透明な器になり役割を果たす【おすすめ記事特集】
透明な器になり役割を果たす

透明な器になり役割を果たす

 

2021年1月27日更新NEW!

適切に役割を果たすためには、透明な器になる必要があります。透明な器は、心の本質である愛・調和・平和で満ちているイメージです。感情や思考の刺激に気づいても、反応するまでには選択の余地があります。役割を果たすとは、刺激に反射的に反応するのではなく、役割を果たすタイミングに適切なことを行うということです。透明な器を良い状態に保つことで適切なタイミングを知ることができます。

2021年1月27日 inner-wish

 


特集記事

心の本質である光について【自己変容の道】
心の本質である光について▶︎

●心の本質である光について

喜びや怒りといった感情の動きを詳しく見るのがいいだろう。その動きを子細に見ると、何か感情が起こるまえに、かならず空白が、間隔があることに気付く。そのなかに自己を解き放ちさえすれば、わたしたちは心の本質をかいま見ることができる。>>

 

愛・調和・至福の呼吸【日常生活の変容3】
愛・調和・至福の呼吸▶︎

●愛・調和・至福の呼吸

呼吸に集中することで、意識が切り替わり、回復することができます。しかし、通常の呼吸では効果が感じられないという場合に、愛・調和・至福を呼吸していることを思い出して、呼吸に集中してみてください。>>

 

ニュートラルな心【今日の言葉】
ニュートラルな心▶︎

●ニュートラルな心

ニュートラルな心とは、感情の波が生まれる前、感情の波が静まった後の心の状態を言い表しています。ニュートラルな心の状態は環境と調和しやすく、穏やかに落ち着いた心の状態で、愛・調和・平和を感じながら生活できるようになります。。>>

 


心が静かということ【日常生活の変容2】
心が静かということ▶︎

●心が静かということ

心が本当に静まると、思考や感情が何も起っていない状態、心の隙間のような状態に気づき始めます。心が静かになれば、心の中に愛・調和・平和が満ちていることがわかります。本当に自分が何か行動を起こす必要がある場合には、そのように明確に情報が届くようになります。>>

 

静観する。反応しない【日常生活の変容】
静観する。反応しない▶︎

●静観する。反応しない

「静観する。反応しない」ことの大切さをよく理解して、反射的に反応するのではなく、本当に必要な時に、必要な行動がとれるよう、「静観する。反応しない」ことを心がけ、状況を見守るとよいでしょう。>>

 

浄化の種類と方法
浄化の種類と方法▶︎

●浄化の種類と方法

「動機」の浄化。 目的を浄化し、良い目的に基づいていたとしても、個々の思い・言葉・行いの動機が良いものであるかどうかは重要です。それはどのような動機で生まれた「思い・言葉・行い」なのか、振り返ってみると多くの気づきがあります。>>

 


無意識に種を蒔かない方法
無意識に種を蒔かない方法▶︎

●無意識に種を蒔かない方法

どのような役割を、どのタイミングで果たすかは、高次の采配による直感に従うことが役に立ちます。自分の小さな視野によって、自分に都合の良いように動くのではなく、もっと大きな視野で全体的な動きや計画の中で役割を果たす方が、良い結果をもたらすからです。>>

 

高次の意志と結びつく【自己変容の道2】
高次の意志と結びつく▶︎

●高次の意志と結びつく

ハートを開いて、自分の人生によい物事を許し、受け入れてください。「これを創造することが、どのように私自身と、他の人たちのより高い善に貢献するだろうか」と尋ねることで、高次の意志との結びつきを強化することができます。>>

 

スピリチュアル・グロース【自己変容の道】
スピリチュアル・グロース▶︎

●スピリチュアル・グロース

行動する前に、どうしてそれをする必要があるのか考えてください。「この行為はどんな風に高い目的を達成するだろうか。これを今この瞬間にする必要があるだろうか。これをするのに、もっと高いやり方はないだろうか」と、自分に尋ねてください。物事を広い視野で見るとき、高い目的に奉仕する活動だけをしているようになります。>>

 


調和のとれた生き方と直感
調和のとれた生き方と直感▶︎

●調和のとれた生き方と直感

意味があってその人がそれを生かせる状態になり、トータルで調和ができる方向に変換できた時に、素晴らしい役割が果たせるようになるのです。ですから、常に人間の潜在意識が即決心をして、どんなことでも調和のとれた方向に実行することが基本です。>>

 

調和した想念の重要性
調和した想念の重要性▶︎

●調和の想念と重要性

個々人はそれぞれ独特の質を持っていますから、各人にふさわしい特別な質をもった想念を選んで、その物理的な影響がその人自身と全世界にとって有益なものになるようにすることが、きわめて大切です。>>

 

宇宙と調和する役割
宇宙と調和する役割▶︎

●宇宙と調和する役割

一人一人には大切な役割があり、その小さな役割を果たすことが人生の目的の一部になっています。それは日頃心がけている思いやりかもしれないですし、精一杯務めている仕事かもしれません。たとえどのような現れ方であったとしても、その根底にある願いや目的を意識することが大切です。>>

 



関連記事

思考による創造〜愛か恐れか
思考による創造〜愛か恐れか▶︎

思考による創造〜愛か恐れか【おすすめ記事特集】

思考に注意する必要があります。思考に「愛」か「恐れ」のいずれかがプラスされることで、愛による創造か、恐れによる創造のタネを蒔くことになるからです。


穏やかな状態に戻る【おすすめ記事特集】
穏やかな状態に戻る

穏やかな状態に戻る【おすすめ記事特集】

「穏やかな状態に戻る」ということは、背景の大きな青空に意識を向けるようなものだと思います。 「穏やかな状態に戻る」ことに役立つ記事を集めました。


存在を感じる【おすすめ記事特集】
存在を感じる▶︎

存在を感じる【おすすめ記事特集】

目に見えるものの背後に隠れている「存在」。「存在」はすべての基礎であり、本質は至福だといいます。そんな「存在」を感じるきっかけになるような記事を集めました。

 


愛・調和・平和・高次意識の常駐【おすすめ記事特集】
愛・調和・平和・高次意識の常駐▶︎

愛・調和・平和・高次意識の常駐【おすすめ記事特集】

日常の生活や仕事の中で、「愛・調和・平和・高次意識の常駐」を意識することは役に立ちます。「愛・調和・平和・高次意識の常駐」を思い出し、何度も意識することで、次第に生活や仕事に浸透するようになります。


創造を選ぶ【おすすめ記事特集】
創造を選ぶ▶︎

創造を選ぶ【おすすめ記事特集】

「思い・言葉・行い」は、広く影響を与える創造の種(原因)となります。何のために種(原因)を蒔くのか、どのような実り(結果)を得ることになるのか、種を蒔く前によく考える必要があります。


思いの種を選び育てる
思いの種を選び育てる▶︎

思いの種を選び育てる【おすすめ記事特集】

原因(種)と結果(実り)に気づくようになると、思いのタネを慎重に蒔くようになります。


調和した創造
調和した創造▶︎

調和した創造【おすすめ記事特集】

調和した創造とは、自己・環境・宇宙と調和するような創造です。そのような調和した創造を日常生活の中で心がけることにより、自己変容が進み、やがて目的の実現や、宇宙と調和した役割の実現につながっていきます。



おすすめ記事特集【最新】


☆スポンサーリンク☆