスして、ただくつろぐのだ。そしてただ、胸の中心から何が出てくるか感じていてごらん。その胸から、あるいは突然あなた全体を包み込むように、至福がやってくるだろう。存在は、愛は、真理は、どこへもいかない。あなたが<それ>だ。>>

 


愛と光
愛と光▶︎

●愛と光

ただ「愛と光に満たされる」と思うだけでいいのです。「愛と光に満たされる」そんな時間を沢山もてますように。愛と光に満たされたエネルギー状態を保てますように。>>

キリスト意識を感じる【日常生活の変容3】
キリスト意識を感じる▶︎

●キリスト意識を感じる

「一つの大いなる命」に満ちている「愛と調和」や「愛と光」や「愛と至福」に満たされながら、生きることができると思います。>>

 

万事良好の流れ【自己変容の道2】
万事良好の流れ▶︎

●万事良好の流れ

もし自分がいやな感じを感じていることに気づいたら、それは《幸せの流れ》とのつながりを断った状況にいるということなんだ。本当はね、人は自然に《幸せの流れ》につながっているものなんだよ。>>

 


天上の音【ほっとする音】
天上の音▶︎

●天上の音

毎朝起きた時と毎晩眠る前に、心が鎮まる音を聴く習慣を心がけると役立ちます。心が穏やかに鎮まり、苦しみを生み出す種を無意識に蒔かなくなるからです。1日の始まりと終わりに心を鎮める習慣の一つとしてお試しください。>>

 

慈悲の瞑想
慈悲の瞑想▶︎

●慈悲の瞑想

「慈悲の瞑想」は「慈しみ」の心を育てるもっとも効果的な方法です。日常生活の中で少しの時間でもあれば、この言葉を絶えず持続して自分の心に言い聞かせてください。そうすれば必ず短い間に自分の心が変わっていくことに気づきます。声に出す出さないは自由です。>>

 

習慣と瞑想の大切さ【自己変容の道2】
習慣と瞑想の大切さ▶︎

●習慣と瞑想の大切さ

何か重要なものを創造しようとする時、静かに坐り感覚や想念を静め、あなたがしたいこと、必要とするものに意識を集中し深く瞑想しなさい。そうすればあなたは大霊の偉大な創造力に導かれるようになります。>>

 


ガイダンスに従う
ガイダンスに従う▶︎

●ガイダンスに従う

意識的なコミュニケーションによってその側面とつながってしまえば、私たちは日常の一瞬一瞬でどう行動すればいいか、明確なガイダンスを自分の内側からうけとれるようになるのです。このようなガイダンスは自分自身からしか得られません。>>

 

チャクラについて【自己変容の道】
チャクラについて▶︎

●チャクラについて

各チャクラが独立して働くというよりは、全体の調和や統合が大切だと感じています。なお、第8〜14チャクラについては、意識の焦点を合わせるためのポイントのようなイメージです。>>

 

意識のマップ【自己変容の道3】
意識のマップ▶︎

●意識のマップ

自己の内面には色々な意識レベルが共存していることや、自己の内面の意識レベルがどのように上下しているのかに気づくことができます。また意識レベルが下がっている時には、そのレベルの癒しや解放が必要な時であり、調和・統合のチャンスです。>>

 



関連特集記事

まず自分を愛と光で満たす
まず自分を愛と光で満たす▶︎

まず自分を愛と光で満たす【おすすめ記事特集】

まず自分を愛と光で満たしましょう。自分が愛と光に満たされ溢れ出した時、周りの人にも伝わります。


穏やかさは愛をまず自分に【おすすめ記事特集】
穏やかさは愛をまず自分に【おすすめ記事特集】▶︎

穏やかさは愛をまず自分に【おすすめ記事特集】

心の状態を穏やかに安定させるためには、不安定な状態に愛と思いやりをプラスすることです。


穏やかさと愛と光と強さと【おすすめ記事特集】
穏やかさと愛と光と強さと【おすすめ記事特集】

穏やかと愛と光と強さと【おすすめ記事特集】

穏やかさと愛と光と強さを調和して過ごしてみましょう。同時に意識しながら状態をキープすることを続けていると、次第にいつもそのような状態で過ごすことができるようになります。


休むこと〜呼吸・願い・創造【おすすめ記事特集】
休むこと〜呼吸・願い・創造▶︎

休むこと〜呼吸・願い・創造【おすすめ記事特集】

休むことは大切です。穏やかな呼吸を意識することで心が休まります。心が休まると、自然に穏やかな気持ちになり、深い願いや創造の力が回復します。


自他にあたたかい心で【おすすめ記事特集】
自他にあたたかい心で【おすすめ記事特集】▶︎

自他にあたたかい心で【おすすめ記事特集】

愛とあたたかさを自分と他者に向けるよう心がけてみましょう。内側からあたたかくなります。そして心の愛・調和・平和につながります。


透明な器になり役割を果たす【おすすめ記事特集】
透明な器になり役割を果たす▶︎

透明な器になり役割を果たす【おすすめ記事特集】

適切に役割を果たすためには、透明な器になる必要があります。透明な器は、心の本質である愛・調和・平和で満ちているイメージです。


穏やかな状態に戻る【おすすめ記事特集】
穏やかな状態に戻る

穏やかな状態に戻る【おすすめ記事特集】

「穏やかな状態に戻る」ということは、背景の大きな青空に意識を向けるようなものだと思います。 「穏やかな状態に戻る」ことに役立つ記事を集めました。


存在を感じる【おすすめ記事特集】
存在を感じる▶︎

存在を感じる【おすすめ記事特集】

目に見えるものの背後に隠れている「存在」。「存在」はすべての基礎であり、本質は至福だといいます。そんな「存在」を感じるきっかけになるような記事を集めました。

 


日常生活の意識レベル
日常生活の意識レベル▶︎

日常生活の意識レベル【おすすめ記事特集】

日常生活の中で苦しくて出口が見つからないような時でも、意識レベルを変化させれば、自己の全体を俯瞰して道を見出せます。


愛・調和・平和・高次意識の常駐【おすすめ記事特集】
愛・調和・平和・高次意識の常駐▶︎

愛・調和・平和・高次意識の常駐【おすすめ記事特集】

日常の生活や仕事の中で、「愛・調和・平和・高次意識の常駐」を意識することは役に立ちます。「愛・調和・平和・高次意識の常駐」を思い出し、何度も意識することで、次第に生活や仕事に浸透するようになります。



おすすめ記事特集【最新】


☆スポンサーリンク☆